FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ヒロイック・マニア (ウメ吉)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■□□
・独創性:■■■□□
・属性 : 成年・ファンタジー
・おまけ: あとがき、
      描き下ろし「淫辱剣士七緒」
・その他: 短編×9(うち「剣士七緒さんシリーズ」×2)
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ウメ吉(うめきち)」センセの「ヒロイック・マニア」です。

今日は何を紹介しようかぎりぎりまで迷いましたが…最後に読んだこちらの漫画に一発決定しました。
毎度おなじみ、「キルタイムコミュニケーション」さんの単行本です。
正直なところ、買った際は何気なく。
読んだのもなんとな~く、というところだったんですけど、ページを開いて評価一転。
こりゃ、好きな絵柄ですよ。

そんな「ヒロイック・マニア」は「ウメ吉」センセ2冊目の単行本。
心なしか、和風なネタが目立っているように感じました。
センセの描かれるヒロインは凛々しさあって黒髪もよく映えていたので、その傾向もぴったりだと思います
そんな訳で和風ちっくなお話から。

大河七緒
※大河七緒
 凛々しい「七緒さん」です。格好いいですよ。

↓表紙を飾る「大河七緒」さんの「白濁剣士 七緒」
”討伐隊”とか呼ばれている、「大河七緒」は風紀委員なヒロイン。
剣術に秀でる彼女は木刀を持てば男子でも敵なしで、学園の不良らも恐れる存在でした。
ある日、いじめられているところを助けたことのある「中江」くんから、
稽古をつけてほしい
と、依頼されました。
快くそれに応じた「七緒さん」でしたが…。
大まかにはそんなお話。

制服と剣、ついでにポニーテールという組み合わせはあちこちで見られますが、何故かしっくりと合うものですねー。
そう言えば、「夢幻戦士ヴァリス 2巻」も今月発売です。こっちも楽しみですね。
さて、そんな余談は置いといて。
↓表紙は真剣でしたが、学園モノという訳で本編では木刀。
稽古を受けた際のふとした微笑が素敵でしたが…実は不良らよりもタチの悪かった彼が、いやーな後味を醸し出しておりました。
その後日談、「淫辱剣士 七緒」は嬉しい描き下ろし短編。
あっさり流されていましたが、数々のエグい行為が最低な感じです。うわわー。
どーでもいいですが、昨日の漫画にもあった”視界がいきなりパンチラ(モロか)となる初登場1コマ目”が素敵でした。

「傀儡の巫女」は鬼たちを退ける巫女「紗月」さまの短編。
てっきり鬼に色々とされるのかと思いましたが…この後にもありますが、”もっとも悪しきのは人間”というパターン。
相手が化け物でなかっただけマシか。どうかな?
作中の陰陽師「葛門」に注目。
たった髪の毛1本で、彼女を完全に支配していました。
あー見えて、なかなか実力ありそうです。
途中でわざわざ術を解除するあたりも、嫌らしさ満点でいい感じ(笑)

紗月さま、霧沢つばき
※左:巫女「紗月さま」、右:忍者「霧沢つばき」
 いきなり登場の「つばきさん」です。片手で押さえてるとこも可愛いです。

ありがちな時代錯誤の忍者「いいなりコンプレックス」は、収録では異質のラブコメ風。
主人公「将己(まさき)」くんの家とは戦国の世から主従関係であったという幼馴染み「霧沢つばき」さん。
きっちり「くのいち」として教育され、「将己くん」を主と仰ぐ見事なズレっぷりなのでした。
常に従い、守ってくれるのは嬉しいものの、複雑な心境の「将己くん」はふとした切っ掛けで…。

授業中も屋根裏(←そんなんあるのか?)に潜んでいるなど、常に傍で控える「つばきさん」
任務外の感情も強いのでしょう、お互いラブラブでえっち付近のやたらな乙女ちっく顔に撃沈
いやいや、可愛い娘さんでしたねー
あの着ているのは鎖帷子でないのかな。
あみあみな胸とか、超ミニな丈の割に小さい下着もセクシーで良かったです
続きとかなんとか言うより、まるまるこの娘で1冊見たいですよ。
描いてくれないかなぁ。

同じくあみあみなストッキングがいい感じであった、「服従ブレイン~淫堕の秘書捜査官~」は現代の潜入捜査モノ。
裏世界で話題になっている”電子ドラック”
視覚から直接脳を蝕む…だって、おっかなー。
そんなんと関わりがあるとされる社長「成松秀人」、そしてヒロイン「雨宮理紗」さんは秘書として潜入しているのでした。
ネタにたどり着いた時点で捕縛されるお約束だったので…当然オチはあーなりますわね。

エクソシスト「アーシェさん」
※エクソシスト「アーシェさん」
 なんでこんな格好してるんだろう。

「セイントビッチ」は、いかにも動き辛そうなゴスロリ服のエクソシスト「アーシェ」さん。
ちょっとしたミスがため、祓うべき悪魔がパートナーであった「ランス」先生に憑依してしまう展開。
もともと師弟関係だったらしく、「アーシェさん」は先生のことが好きだった、というのが物語のポイントになっておりました。
ただ、まーさかオチがあんなんなるとは思わず、ややびっくり。

キルタイムコミュニケーション」さんということで、やっぱりあった触手モノ2話。
「恥辱の罠」は洋風(?)な剣士と触手、「生贄皇女エーテル」はお姫様に触手という超定番モノでした。
賞金稼ぎなA級ハンター「リノ」さん。
たいがい戦闘からなんとなーくえっちが始まるパターンなんですが、こちらのモンスターはもともとそのつもりであったので、ある意味自然な展開です。
一方、魔物の進軍に対して民を城へ入れて皆を励ますという、良い姫様な「エーテルさん」
そんな方があーなってしまうというのは、こうした漫画のお約束。
ここでも人間の醜さが描かれており、結局は~というオチになっていました。

エーテル姫様、ミオ姉、ナオ姉
※左からエーテル姫様、ミオ姉、ナオ姉。
 普通な感じの漫画も良かったです。中編とかが見たいなぁ。

「ナオ」、「ミオ」というお姉さん2人とのラブ系「しすたー・らいふ」
これは最もらしくない、普通の漫画でしたねー
憧れていたお姉ちゃんらと、「トモ」くんの嬉し恥ずかしな同居ライフ。
あそこで言い返すのは大人げないなぁ…とか思いましたが、なんとこれが功を奏す流れ。
まぁ、もともとラブラブでしたけどね。
ノリノリで確実に学業はおろそかになりそうでした。

強い黒線の絵柄。
あちこち無駄なく丁寧で、バランスにも優れております。
お話もあってかやや濃い目であるものの、トーン・ベタの処理も適度でした。
可愛くも色っぽい、極端でないキャラも心地よい感覚
判断は↓表紙のカラー絵ではなく、裏表紙のカットを参考にしてください。
白黒絵のが巧い方です。

前述しておりますが、この手のタイプはひでるさん好きなんですねー。
初単行本「愛玩マゾヒスト」も探してみようと思いました。
…たぶん作者の方は関係ないと思いますが、「キルタイムコミュニケーション」さんの単行本はあちこち絵を使いまわす(※もくじ、折り返し、カバー裏など)こと多いのはちと残念。
いろいろ都合があるのだろうとは思うんですが…。

ヒロイック・マニア (二次元ドリームコミックス) (二次元ドリームコミックス 165)ヒロイック・マニア (二次元ドリームコミックス) (二次元ドリームコミックス 165)
(2009/02/19)
ウメ吉

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : パンチラ ファンタジー ポニーテール ラブコメ キルタイムコミュニケーション ストッキング

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。