FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■こいこく KOIKOKU (陵こえり)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・学園
・おまけ: あとがき、華陵学園放課後学級・出張版(作品解説)、
      描き下ろし「Beginning」、初登場イラスト、
・その他: 初単行本、ピンナップ、カラー(4P)、短編×10
      (うち「ヘビ★ロテめがねくん」×5、
       「ERASER OF MAGIC」×2)
 
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「陵こえり(みささぎ・こえり)」センセの「こいこく KOIKOKU」です。

コメントによると、もともとは「華陵学園初等部」にて読者コーナーのイラストを担当していたらしい「陵こえり」センセ。
子飼いさんの出世作、というところでしょうか。
当然ながら、こちら「こいこく KOIKOKU」が初単行本です。

飛鳥知菜、守屋愛美
※左:飛鳥知菜、右:守屋愛美
 いまいち目立っていない2人。もうすこしがんばりましょう。

↓表紙を飾っている女の子のメイン中編「ヘビ☆ロテめがねくん」
真面目で気弱な眼鏡男子「伊達勇芽(だて・ゆうが)」には最近悩みがありました。
眼鏡を外した後の記憶が曖昧で、気付くと決まって裸の女の子が横に寝ているのです。
初恋相手「飛鳥知菜」のため欲望を抑えようと必死な「勇芽くん」ですが不可解な現象は続き、今度は幼馴染み「守屋愛美」を手にかけてしまったのでした。
ここに至って、”自分は二重人格である”と自覚したのです。
…だいたいそんな感じ。

全5話のラブコメ中編です。
大変失礼ながら、ひでるさんの予想を遥かに大きく越える出来栄えでした

まず、主人公「勇芽くん」を二重人格としたのは正解。
これによって、成年系連続話での課題”基本となるストーリーとサービス描写の両立”に成功しています
設定についても巧くお話と絡んでおり、ラストに至るまで意外なほど良くまとまった作品に仕上がっておりました。

天然ながら、重い過去を背負っていた正ヒロイン「知菜ちゃん」
こうした漫画のお約束そのまま最後までえっちシーンなく、また出番も微妙に少ないため、あまり目立ちません。
登場キャラの中で胸が大きいようでしたが、容姿的にさほど差はなく、ちと気の毒。
せめて、恋する切っ掛けが描かれていれば、また違ったかもしれませんが。
また、そこそこ出番のあった「愛美さん」ですが、こちらは幼馴染みという有利な立場を活かしきれなかった印象。
うーん、もっと頑張れ。

そんな2人を尻目に、大活躍していたのが新聞部「葉加瀬希枝」ちゃん。
詳細は伏せますが、意外に重要な役回りだった彼女。
自分の幸せのため色々と調査をし、うまく言いくるめて協力者を求め、密かに作戦を進行させていました。
この、ライバルを確実に蹴落とそうと画策しているところは最高ですねー
「希枝ちゃん」良かったです。
センセもお気に入りなのか、作品解説の「華陵学園放課後学級・出張版」にもサブキャラながら加わっておりました。
途中で諦め、彼の背中を押しているのも格好いいですね。
ただ、そうした役目はやっぱり幼馴染みにやってほしかったかなぁ…。

葉加瀬希枝、相沢叶南
※左:葉加瀬希枝、右:相沢叶南
 かたや進行役、かたや広い心で、という2人。たいへんよくできました。

そうしたヒロインらと共に、女たらし状態な「勇芽くん」が面白いのです。
彼の存在がため、初恋を成就させるべき純愛物語ながら豊富なえっちシーンを確保できていたのです。
でも愛美も好き。っていうか女の子はみんな大好き
この際僕が全部チェックしてあげるよ♪
君みたいに可愛いコなら大歓迎さ
…そうした、いかにも、という”しゃらーん☆”とした台詞ほか、「代々木夢穂」さんとの際ではしっかり彼女の本質を看破していました。
入れ替わったままでも良かったか(笑)

