FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■フェアリーテールズ (ほりとも)

★まんがデーター [13/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・ファンタジー
・おまけ: あとがき、描き下ろし(?)「はみ射精し劇場」、
      カバー裏に別絵(表紙の続き)・キャララフ。
・その他: 初単行本、短編×8。
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ほりとも」センセの「FAIRY TALES [フェアリーテールズ]」です。

毎度お馴染み、「キルタイムコミュニケーション」さんの単行本。
やっぱり触手にされてしまう、えっちな短編がずらりと収録されていました。
ただ、普通のそんなんとは違って、明るい結末が多いのは「ほりとも」センセの特徴です。
こちら初単行本とのことでしたが、高い完成度の単行本でした。
(※「堀江智宏」という名でも活動されているそうです)
読後感は悪くないので、比較的広範囲にオススメできます

トカゲっ娘戦士「シッポちゃん」
※トカゲっ娘戦士「シッポちゃん」
 キャラクターでは、やっぱりこの娘でしょう。

収録中でもっともキャラが目立つ「シッポのご主人さまっ」
主人公は薬の調合士。
ある日、ペットである「ツインテールトカゲ」に調合途中であった薬をうっかりかけてしまったのです。
その効果か、トカゲであった「シッポ」は人間の女の子のような姿になっていたのでした。
原因をさぐるため、「シッポ」に手を伸ばした主人公は…。

なに気安く触ってんのよ!バカ主人!

ツンデレなトカゲ娘とのラブコメちっくな短編。
収録では最もソフトタッチでした。
トカゲの擬人化と言えば通常「リザードマン」を連想するところですが、そこをツンデレ・ロリな女子とした設定が絶妙
裏表紙を飾っているのが「シッポちゃん」なんですね。
種類が「ツインテールトカゲ」なため、やっぱり髪型はツインテール
太めな尻尾は”ぷりぷりですごく柔らかい”らしく、また触られている際の反応もいい感じでした。
もしかしてあれは弱点なのかなぁ。
~なんだからね!」というお約束な台詞もあり、お好みな方には直撃するだろうキャラです。
着ている衣装(※漫画でも突っ込みありましたが、変化した時にはもう服着てた)も、あまり見られないデザインですね。

「トカゲっ娘戦士」とか言っていたそのまま実際に戦闘力あるらしく、体格差のある魔物を一撃で仕留めています。
おまけページでちょっと顔を見せていましたが、2人の冒険話なども面白そうですね。
ただ、触手うねうねする、ハードなものを期待していた方には物足りないかもしれませんけど。

セリナ姫、部隊長のお嬢さん
※左:セリナ姫、右:部隊長のお嬢さん
 このブログではこのへんがぎりぎり限界。

定番の触手漫画「恋姫花~こいひめばな~」
叶わぬ想いも実るという、伝説の「恋姫花」
しかし、咲いている森は神域とされており、「セリナ姫」は”森の大神”によって、侵入した償いをさせられてしまうのでした。

お姫さまがぐちょぐちょにやられちゃう短編ですね。
「セリナ姫」って覚えある名前でしたが…「ロマンシア」か?
いやー懐かしいなぁ。
主役が「セリナ姫」になったりする裏モードあるんですけど、漫画版「ロマンシア」はそんな設定でしたよ。
そう言えば最近見かけませんね、「円英智」センセ。

…激しく脱線したので戻します。
漫画内でも指摘されていましたが、神は”ゲテゲテゲテ”なんて下品な笑い方はしないでしょう(笑)
相手の隙を突くため、えっちされている姫を見守らなければならない兵士(※昔馴染みで”お兄さま”と慕われている)という、もどかしさも漫画の味付けとなっておりました。
散々にえろい姿を晒す「セリナ姫」なんですが、あれでラブコメちっくな終わり方をすることが凄い。
単純にお飾りではない様子も描かれていたので、まぁ色々と吹っ切れたのかもしれませんが。
女の子はタフですねー。

