FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■聖ペナルティ学園 獄 (小柳ロイヤル)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■■
・属性 : 成年・複数
・おまけ: あとがき、カバー裏に別絵、
      描き下ろし「おまけ」
・その他: 初単行本、短編×8(うち「ミルキーショットッ!」×2)
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「小柳ロイヤル(こやなぎ・ろいやる)」センセの「聖ペナルティ学園 獄」です。

これはまた凄いなぁ…。
紹介帯の文言「大・乱・交作品集!」などが、そのまんまでした。
あれは的確でいい紹介帯でしたねー。

そんな訳で、↓表紙の雰囲気よりもハードちょいプラスという感じの単行本「聖ペナルティ学園 獄」です。
描かれる「小柳ロイヤル」センセの初ですね。
1話ほど前後編がありましたが、他は表題作を含め全て短編でした。
それら収録の各話には、例外なく複数での描写があります。
意外にブラックな展開はありませんでしたが、人を選ぶ単行本です
苦手な方は…おそらく↓表紙段階で手を出さないでしょうけれど、ちょっと注意ね。

宮瀬あかり、北見香穂、榊勇子
※左から、宮瀬あかり、北見香穂、榊勇子
 彼女らのが目立っていたような印象が…。

表題作の短編「聖ペナルティ学園“獄”」
”他人のために尽くすこと…それが魂の救済となるのです”
校則を3度破ると、「懲罰室」という部屋に入れられ、あるペナルティを科せられるという学園。
眼鏡の「姫崎杏」さんは、悪友「火野あやめ」によって懲罰室行きとなってしまうのでした。
さて、そこで繰り広げられるペナルティとは??

よく男子が妄想するような(笑)、学校のエロいお仕置き漫画です
「懲罰室」へ呼ばれたのは「杏」、「あやめ」の他にも数名おり、その他大勢という扱いでなく、ちょっとしたバックストーリーと共にキチンと描かれていたのがポイント高いです。
バイトがバレたという中等部「北見香穂」は雰囲気的に止むを得ない事情があるようですし、早弁が理由の高等部「坂曽根愛子」はここ頻繁で完全に慣れきっている様子。
水泳部のホープという高等部「榊勇子」は彼氏と授業をサボったのが原因なようですが、終始彼氏ネタで言葉攻めにされていました。
(※ちなみに男子用の「懲罰室」もあり、そちらでは彼がシスターにお仕置きされているのだとか…)
さらに、もっとも幼いだろう初等部「宮瀬あかり」がやたら馴染んでノリノリだというギャップもいいですね。
…ただ、やっぱり主要2人の存在が霞む原因になっていたかなぁ。
もう少しページあれば良かったんですけど。
後半の見開きにてお尻がずらりと並ぶ絵は圧巻でした。

短編ではあるものの、単行本を代表するようなお話でした。
↓表紙・中表紙・カバー裏などに登場しているのも納得で、冒頭話に相応しい内容でしょう。
先生まで加わっていたのが面白いですよね。
…罰じゃないじゃん。

姫崎杏、火野あやめ、藤沢京香、雨宮さん
※左から、姫崎杏、火野あやめ、藤沢京香、雨宮さん
 …ね、眼鏡率がなにげに高いのですよ。

同じく学園話「神田原さん御乱心!!MAX」は名物風紀委員、「ピンクチャイム after5」はえろえろな「五十嵐蘭子」先生、「空色夏娘 Deep」は転校してきた「雨宮」さんというお話でした。

前から調査していた、”男女の出会いを斡旋”するという裏サークルをつきとめた風紀委員「神田原桜子」先輩ほか、外人「エリン」、「悟」という3名は、潜入して実態調査をするんですが…という「神田原さん御乱心!!MAX」
まぁ、当然ながら捕まりますわね。
前振りあったものの、あの場面で「桜子さん」をえろえろにしない方が良かったかなぁ。