ひと通り褒めてきましたが、お話で重要なイベントである”二重人格に気付く”シーンが微妙。
かなり唐突過ぎるんですね。
あの場面で記憶ないまま我に返り、即二重人格だと自己診断するのはやっぱり違和感ありありでした。
(※人前で眼鏡外す、というトリガーまで把握しているのもなんだか変かなー)
他が良かっただけに、非常に残念なところです。
できれば、何かしらのイベントが欲しいところでした。

2話の連続「ERASER OF MAGIC」、「ERASER OF MAGIC-truth-」
背が低く童顔であるため、生徒の中でも違和感ない教師「北木征太」
特に「チビ太」と呼ぶ問題児「相沢叶南」には手を焼いていたのです。
新学期でも「叶南」と同クラスになってしまった「征太」は、教師の威厳を取り戻すべく彼女の苦手なテストを実施するんですが…大雑把にはそんな感じの流れ。
(※ちなみに、2話目冒頭では「可南」となっていました。誤植かな?)

教師「征太くん」とツンデレちっくな生徒「叶南ちゃん」のラブコメ
スタンダードなため分かりやすく、あるいは「ヘビ☆ロテめがねくん」より支持を集めるかもしれません。
しかし、漫画内にも書かれていましたが「征太くん」は思考幼いですねー。
勝ち負けだの、恥かかせるだの、同レベルかそれ以下という感じでした。
特に後編の場面は、嘘でも謝っては駄目なシーン
そんな彼に対し、「魔法のケシゴム」なんて可愛らしさを残しながら、許すことのできる度量ある「叶南ちゃん」は素敵な娘さんでした。

なお、同じく教師・生徒のカップルであった「~もいちどキミに~」も同様。
「華陵学園」に教育実習として派遣された「支倉」先生。
そちらには、初恋相手だった「下川舞子」と瓜二つな容姿である「川上鞠耶」という生徒がいたのです。
妙に懐いてくる「鞠耶」と屋上で2人っきりになると…。

なんだかなぁ、というこちらの主人公「支倉」先生。
初恋の相手「舞子さん」は大人になったら関係なく(笑)
好意を持っていた「鞠耶ちゃん」とえっちはするものの、過去の記憶と容姿をダブらせた揚句、違う名前を呼んでたりしました。
こちらも失礼、というかコイツ最低ですねー。
あれだけ格好悪いところを見せておきながら、ラストの「期待してるよ」って台詞も「馬鹿にしてんのか?」という感じでしたが。
…まぁ、いいか。
なお、こちらのヒロイン「鞠耶ちゃん」はませた娘でしたが、精神的にも大人でした。

斉木肖夢
※おまけ:斉木肖夢(さいき・あゆむ)さん。
 比較用です。そんなに違和感ないでしょ?

描き下ろし「Beginning」は「アリス」ちゃんの8ページで、ちょいとブラック気味。
センセの初オリジナル作品「妹はサンタクロース」は兄妹の近親でした。
コメントそのまま、恥ずかしいくらいの王道展開です。
お芝居のキス程度で過剰反応する兄「斉木巴生」は…ヤバ過ぎですね。
妹離れとか、そんなレベルではないと思います。
悔い改めるように(笑)

初出によると、収録原稿は06年12月から08年6月までとやや開きあります。
たいていの単行本はだんだん過去原稿になるパターンですが、こちらは新しくなっていきます。
もともと個性を確立されている方なので、大きく変化はしていません
しかし、後半になるにつれ、線からあちこちのバランスまで、格段に巧くなっておりました。
強めな線でしっかりと描かれたような絵柄。
濃淡はやや濃いめ、丁寧であるためページが賑やかになっても見辛さは感じません。
白黒絵は↓表紙などのカラーよりも落ち着いております。
前者は動きある漫画絵、後者は固定イラスト、という違いですかね。
やや雰囲気は異なりますが、判断はそちらで問題ないと思います。

絵柄はともかく、極端にロリロリとしていないのは人によって良し悪しかも。
収録されたお話、特に連続話は良かったので、次巻にも期待です。

こいこく

こいこく (華陵COMICS)



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ 華陵学園初等部

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。