FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■恋するぱんつ (岡田コウ)

★まんがデーター [15/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■■
・独創性:■■■■■
・属性 : 成年・妹
・おまけ: 描き下ろし「アフター①②③」、
      カバー裏にあとがき・作品について・イラスト。
・その他: 初単行本、カラー(10P)、短編×8
      (うち「もえちゃんシリーズ」×3、「りかちゃんシリーズ」×2、
      「藍子ちゃんシリーズ」×2)
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「岡田コウ(おかだ・こう)」センセの「恋するぱんつ」です。

漫画好きな皆様、お疲れ様でした。
週末で発売日がごっちゃり重なるという忙しい日でしたが、なんと雪(雨)でやったら寒いという悪条件が。
傘片手に、さぞ大変だったことでしょう。
ひでるさんも何気なく本を積み重ねていったら、そりゃーもうエラいこととなりました(笑)
とにかく重いのなんのって…。

そうした本の中でコレとチョイスしたのが…「岡田コウ」センセの初単行本「恋するぱんつ」です。
察しの良い方、あるいはよくお越しいただく方はなんとなーく分かるでしょう。
そう、↓表紙のぱんつに釣られたので、早く読んだのです。

もえちゃん
※もえちゃん(右は成長後)
 なんとのーぱんです。しかも…。

当初は、ありがちなソッチ系単行本かなーと気軽な感覚でしたが…。
コメディーからハードっぽいネタなど話から演出面まで巧く、また絵柄も安定感あって実に可愛らしいヒロインを描かれる方でした
これはオススメです

カラー原稿のある冒頭話「ウチの妹がバカで困る」から続く、妹「たちばなもえ」ちゃんのシリーズ。
何気ない水遊びからえっちへと発展する、兄妹の近親エピソード。
日常シーンも楽しい「もえちゃん」がため、コメディー調が基本となっています。
いちおう頭では理性的にぐるぐる物事を考えていたものの、まるで行動が伴わないお兄さんが実に可笑しいですね。
先っぽだけ、じゃーないでしょーに!

続く「ソコに愛は?」は本シリーズのポイントというべき、重要な1話。
とりあえず「もえちゃん」はランドセルな年齢なんですね。
帰宅した彼女が、”寝ている兄にいろいろする”というよくあるネタの逆パターンな前半。
お、おっ、おおっ
…というあたりのコマが最高です。
「もえちゃん」可愛いなぁ。
親が帰ってきた中盤あたりのギリギリ描写は、手に汗握ること必至。
台詞にもありましたが、あれは寿命縮むでしょうねー。
後半は狭いトイレ内での変則えっちなんですが…親は帰宅したままなんですよ。
いくら扉閉めてるとは言え、普通だったらバレるよね。

収録ではラストの、「ウチの兄がバカで悩む」
単なる興味本位だった「もえちゃん」ですが、前話の後半あたりから感情が絡むようになっています
これまでの経緯がため、ラブコメちっくな描写にも説得力がありました。
珍しくスカートなのはいいとして、のーぱんなまま普通に外出してしまう「もえちゃん」です。
まだまだなんだろうなぁ。
たぶん描き下ろしである後日談「一日いっかい」では、より成長(精神的に)した姿を見せてくれました。
ぜひ続きを見たいシリーズですね。

小夜子さん、藍子ちゃん
※左:小夜子さん、右:藍子ちゃん
 当初はこんな感じの「小夜子さん」ですが…後半ドエラい事に。

一方、「目が離せない」は同じ兄妹の近親ネタなんですが、そちらと打って変わってヤバさ溢れるブラックな話です。
お兄ちゃんに恋する中学生の妹「小夜子」さん。
ある日、両親の外出がため2人っきりと喜ぶ「小夜子さん」でしたが、帰宅するとお兄ちゃんは連れてきた友人らと共にいたのでした。
兄にはどうやら彼女らしき人がいるらしく、会話を聞いて複雑な想いを巡らせる「小夜子さん」は…と、だいたいそんな感じ。