担任「五十嵐蘭子」の性欲を満たすだけのために存在するという「処理係」
当初は支持していた男子連中でしたが、「淫獣」と称されるほどのモンスターばりな欲求に、今ではそれも嫌がる始末なのでした。
助けを求められたクラス委員「武田」さんは一計を案じるんですが…という「ピンクチャイム after5」
あの流れは想像できるものでしたが、読者の期待を反映していたと思います。
やっぱりエロ教師はあーでなければねー。

まだクラスに馴染めない「雨宮さん」を、林間学校にて「藤沢京香」さんが手助けする「空色夏娘 Deep」
方法は成年漫画ですから確かにトンデモなものでしたが、いや、コレはいい話に感じましたよ。
そのままほっとくより、ナンボかいいでしょう。
巨乳をサラシで隠していたという「雨宮さん」のコンプレックスも結果的に解消してました。
ただ、もうちょっとサラシな描写が欲しかったです。

収録では唯一の連続話「ミルキーショットッ!」
校内にて盗撮したネタを売りさばいて活動資金としている、写真部の部長「和泉」さんとその手下というべき「平井ケータ」くん。
ちょくちょく「和泉さん」に処理してもらっていたんですが、ある日複数の男に絡む彼女を目撃してしまったのです。
それを切っ掛けとして、2人の関係に疑問を感じた「ケータくん」は感情そのままを口に出してしまうのでした…。

収録では最も変化球なアプローチですかね。
やっぱり複数があったものの、メインの2人がためかラブコメちっくないい話となっておりました
裏表紙・折り返し部分・カバー裏などに登場していた「和泉さん」
前半のロッカー内えっちがいいですねー。シマパンでしたし。
寸前でかわしたのは見事なんですが、これも「ケータくん」を不安にさせる材料となっておりました。
後半にあった、顧問「小林雛子」先生との際に、「和泉さん」を思い出す描写も効果的。
派手なえっちがありながら、2人の関係を中心としたお話もよくまとまっていました

和泉さん、一ノ瀬葵
※左:和泉さん、右:一ノ瀬葵
 「葵さん」はあの後学校で会った際の描写もほしかったです。
 
ほか、ピザ屋宅配の「PM03:40 宅配日和。」
「行けば分かる」と言われて届けた先には…なぜかメイド服を着た同級生「一ノ瀬葵」がいたのでした。
片目の隠れる髪型が可愛いです。
またクラスメイトであるためちょっとした緊張感があり、「学校の人は言わないで…」という台詞が実に良かったです。
兄「利樹」、妹「紗恵」の近親系「Sokan’s diary」
相手が近親者というタブーを破るための空間って…これまたモノ凄い発想。
録画もそうですが…あれ場所提供と二重で儲けてるって事ですよね?
うわ、彼ら最低だぁ。

強い線の濃い目な絵柄。
各処理もそうなんですが、とにかくネタ的にも人がいっぱい描かれており、ごっちゃりとして濃厚
センセ大変でしたねー…というか、本気でこんなん好きなんでしょうねー。
日常・コメディー部分は、それとは逆にあっさりとしています。
落差があり、人によって評価分かれるところでしょう。
リアル気味なキャラ絵で、しっかりと描かれた鼻、厚い唇が特徴。
時期に差があって変化もあるんですが、さほど気にならない程度だと思います。
書店では、↓表紙にて判断下さい。

人物ほか背景も良く、絵柄・お話どちらもこの感じで安定すれば、新たなステージ(?)なども見えそうな感じでした。
今後が楽しみですね。
また、ざーと見て男女とも眼鏡キャラが多かったかなぁ。
そんなん好きな方も注目ですよ。

聖ペナルティ学園 獄 (メガストアコミックスシリーズ No. 207)聖ペナルティ学園 獄 (メガストアコミックスシリーズ No. 207)
(2009/02/19)
小柳ロイヤル

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。