FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■姉系 (板場広し)

★まんがデーター [14/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■■
・属性 : 成年・姉
・おまけ: あとがき、カバー裏に別絵・オレちゃんの現実…。
・その他: カラー(8P)、短編×7
      (うち「汗と肌の味」×4、「牝の子」×2)
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「板場広し(いたば・ひろし)」センセの「姉系」です。

昨日も書きましたが、「板場広し」センセの単行本は店頭に2冊並べられていました。
ひでるさんがチョイスしたのはこちら「姉系」
もう1冊は「10年分犯す」なーんてタイトルだったので、思わず避けてしまいました。

過去に紹介した「嫌い=好き」の際にも書きましたが、センセの”振り切れるようなハード描写”が得意でないのです。
実際、そんなんは今回の「姉系」でも多少ありました。
エロスと言うよりも、若干狂気に近い激しさがあるのです

葉山奈津、悠季ちゃん
※左:葉山奈津、右:悠季ちゃん
 このお姉ちゃんに翻弄されるお話ですね。

主人公「葉山亮」くんの姉「葉山奈津」さんは、才色兼備な優等生。
そんな姉を引き合いに出されるたび、「亮くん」は激高するのです。
実は、それにはとある深い事情があり…という全4話の中編「汗と肌の味」

姉妹の倒錯えっち話です
なんというか…凄い話でしたねー。

色気あり過ぎで、なんだか学生でないみたいな姉「葉山奈津さん」
この人が、なんと次々に男を招き入れていたのです。
あれで学園のアイドルという地位を失っていないのは、おそらく噂とならないよう、したたかに立ち回っていためでしょう。
さて、問題はなにゆえ「奈津さん」がそんなことをやってるのか??

結局のところ、この人は弟さんが好きなんだろうなぁ。
ひねくった姉弟のラブ話で、「奈津さん」はなんというかSちっくな方。
様々な想いが入り混じり、頭おかしくなりそうな「亮くん」がなかなか気の毒でした。

特に、最終話直前の一言「うそつき」の部分は、ぞくぞくっとするほどの衝撃がありました
シチュエーションは違えども、ひぐらしの「嘘だッ!」っていうのと似た感覚でしたよ。
うーん、やっぱり「板場広し」センセは漫画巧いですねー。
このお姉ちゃんがなにゆえ”あんな感じになってしまった”のか、そんなプロローグ漫画も見てみたい気がしました。

ちなみに、「亮くん」のことが好きな「悠季」ちゃんはいい娘でした。
なんとなく怖さを感じつつも、必死に耐え・頑張って彼を受け入れようと努力しておりました。
まぁ、彼女の望み通りにはならないですわね。
ある意味、この人も「奈津さん」に振り回された1人なのでしょう。

小さいお姉ちゃん
※小さいお姉ちゃん
 「私…大っきいよ」の台詞そのまま、でかいのでした。

そちらのハードさとは裏腹な、ぽわーっとした小さな姉の短編「しっかりしろよ!」
こちらのお姉ちゃんは半開きなタレ目が可愛らしい、Iカップな女性。
収録では最も描写が大人しく、お話もラブコメちっくで、なんだか安心(笑)
ラストのパンチラも見モノです。
ああだとやっぱり嬉しくないもんですねぇ。

カラー原稿で始まる冒頭話「義姉としたい」
お話は一度関係した後なんですね。
想いを遂げる1回目でなく、それにのめり込む2回目であったため、慣れもあってかよりえっちになっていました。
ちょっとした緊張感と黒い下着が良かったです。

木下雪菜
※木下雪菜
 やっぱりツンデレちっくな、どちらの絵も掲載してみました。

その他エピソードは、どちらも姉ではありません。
前後編「牝の子」は眼鏡の優等生「木下雪菜」さんのお話。
なんとなく「近野」くんと付き合い、一度えっちしてからじわじわと自らのコントロールができなくなる流れ。
凛とした強さとのギャップがツンデレちっくでした。
まとまり良く、特に授業中のシーンは…凄い。
歯止めがかからない様を、現実・回想のコマが乱れることで見事に表現していたと思います

カラーページのある短編「素猫」
主役の2人「高野」先生・「田無」くんは置いといて、サブキャラ「石井」さんに注目。
先生に対して、はっきりライバルと認識している視線がいいですね。
ひでるさん揉める描写も好物なので、ぜひ直接対決してほしいところでした。
漫画は、えっちとかなんとか言うよりも可哀そうとしか思えません。
ちなみに、カラー原稿部分にて「上島くん」と呼んでいるのは誤植かな?

強い色合いの濃厚な作画。
↑上にもあちこち書きましたが、やっぱり漫画は相当に巧いです。
よく変化する、単調でないコマ割りも効果的に作用しており、1ページぶち抜きから2ページのまるまる見開き。
さらに大小の小窓から短冊風なコマ、万華鏡のように描かれているページなどもありました。
それがため、かなりごっちゃりとしていたのは良し悪しでしょう。

ひでるさんはセンセの”振り切れた”描写があまり得意ではないんですが、やっぱり腕ある方は違いますね。
一般でも活動されており、もはや知らない人のが少ないとは思いますが、カバー裏の漫画カット絵が参考になるでしょう。
あとは、個性の強いセンセの漫画が好みかどうか…。

姉系 (真激COMICS)姉系 (真激COMICS)
(2009/02/06)
板場 広し

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ パンチラ

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。