FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■縁切り本舗 (前田千石)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : コメディー・年上
・おまけ: あとがき。
・その他: 9話収録(全て表題作・1巻完結)
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「前田千石(まえだ・せんごく)」センセの「縁切り本舗」です。

今日は…押されました。
いっぱい・いっぱいです。
できれば睡眠時間としたいんですが、せっかく「前田千石」センセの新刊なのでもうひと頑張り。

ついに発売されました、待望の7冊目は「縁切り本舗」です。
なんだか、ずいぶんと久しぶりな感じですねー…って、約1年ぶりなのか。
定番なキャラクターの揃った、いかにもセンセらしいコメディー長編となっています。

ヒロインズ、かれんさん
※左:「縁切り本舗」ヒロインズ、右:かれんさん
 この3名がいかにして集ったのか、プロローグを見たいですね。

めったに参拝者を見かけない「双ノ葉神社」
寂れてはいるものの、実は霊験あらたかな“縁切り神社”としてごく一部では有名だったのです。
そちらと親戚関係だった主人公「こーじ」くん。
男手がなく、人手不足だったということで、神社にて働かせてもらえることとなったのです。
従姉の「ちーねーちゃん」こと「千尋」さんは、小さい頃から憧れの存在。
久しぶりの再会に心ときめかせる「こーじくん」でしたが…登場した「千尋さん」はまったくの別人のようになっていたのでした。
また、仕事は縁切りを願う者を影で支え・助ける「縁切り本舗」だったのです。
まぁ、大雑把にはそんなんですかね。

えっちコメディーな長編漫画です。
依頼を受けて活動する展開なので、ストーリーというよりは各話ブツ切りなタイプ。
ユルいコメディーですね。
いや、良い意味で。
各話解説するとネタバレバレになるので、キャラについてずらりと書きたいと思います。
好みなタイプがいれば、より楽しめるでしょう。

●クォーターの「かれん」さん。
あっけらかんとしたマイペース娘で、実行部隊であるためか登場はなかなか多め。
頭にバンダナ、そしてタンクトップ・短パン姿という、健康的かつ活動的な雰囲気が漂っておりました。
…2話のラブホほかあちこちの描写を見る限り、たぶんブラしてないと思います。
素敵ですね。
なかなか用意周到で(2話)、頭の回転も良く(6話)、あの雰囲気とは裏腹にプロフェッショナルな方でした

●いちおうメインヒロイン「ちーねーちゃん」こと社長の「千尋さん」
回想シーンによると、昔は巫女服も似合う、ぽわーんとした優しいお姉さんでした。
それが何年ぶりかに再会したら、↓表紙のような感じになっていたんですねー。
びっくりだ。
何故そんなんになってしまったのか、というのがお話のメイン部分です
現場指揮という立場であり、意外と登場が少なかったのは大きなマイナス点。
やはり、ラスト前に主役エピソードが欲しかったところ。
また後述しますが、主役話がかなり駆け足だったのも残念でした
もう少し、「こーじくん」に対してやきもきと穏やかでない態度が前面に出れば良かったんですが…。

千尋さん、千早さん
※左:千尋さん、右:千早さん
 巫女親子です。やっぱり「千早さん」ですねー。

●2話ラストから顔を出す、「千尋さん」の母親「千早」さん。
この方はほとんど巫女服でした。
お好きな人は小躍りして下さい。
センセの漫画ではよく登場する、ぺかーと何も考えてない人妻キャラですね。
“下ネタバカで虚言癖”とか称されていましたが、なるほどこの人が喋るだけでコメディーになっています。
…それが童貞もらってあげた女に対する態度…?
という発言(3話)が最高。
「微妙にホントっぽいウソ」とか言っていましたが、確かにそうですねー。
昔からこんなだったらしいので、「こーじくん」とも何度かえっちな事をしてそう。
そーんな感じにインパクトがあるため、他のキャラを霞ませるほどのパワーがありました
悪霊依頼(7話)にて、結果的には切っ掛けを演出しておりましたが…あれはわざとかなぁ。

●年齢不詳なお姉さんキャラ「美月」さん。
なにゆえ、彼女の紹介を最後にしたのか?
実はですね、冒頭のシーンにカギがあるのです。
えっちの真っ最中に、“カメラ目線で微笑む描写”があったんですが…これにて陥落させられました
前にも書いたような気がしますが、片目の隠れる髪型というのも直撃コース(笑)
…ひょっとして、この漫画がえらく気に入ったのは、この人が原因かもしれません。
うん、いま自分で書いていて、「そうかも」と思いました。
「千尋さん」と2人で会話するシーンが多く、ブレーン的な存在。
にこにことした笑みを絶やさない、「全てお見通し」みたいな大人の余裕を感じさせるキャラでした。
もぅ、あちこちの言動全てがたまんないくらいに素敵です
実は声優もやっていたことが4話で判明するんですが、担当キャラの容姿から想像するに、相当に可愛らしい声も出せそうでしたね。
この人はいいなぁ。

美月さん
※美月さん
 そんな訳で、えらく「美月さん」がお気に入りなのでした。

…と、以上が主なヒロインたちでした。
ひでるさんとしては、あちこちバランスも良いお話で楽しめました…が。
ややバタバタと忙し過ぎなラストはイマイチ
物語のポイントである、あの方が言葉だけで実際に登場しなかったのはいいと思います。
ただ、ラスト付近でふいと開示されたものが弱く、あちこちの複雑な心情がざーっと流されていたようだったのは正直微妙。
せっかくのクライマックス部分がやや失速気味で、えっちさせ損みたいな(笑)感じもありました。

絵柄は…いつも通りの安定感でした。
丁寧な線のすっきり系。
あちこちのバランスに優れ、見やすい漫画です。
癖もあまり強くないので、万人に好かれるタイプでしょう。
一般単行本でコメディーちっくな漫画というのもあり、今回のえっちシーンは爽やかなものでした。
いちおう、念のため。

ファンのひでるさんが言うのもなんなんですが…良く言えばいかにも「前田千石」センセらしく楽しい漫画、悪く言えばワンパターン。
確かにパターンではあったものの、キャラや設定などがよくまとまっていて各話の出来栄えも良く、できるならばもっと続いてほしい漫画でした。
あとがきにはまだネタあるようなことも書かれていたので、ちと残念ですねー。

縁切り本舗 (アクションコミックス)縁切り本舗 (アクションコミックス)
(2009/02/12)
前田 千石

商品詳細を見る


★「前田千石」センセの漫画紹介記事
 [ミセスリンク
B-men’s comics 初単行本  人妻調教
 [奥さんバレー
ACTION COMICS 2冊目 スポーツえっち
 [アネモエ 姉萌え
B-men’s comics 3冊目 お姉さんとの近親
 [森乃さんちの婿事情
ACTION COMICS 4冊目 お隣の母・姉妹とのコメディー
 [ふぁみこん。
B-men’s comics 5冊目 母子の近親・小さい兄と大きい妹(母もいる)のコメディー
 [ハハカノ
ACTION COMICS 6冊目 義母との近親コメディー



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : コメディー

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。