FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■恋するウシチチ (真鍋譲治)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・巨乳
・おまけ: あとがき、描き下ろし「ぎぶあんどていく!?」
・その他: カラー(4P)、7話収録、現在は1巻まで発売中。
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「真鍋譲治(まなべ・じょうじ)」センセの「恋するウシチチ 1巻」です。

最近はコッチばかりな「真鍋譲治」センセ。
今回の「恋するウシチチ」は、こないだの「リン×ママ」ほか「幕の内でらっくす1~3巻」のような一般えっちでなく、「てぇいる・ちぇいさー」と同じ成年単行本での発売でした。
タイトルの雰囲気から、短編集かなーって思いましたが、実はコレ連続話。
しかも、目立った表記はありませんでしたが、以後も続く1巻の単行本なのです
(※カバー裏の下あたりにあらすじが書かれているので、参考にいいでしょう)
なんだか色々ダメになりそう(笑)なほど、巨大な胸と液体描写が派手で嬉しいカバーです
タイトルを含めて漫画のセールスポイントが一目で分かりやすく、ちょっとでも目を奪われた方なら購入すべきでしょう。

ピピ子
※ピピ子
 自ら売り込む「ピピ子」です。

巨乳の愛玩ペット「ウシチチ」は、勝ち組の象徴でした。
一人暮らしの貧乏学生「椿潤九郎」にとっては、まさに夢の存在。
ある日、街を歩いていた「潤九郎」は”野良ウシチチ”である「ピピ子」を拾わされました。
彼にとっては待望の「ウシチチ」…でしたが、飼育され販売されているそれとは違い、癖の強い天然モノは母乳に毒を含むケースなどがあるのです。
当初は追い出そうとしていた「潤九郎」でしたが人懐っこい「ピピ子」に押され、結局は同居することとなるのでした。
だいたいそんな感じの漫画。

ペット「ウシチチ」は無論のこと、登場する人間の女性までもが揃って豊かであるという、胸好きな方御用達な1冊。
ウシということでか、母乳な描写もごく当たり前のように描かれておりました
お好きな方はあちこち楽しいでしょう。
また、「ウシチチ」という単語ではいまいちよく分からないかもしれませんが、要はセンセお得意の獣人キャラです。
尻尾と耳以外はまったく人間と変わらないので、さして気にするほどではありません。

大家さん、エルニーニョ、ラニーニャ
※左から、大家さん、エルニーニョ、ラニーニャ
 大家さんは刺さったんですが…いまのところ1話だけ。

性格などが強く成分も不確かであるため、人によっては母乳が毒であるという天然モノの「ウシチチ」
毒というのが果たしてどこまでなんだろう?
「潤九郎くん」は「ピピ子」の母乳を飲んでいましたが、単純に下痢となっただけ。
それだけのこと。
命落としたりはありませんし、なんなら飲まなければいいだけかも。

この世界は、どうやら天然モノが闊歩している様子なのです。
変な話、そっちを養殖でもしてきっちり教育すれば、多少は安めに商売できそう。
犬の個人ブリーダーみたいなのね。
販売されていた「ハルミ」は3千万なんてトンデモ価格だったので、もっと安くはできると思います。たぶん。
確かに「アルテミス」ほか飼育モノのが容姿も整って扱いやすい性格でしたが、野良も手がつけられないほどではなく、十分のような気がしました。
また、結婚しているほか御令嬢とかいう「ウシチチ」もおり、そうした設定はいまいち不完全な気もします。
…まぁね、そんな事を細々と考えるべき漫画ではないんでしょうけれど。

お嬢様、人妻
※お嬢様、人妻のウシチチ
 ちょっと出なキャラですが、こちらのが好みなひでるさん(笑)

テンション高い、活発なヒロイン「ピピ子」
こうした漫画では”偶然見つけた主人公が持ち帰る”というのが一般的ですけど、彼女は自らの意思で勝手にくっついていました
いきなり「ご主人様」とか呼んでいましたが、何か過去からの縁とかあるんでしょうかね?
あるいは、「通りかかった誰でもいいや」、という感じだったのかなぁ。
個人的には、毎度おなじみな雰囲気の「ピピ子」より、2話に登場した有名ヒロインを彷彿とさせる大家さん、7話の人妻、デカメロンのお嬢様らのが良かったです(笑)
大家さんの出番がやたら少なかったのが残念ですが…彼女は人間ですし、今後も望みは薄いかなー。

太線で濃い絵柄。
ベテラン漫画家さんなため安定感は抜群で漫画も巧く、やや個性ある作画に違和感なければまず問題ないでしょう。
前述しているように、ヒロインらは獣人キャラではあったものの、そういった色についてもごく薄めです。
お話の関係で、コメディー描写がやや多いかなー、とは感じました。

今のところ各話をつらぬく、基本的なストーリーはありません。
7話より2人は商売を始め、ぐんと行動範囲が広がっていたので、今後はそうした流れでの様々な「ウシチチ」との出会いがメインになっていくのかもしれません。
とりあえず、ひと波乱ありそうな次巻に期待しましょう。

恋するウシチチ (富士美コミックス) (富士美コミックス)恋するウシチチ (富士美コミックス) (富士美コミックス)
(2009/01/24)
真鍋 譲治

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : コメディー

comment

Secret

そのようで

はっきり言って、ブログをアップした後に気付きました(笑)
なんだか普通にレビューしてるのが恥ずかしいですね。
確かにそのままでしたよー。

No title

私がショップで見た時点では既にそこそこ売れていたようでしたけれども、何やら修正具合があまりよろしくないためとかで回収されているようですね。色々と修正されて刊行されることになるのでしょうけれど、そういった意味で初版が気になっている本です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。