FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■メモリーズオフ6 ~T-wave~ (久松ゆのみ)

★まんがデーター [9/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■□□
・属性 : 原作ゲーム・恋愛
・おまけ: あとがきマンガ、原作者コメント、
      カバー裏に別絵。
・その他: 初単行本、原作「5pb.」、折り返しにコメント、
      5話収録(全て表題作・1巻完結)
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「久松ゆのみ(ひさまつ・ゆのみ)」センセの「メモリーズオフ6 ~T-wave~」です。

はい、初単行本3連発を達成できました。
ひでるさんはこのゲームは無論のこと、シリーズもまるで知りません
…えっと、これ相当な人気ゲームですか?
ファンも多いだろう作品をよく分かっていない人間が色々書くのはおっかない(笑)ですが…今日は一般系の日なのでやります。
まぁ、毎度のように漫画だけ見た素人意見、ということで考えていただければ。

箱崎智紗、遠峯りりす
※左:箱崎智紗、右:遠峯りりす
 寝起きが可愛い「りりすさん」です。着替えも手伝えそうでした。

クラスでは、幼馴染み「遠峯りりす(とおみね・りりす)」と”おしどり夫婦”とか呼ばれている、主人公「塚本志雄(つかもと・しお)」
日常では「りりす」の世話を焼き、学校では生徒会役員と「奏雲祭」実行委員を兼務する「志雄」は、日々多忙を極めておりました。
ある日、「りりす」から渡されたラブレターで呼び出された彼は、そこに昔の彼女と似た雰囲気の女の子「箱崎智紗(はこさき・ちさ)」と出会います。
記憶から、イメージが変わっていた「智紗」は「りりす」の親友。
そんな彼女に告白された「志雄」は、なんとなく付き合うこととしたのですが…。
だいたいそんな感じ。

PC版はないようなので、いわゆるえっちのない恋愛アドベンチャーかな。
毎度のごとく、ゲームでは複数の攻略対象(ヒロイン)がいるようです。
こうした系統の漫画版は、”単一でないストーリーと各キャラをどう扱っていくか”、が焦点になるでしょう。
こちらの場合、おそらくメインストーリーに少々ほか要素を追加したような感じになっていました。
ネタにもなっていたように、登場キャラはある程度に絞った様子。
ただ、ストーリーについては欲張ったようで、全体のまとまりについてはやや微妙な気がしました。
そのあたりの詳細は後述します。

すれ違い劇場
※すれ違い劇場
 ひでるさんはこんなんが大好物です。うふふー。

友達感覚な気軽に接することのできる幼馴染み「りりすさん」、自分を好いてくれる女の子っぽい「智紗さん」の2人がお話の中心。
ここがメインでいいんですよね?
どちらにしろ詳しくはないですが…なんだかキャラ配置など「School Days」を思い出しました。
当然、あんな感じにはならないんですけれど。
そちらのインパクトがあまりに強すぎるためか、ごくスタンダードな展開はあまりひでるさんに刺さりませんでした。
過激なネタで感覚が麻痺しているのかもしれませんが。
まぁ、確かに意外性はなかったものの、三角関係のお手本みたいなお話は読みやすく、自然に引き込まれます
病院にてはち合わせする4話とかはいいですねー(笑)
ページの関係か、枷になるべき過去事件があまり効果的に作用していなかったのは残念です。

…そう、やや詰め込み過ぎな印象だったんですが、その原因として考えられるのは別エピソードを差し込んだこと。
収録されている3話は、突如憧れの先輩で生徒会長「嘉神川クロエ(かがみがわ・くろえ)」のメインになっていました。
原作で人気あるのかなぁ。
これが本来の流れを断ち切っているんですが、なるほど確かに切り捨てるのは惜しいですねー。
1話だけヒロインの座をゲットした「クロエさん」のストーリー…じゃないな、各シチュエーションが非常に印象的であっため、本編の2人が弱くなったような感じがしました
…これはひでるさんだけ??
(※ちなみに、「クロエさん」はサブキャラとして、ちらほら顔を見せてます)

嘉神川クロエ
※おまけ:嘉神川クロエ
 ずっといてほしいですね。何もしなかった「志雄くん」はスゴイ。

続いて絵柄について。
先ほどゲーム画面を眺めてきましたが、原作の雰囲気を出すことに成功していると思います。
あちこちから適任者を探してきたんでしょうか?

強い線のすっきりとした絵柄。
適度な濃淡で、全体的にはしっかりと描かれる方でした。
細かいコマ割りで、若干構図で気になる部分があったものの、さしたる問題は感じません。
コメディー崩しが多めでしたが、これは原作通り?
正直なところ、キャラ絵など極端に巧い方ではないですが、バランスやテンポなど自然です。
お話の妨げになることはありませんでした。
漫画の巧い方なのかもしれません。

原作ファンはこれでいいのかな、どうかな?
とりあえず、登場している主要キャラが好きなら、大丈夫だと思います。たぶん。
漫画としてはごく無難な仕上がり。
原作がゲームである点を考慮すると、成功した例ではないでしょうか

メモリーズオフ6~T-wave (MFコミックス アライブシリーズ)メモリーズオフ6~T-wave (MFコミックス アライブシリーズ)
(2008/12/22)
久松 ゆのみ5pb.

商品詳細を見る


※ゲームはこれ
メモリーズオフ 6 ~T-wave~(通常版)メモリーズオフ 6 ~T-wave~(通常版)
(2008/08/21)
PlayStation2

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : 原作ゲーム コメディー 恋愛アドベンチャー

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。