FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■Princess Force (七瀬瑞穂)

★まんがデーター [6/15]
・絵   :■□□□□
・話   :■■□□□
・独創性:■■■□□
・属性 : 成年・ファンタジー
・おまけ: あとがき、作品解説、もくじ下にキャラクター紹介、
      描き下ろし「Princess Force カラープロローグ」
・その他: カラー(4P)、短編×8(うち「Princess Force」×6)
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「七瀬瑞穂(ななせ・みずほ)」センセの「Princess Force [プリンセスフォース]」です。

察しのいい方ならば想像つくかもしれませんが、↓表紙につられた1冊。
なんとなく聞いた名前だなぁ…とは感じました(※どっかのヒロインに同名キャラがいるかと思った)が、こちらのブログでは2冊目の単行本「姉・づくし」を紹介してました。
初見ではなかったんですねー。
なんと、そっちも表紙によって釣り上げられ、後でがっかりしていたという…。
あれれー??
どんだけ黒ストッキングに弱いんだ(笑)

タリア姫
※タリア=エル=ルゼルダ姫
 触手も掲載してみましたが…どう?

さて、3冊目となる単行本「Princess Force」はつい先日に取り上げた、「その手に救いは届かない/抹茶ちゃもも」と同じ「キルタイムコミュニケーション」さん。
前巻「姉・づくし」は、ひでるさんにまったく合いませんでした。
締めの言葉は”今後に期待”でしたが、それもまだ先であるようです。
…ただ、アマゾンにて書き込まれていたコメントには、満足されている方がおりました。
人によりけりなんでしょう。

そんな訳で、↑上での採点通り、まったく刺さっておりません。
これからの文章もおそらく好ましいものは並ばないので、毎度の如く苦手な方はここで御遠慮下さい。
センセ、およびファンの方、ごめんなさい。
正直な感想を書かせて頂きます。

 ・
 ・
 ・
 
そろそろいいですか?
いきます。

もっとも原因だと思われるのが、作画について。
前回も書いていましたが、とにかくコレが軽い、悪い。
すっきりと見やすく…という感じでもありませんね。
小物はともかく、背景については「描かない方がよかったのでは?」というほどの酷さ。
引き絵の厳しさは相変わらずで、相当バランスが崩れているところもありました
そんな訳で、アクション描写についても同様。
迫力というレベルには程遠く、なんだか気の毒な感じさえしました。

そうした絵の怪しさは、最も肝心なキャラにまで波及しております。
正面はいいとして、横顔は苦手なのかなぁ…。
大崩れすることも多く、成年漫画として致命的。
よく描かれているコマもあるだけ、そうした点が大きいマイナス面となっていました。
発売が「キルタイムコミュニケーション」さんなので当然触手ネタもある(少し)んですが、これもダメ。
全然えっちに見えません。
質感は皆無で、なんというか薄過ぎ。

リネル、ローザ
※左:リネル、右:「blood night」の「ローザさん」
 こう見ると、「ローザさん」は…なんだか「エスカレイヤー」みたいですね。

また、コマ間の繋がりが弱いのでドカドカと唐突に展開し、お話についても”紙面の向こうで勝手にやっている”という印象でした。
台詞にも喋っている感じないんですね。
ファンタジー世界を表現する以前の問題である気がします。

↓表紙は相当良い感じに仕上がっているので、ひでるさんのように引っかけられないよう注意して下さい。
時期が(おそらく)新しい原稿はだいぶ改善されていましたが、それも収録はちょっとだけ。
はっきり、ファンの方以外にはオススメできません。

表題作「Princess Force」は6話の長編。
魔貴族「レゼ」の指揮する魔族軍の侵略を受けた「聖ルゼルダ国」
城門は破られ、結界も突破され、騎士「リネル」に守られた「タリア姫」はどうにか城外へと脱出。
古文書に記されていた”魔を滅ぼす力”を得るため、封印の地へと急ぐのでした。
しかし、国を襲った「レゼ」の目的もそこにあり、両者は封印の地に向かっていたんですが…。

ある意味びっくりな結末を迎える、ファンタジー漫画です。
黒騎士の正体がバレバレなのは…いいのかな。
2話くらいで終わる漫画を無理やりに引き延ばし、だらだらと間延びした印象でした。
ラストの1話だけは良かったんですけどねー。 
とにかく、前述した作画のマイナス面が大きいので面白く感じません。

短編「blood night」は、絵的に最も安定しておりました。
結末を含め、こうしたジャンルにはよくある展開ですね。
もうひとつの短編「Angel Garden」は逆にお話が良かったです。

…とまぁ、こうした漫画はなかなか難しいものですね。
ちゃんと覚えとけ、というひでるさんでした。

Princess Force (アンリアルコミックス27) (アンリアルコミックス)Princess Force (アンリアルコミックス27) (アンリアルコミックス)
(2009/02/01)
七瀬瑞穂

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ファンタジー 黒ストッキング キルタイムコミュニケーション アクション

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。