FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■シアワセ少女 (たけのこ星人)

★まんがデーター [14/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■■
・独創性:■■■■■
・属性 : 成年・ストーリー
・おまけ: あとがき、作品解説、ゲストページ、日記風まんが「たけのこ日和」、
      裏レギュラー紹介、カバー裏にカラー別絵(表紙SD版)・表紙ラフ絵、
      背表紙に4コマ、おまけ小冊子「手と手をつないで#5覚悟してね」
・その他: 初単行本、カラー(8P)、短編×8(うち「手と手つないで」×4、
      「君の気持と僕の想いとあなたの思い出と」×2)
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「たけのこ星人」センセの「シアワセ少女」です。

なんか知らんけど、初単行本の4連発を達成できました。
わーい。
…しかし、漫画家さんってたくさんいますねー。大変だぁ。

さて、こちらは「たけのこ星人」センセの初単行本。
ひでるさんが絶大な信頼を寄せる「コアマガジン」さんで、メガストアコミックスのナンバー201がこちら「シアワセ少女」なのでした。
連続話と短編という構成で、よく練られたお話が深く重い、読ませるタイプの漫画です
巻末収録の作品解説は「新」センセ(※同人誌「New’s Network Remix」にて活躍中です)のように、かなり詳細に書かれる方。
そのため、”一度漫画を通しで読んだ後、センセの解説を見ながら読めば二度楽しめる”という、お得感もある単行本なのでした。

詩子さん
※詩子さん。
 この娘は苦労させられそうですねー。

単行本のメイン中編「手と手つないで」
リボンの可愛い、ドジで天然な「詩子(うたこ)」さん。
その幼馴染み、「ゆーくん」こと「悠哉」くんはどうにも危なっかしい彼女を支えるべく、よく面倒を見ておりました。
しかし、日課となっていた「詩子さん」からの報告に、
私ね、房田先輩に告白されて付き合う事にしたんだー
そんな言葉があったのです…と、だいたいそんな導入部。

ちとハードな面もある青春ストーリーです。
前半から中盤まで徹底的にかけられたストレスが、後半になってぱーっと晴れる、すっきり展開でした
主人公の「悠哉くん」は無論、「詩子ちゃん」もひとまわり成長するようなお話。
ある意味王道展開ですが、こんなんは成年漫画で珍しいパターンですね。
後半はやや綺麗過ぎた気もしますけれど。
やっぱり、友達というのはいいなぁ。

多くのキャラを抑え、↓表紙をゲットしている天然「詩子さん」
うーん、今時こんな娘はいないでしょうねー。
それだけに、付き合うって報告を聞かされた「悠哉くん」の気持ちが痛いほど分かります
…でも、ここは後のエピソードにて描かれていましたが、それを読むと「詩子さん」側にも納得でした。
なるほどなぁ。
ただ、瞬間にああは考えられないですよ。難儀な娘さんですねー。

詳細は伏せますが、ああした場面で格好良く助けられなかった「九郎」くんはなんだかリアルでした。
彼も相当にイイ奴で、心揺さぶられますね。
目立っていた割に報われなかったですけれど、その後が描かれた5話にて活躍してたので要チェック。
この番外編っぽいエピソードは小冊子にあります。そちらについては↓後述しますね。

「九郎くん」は残念な結果でしたが、収録された「お幸せに」は”近しいシチュエーションにて究極の選択を迫られる”ような短編。
小尼校ナンバー1という美少女「姫野綾」さん。
主人公「安田」くんも、そんな彼女に憧れる一人でした。
ある日、悪い噂の絶えない「竹之内」に声をかけられた「安田くん」は誘いを断ることもできず、恐る恐る後をついて行くんですが…その先には、彼の仲間に取り囲まれて好き勝手される「綾さん」がいたのです。
さて、貴方ならどうする?!

これまたイイ話でした。…色々な意味で。
あの、人生の岐路というべき場面でどうするのか。
彼女を助けるべく抵抗してみるか、あるいはかなわないと屈してしまうのか…

まぁ、抵抗するのおっかないですよね。相手複数だし。
なんだか複雑な読後感でしたが、ある意味これで良かったかなー、というラストではないでしょうか。

ヤンデレdayな「ハナさん」
※ヤンデレdayな「ハナさん」
 …どこがヤンデレだ(笑)収録ではお気に入りです。ややうっとおしいかもしれませんが。

前後編の連続話「君の気持と僕の想いとあなたの思い出と」
収録中では最もラブコメちっくな、読みやすいお話だと思います。
裏表紙にて、童顔ながらアンバランスな巨乳とパンチラを披露しているヒロイン「ハナ」さん。
なんちゃら日和~」、という言動が楽しい娘さんです。
流れは基本シリアスなので、コメディーっぽい描写は前半だけでしたが、「ハナさん」の気軽な漫画も見たいですね。
静かな心理描写が丁寧で、まとまったストーリーでした。

2006年と収録では最も古い短編「幸せ日和」
ツインテールな「菜緒」ちゃんのお話なんですが…詳細を書くとつまらないので省略しますが、途中・後半と2度びっくりするお話
なるほど、そんなんだったんですか。たはー。
もしかして、冒頭の描写も…ってことはないのかな、どうかな。
狙い通り騙されましたよ。

カラー原稿もある冒頭話「雨降って」は、とかくあらすじの1コマ目が新鮮な短編でした。
カチューシャの可愛い「美穂」さんは、年下の幼馴染み「健太」くんをセフレ扱いにしておりました。
その関係にやや飽きてきたころ、教室での雑談から、”売り言葉に買い言葉”という感じで、気軽にクラスメイトとの複数プレイに応じるんですが…。

菜緒ちゃん、美穂さん
※左:菜緒ちゃん、右:美穂さん
 こんな感じの2人ですが…後にトンデモない事に!

タイトルそのまま、ちょっと切ない良作品です。
なによりも「気持ちいい事が気持ち悪い」が深いですね
結果的にはあれで良かったのかもしれませんが…「シアワセ少女」ってタイトルの冒頭話だからなぁ(笑)
…って言うか、収録エピソードはどれもそんなんでしたけど。

強い線の勢いある作画。
シチュエーションも影響していると思いますが、色はやや黒めで、ごっちゃり描かれる方です。
やや濃厚気味ですかね。
上でも書きましたが、「幸せ日和」が最も古く06年。
他は07~08年という時期で多少のバラつきはあったものの、比較的安定していたと思います。
おおまかには↓表紙カラーの判断で問題ないですが、そちらはかなりスッキリです。
紹介帯裏面のカット絵のが判断には良いでしょう。

あまり見ないタイプのストーリーが新鮮・素敵で、絵に迫力もある良質な漫画でした
ただ、独特のシチュエーションから癖のあるお話までは、人を選ぶでしょう。注意ね
正直なところ、ちと練りこまれ過ぎな気もします。
また、”たけのこ巻末侵略付録”ということで、非常におまけページが豊富な単行本なのです。
センセ、お疲れ様でした。
さらにさらに、小冊子(※内容は「手と手をつないで#5覚悟してね」)までついていたんですが…これは初回だけのものなのかなぁ。
特に何も書いていなかったので、どこのオマケかよく分かりませんでしたけど。
そんな訳で、気になった方は早めに店頭へ行かれた方がいいかもしれませんよー。

シアワセ少女シアワセ少女
(2009/01/19)
たけのこ星人

商品詳細を見る


※ちなみに、こんな小冊子がついていました。
小冊子



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : コアマガジン メガストア ラブコメ コメディー ツインテール カチューシャ

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。