FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■戦う司書と恋する爆弾 (篠原九)

★まんがデーター [10/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : ファンタジーアクション
・おまけ: 4コマ。
・その他: 初単行本(?)、原作「山形石雄」、
      登場人物紹介、カラー(6P)、7話収録、
      現在は1巻まで発売中。
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「篠原九(しのはら・ここのつ)」センセの「戦う司書と恋する爆弾 1巻」です。

うーん、紹介し辛い漫画ですねー。
果たしてどうしたもんだろうか。
伝わるかどうかは置いといて、とりあえず頑張ってみます。

小説を原作とするお話の漫画化。
そちらでは「戦う司書と~」という、本ごとにタイトルの異なっているシリーズでした。
漫画タイトルである「戦う司書と恋する爆弾」は、小説では1冊目。
全部で8冊ほどありましたが、漫画はそちらのストーリーになるのかな。

普通なら、こういったややこしそうな本(笑)には手を出さないひでるさんですが…ぶっちゃけ、発売が少なかったことと、↓表紙の姫様に釣られました。
なんかいいよね、あの娘。

シロン=ブーヤコーニッシュ
※シロン=ブーヤコーニッシュ
 持っている禍々しい剣が印象的。血を好むとか…。

”死んだ人間の魂を地中に埋めると生命が抜けきり、魂は化石になる…それが「本」である”
…ということで、死者が本となり、図書館へ管理される世界。
胸に爆弾を埋め込まれ、人間爆弾とされた「コリオ=トニス」
洗脳によって”武装司書「ハミュッツ=メセタ」を殺すこと”、を生きる目的とされた彼は、ある本の欠片に出会いました。
欠片の主、三百年前のお姫様という「シロン=ブーヤコーニッシュ」に一目惚れをした「コリオ」の心は変化していくのでした…と、だいたいそんな話。

ファンタジー世界なお話。
武装司書らの使う魔法のような特殊能力が目立つほか、飛行機や爆弾などの近代ちっくな描写もありました。
街並みはなんだかヨーロッパちっく…でいいのかな。よくわかんないや。
独特な設定とか次々登場するキャラまで、色々と覚えないといけない事柄が多いです。
(※登場人物紹介が有り難かったですよ)
そんな訳でとっつき辛さはありましたが、意外とすんなり読めました
余計なことを考えず、無理やり進めたほうが楽しめるでしょう

この世界で最も独特な「本」について。
見かけはちと小奇麗な石片みたいなものなんですが、それに触れるとバーチャルのように記録(記憶?)が映し出されるという、最もファンタジーちっくなものでした。
最初の欠片はなんだか「コリオくん」に話しかけているように見えましたが、意思の疎通はできないでいいんだよね?
周囲まで変化するという迫力満点な立体映像で、ありゃ彼が夢中になるのも納得
洗脳の効果を一発で吹き飛ばしましたからねー。
うん、さすがに美人は違う

武装司書「ハミュッツ=メセタ」
※武装司書「ハミュッツ=メセタ」
 胸元がセクシーです。ちなみに、持っているのが本の欠片ね。

そんな「コリオくん」に爆弾を埋め込んだのが、なんとも怪しげな「神溺教団(しんでき・きょうだん)」
こちらが明らかに悪であるというのは理解できるんですが…図書館を支配して高い知識と戦闘力を持ち合わせる武装司書らも正義とは思えず。ううむ。
とりあえず、狙っていた張本人「ハミュッツさん」と接触したところで1巻は終わっていました。
彼女の反応から、本の主「シロンさん」は何らかの重要人物であるようなんですが…それは次回までお預け。

圧倒的な戦闘力と普段の気さくな顔というギャップが良い「ハミュッツさん」ほか、真面目な部下「ミレポック=ファインデル」など、武装司書側のキャラが登場したことでより面白くなっていました。
まぁ、自分が爆弾であると信じ、陰々鬱々な「コリオくん」よりも派手で分かりやすいんです。
それに見栄えも良いですからねー(笑)

しっかりと丁寧な線の絵柄。
白比率は高いものの色としては濃い目で、ぽかっとした独特な軽い空間と重厚な雰囲気が共存しておりました。
…これは意図的にやっているのかなぁ。
細かく突っ込ませてもらうと、たまにバランスが崩れるほか、のっぺりした背景が気になりました。
基本的に絵は巧い方だと思いますが、イラストメインな方によく見られる”良い絵が長続きしない”傾向があります。
リアルタッチな人物絵なので、もう一、二歩というのが正直な感想です

ぱっと↓表紙・タイトルを見て皆さんが思うだろう(たぶん)、派手さに欠けたややこしいお話。
ただ前述しているように、意外とすんなりお話世界に溶け込め、楽しむことができました。
(※その意味では、色々書きましたが絵柄は十分に役割を果たしているのでしょう)
どう展開していくのか読めず、実に興味深い漫画です

戦う司書と恋する爆弾 1 (ヤングジャンプコミックス) (ヤングジャンプコミックス)戦う司書と恋する爆弾 1 (ヤングジャンプコミックス) (ヤングジャンプコミックス)
(2009/01/19)
山形 石雄篠原 九

商品詳細を見る


※こちらが小説の絵。
戦う司書と恋する爆弾 (集英社スーパーダッシュ文庫)戦う司書と恋する爆弾 (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2005/09)
山形 石雄

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ファンタジー アクション

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。