↓表紙・カバー裏の表面を飾っている、同じく触手系な短編「不敗部隊伝説」
闇結晶に挑んだ”王国一の不敗部隊”
しかし、その力は凄まじく、部隊長であるお嬢さん1人を残して、全滅してしまうのでした。
実はわざと生き残らされていたという彼女も奮戦空しく、捕縛されてしまったのです。
だいたいそんな流れ。

これは素直に「なるほど」とか思いました。
あまり複雑なことではないんですが、ひでるさん的にはなかなか新鮮。
最強と言われていた部隊があっさり全滅寸前まで追い込まれ、それがためにえっちされちゃう展開、そして…という、設定とお話のよくまとまった短編です
詳細については一応伏せておきますが、おまけの「はみ射精(だ)し劇場」を含めて非常に良い出来栄え。
上の「シッポちゃん」もいいんですが、全体的にはこちらのが断然良かったです。
他シチュエーションを見たい気もしますが、ネタとしては一発が限度かな。
(※漢字変換して気付きました。ネタバレなので、反転させておきます⇒もしかして「不敗」と「腐敗」をかけている?

「見習いシスター チリカ」は童顔の割に大きな胸をもつ「チリカ」ちゃんが主人公。
罠にかかっていたケモノの愛らしさに魅了された「チリカちゃん」
処分寸前だったのを無理やり教会へ連れて帰ったんですが、ソレは淫獣だったのです。

食べ物が「女のおしっこ」と聞かされていたこともあり、放尿描写のある本作品。
淫獣ではあるものの邪悪な存在でないらしく、ラストは意外なほど爽やかでした。
これはヒロイン「チリカちゃん」の影響が大きいでしょう。
いかにも見習いという容姿・性格で、常にパンチラ状態の服も良かったです。

チリカ、ベシェール
※左:チリカ、右:ベシェール
 この2人も良かったです。「チリカちゃん」大き過ぎます。

ほか触手系は、前半はショタっぽかった「霧の館の男の子」
これは現代劇でいいのかな。
後半からガラリと変化するんですが、こちらのラストも”前ページと同じ漫画というのが嘘みたい”な気持ちよいラストでした。
もう一つ、「増殖襲来」は対エイリアンで触手。
丸出しみたいなコスチュームがえっちなんですが、捕まったヒロイン「ベシェール」がデータ取得のため、状況報告させられるんですね。
たぶんそうだろうなぁ、と先の読める展開であったものの、実況させられてるのが実にえっちでした。
もし無事に生還したならば、間違いなくセクハラで訴えられそうです。

収録の「お兄さまの仇です!」は悪魔サキュバスと聖騎士見習いで女同士・ふたなり、おとり捜査「見てはいけない」は調教っぽい漫画になっておりました。
うち「お兄さまの仇です!」は故あってサキュバスさんがえっちのメインだったんですが、これは逆のが良かったなぁ。

柔らかな線のごっちゃり系。
あまり枠線の目立たない描き方です。
濃淡はやや薄めで、ネタ(触手ね)の特徴もあってか、ページはかなり賑やか。
しかし、丁寧な作画と絶妙なバランス感覚があり、見辛さはありませんでした。
なお、裏表紙にラフ絵があるんですが、コレいまいち分かりにくく、実際の良さを伝えきれていないのは残念。
おおまかな内容については、そちらの文で確認できるんですけどねー。
カラーとはちと異なるものの、↓表紙を素直に判断して問題ありません。

短編で終わらせるには惜しいです。
それぞれ職業が異なっていたため、収録キャラでパーティーを組んで冒険させても面白そうでした
あとがき下の絵を眺めて、そんなん思いましたよ。

フェアリーテールズ (アンリアルコミックス 25)フェアリーテールズ (アンリアルコミックス 25)
(2008/11/29)
ほりとも

商品詳細を見る





★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ ツインテール パンチラ ファンタジー キルタイムコミュニケーション

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

凛々しい美少女エルフが触手ににゅるにゅる攻められるファンタジーで触手陵辱なエロコミック「テンタクルバージン」(ほりとも)

テンタクルバージン [ほりとも、キルタイムコミュニケーション] ファンタジーで触手陵辱なエロ商業誌コミックです。強制開脚で触手陵辱が...

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。