お兄ちゃんの同級生らに、おろおろとする「小夜子さん」
あの頃は学年が一つ上というだけで、もの凄く距離を感じるものですよね。
ひでるさんも経験あるので、彼女の心境はよく理解できます。
そんな様が、実に巧く表現されていました
しかし、まさか後半があんなことになるとは…予想をはるかに飛び越えられましたね。
巻末に収録された、たぶん描き下ろしの後日談「明日が来る前に」
ちょうど漫画直後のことらしく、異常に後味悪くていい感じ(笑)
カバー裏のイラストはさらにその後ですか。

「ソコに愛は?」と同じく、こちらもトイレが舞台です。
妹「りか」ちゃんと、「秋兄」、「秀兄」という2人の兄を描いた「やっぱかわいくねぇ!」から続くシリーズ。
2人の兄に妹というカップリングは、どうしても「関谷あさみ」センセの「かなちゃん」らを思い出しますね。
当初、キャラの雰囲気などが似てるので、先の「もえちゃん」らと勘違いしましたが…別人でした。
年長の「秀兄」は、終始穏やかな態度を崩さない大人として描かれています。
ただ、えろい事した後の「やれやれ」という笑顔は…さすがに「なんだコイツは?」と言う感じでしたが。
なお、解説では「最も古い原稿」と書いてありましたが、発表08年であるよう(※全体的に時期の開きが少ない)なので、特に違和感なく見れます。
初単行本と聞いて警戒した方、ご安心ください。

りかちゃん
※りかちゃん
 悩むようになってしまった左は描き下ろし部分。やっぱり並べると違いますね。

その続編「おにいちゃん専用」
じゃ見てみる?
…からの流れがなかなか秀逸。
やっぱりどうにも第三者的で、「秀兄」はよく分らん人ですね。
もやもやっとしたラストはいいと思います。
こちらにもあった、たぶん描き下ろしの後日談「ひとり」
漫画は「秋兄」と妹「りかちゃん」の会話シーンとなっていました。
年齢が近く、喧嘩相手という「秋兄」は逆にそのまんま。
3名の微妙な関係が垣間見え、シリーズ全体の完成度を底上げしたと思います。

小さく、カチューシャの可愛い「佐藤藍子」ちゃん。
クラスでは男子のスカートめくりが流行していたんですが、首謀者「山下」くんはなぜか「藍子ちゃん」だけはスルーしていたのでした。
その理由は…という、「恋するぱんつ」、続編となる「勝負シタギ?」

こちらだけ、妹ではなく同級生話です。
まぁ、「藍子ちゃん」は小さく、妹ちっくな娘さんですが。
しかし、「山下くん」はびっくりするわね
それ以降めくれませんね(笑)
これ、おもっていたよりずっと恥ずかしい…
とか言っていましたが、面と向かってほぼ同意の上であるから、それは当然のこと。
スカートめくりは不意にぱーっとやるものでしょう。
なにげに「藍子ちゃん」はシマパンでした。

カラー原稿のある続編「勝負シタギ?」
故あって押し入れの中でのえっちです。
冒頭のカラー部分にて…”何かつけないと…”なんて文言あったので、あるいはオメデタ・超ダークな展開~をふっと想像したひでるさん。
同級生「山下くん」があーだったので、「藍子ちゃん」も当然…ですよね?
あの年齢でデキればさすがにコメディーではすまないでしょうし、どうなることかと、はらはら見ていましたけど、まるでそんなことなく。
考え過ぎました(笑)
は、恥ずかしい…。

細い曲線のしっかりと丁寧な作画。
特にコマ割りの変化は目立ち、縦・横・斜め…と様々で飽きさせません。
トーン処理などなより、全体的にはやや濃い目。
コメディー崩しは楽しく・可愛らしく、えっちシーンは細かい描写で迫力もありました。
丸く幅広なロリちっく絵柄に違和感なければ、まず買って損しないと思います。
作風も固定されて安定感あり、これが初単行本とは思えないほど非常に巧い方でした

そんな訳で、今後は名前買い~と思ったんですが…。
センセのHPによるとショタ系も好んで描かれる方なようなので、うっかりすると大変なことになるかもしれません。

恋するぱんつ

恋するぱんつ (セラフィンコミックス)



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : コメディー ラブコメ カチューシャ スカートめくり

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。