FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■淫術の館 (エレクトさわる)

★まんがデーター [10/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■□□□
・独創性:■■■■■
・属性 : 成年・触手
・おまけ: 後書き、表紙完成までの徒然日記、キャラ紹介・補足、
      カバー裏に「アンリアルバスターズ」
・その他: カラー(4P)、カラーイラスト、折り返しにプロフィール、
      短編×9(うち「淫術の館」×5)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「エレクトさわる」センセの「淫術の館」です。

カバー裏の漫画カットで、合わないかなーと思って、一度は避けていた単行本。
それが、なぜ手元にあるかというと…週末記事にも書いたように、店頭が寂しい感じだったから。
書店のはしごもしたんですが、特にコレというのがなかったのでここにあるという訳なの。

特徴的なお名前であるためか、なんとなーくお名前は頭にありました「エレクトさわる」センセ。
2冊目の単行本は「淫術の館」ということで、そちらの連続話・基本設定を引き継いだ短編にて構成されておりました。
↓表紙などの雰囲気そのまま、ファンタジーでかつハードなお話になっております

シルフィ、メルフィ
※左:シルフィ、右:メルフィ
 エルフの姉妹です。まぁ、大変なことになりますよ。

失敗ばかりなエルフのメイド「シルフィ」さん。
ご主人様「アニエス」の紹介により、メイドの研修施設という館を訪ねてきたのです。
しかし、その館とは、実は”性技を磨くための館”だったのです。
瞬く間に、うねうねとした無数の触手に絡め取られた「シルフィさん」は…というのが表題作「淫術の館」

エルフなのに、やけにむちむちと肉付きの良い「シルフィさん」
そんな彼女が、無数の太い触手によってあちこち・色々されてしまう短編でした。
ほぼストーリー性なく、やたらめったら蹂躙される即えっちな内容で、ハード気味。
そこから続く「淫術の館 ~Return Of Nightmare~」では、失踪していた「シルフィさん」を探す妹「メルフィ」さんのお話です。
ちょうど「シルフィさん」をひとまわり小柄にしたような雰囲気で、やっぱりこちらも同様な展開。
いや、肉親「シルフィさん」が関わっているだけ、より悲劇的かも。
そんな2人が、奴隷オークションにかけられてしまうのが、「淫術の館 ~The Last Bidder~」です。
奴隷戦士マヤ/このどんと」などもそうでしたが、ぼろぼろにえっちされ、改造され、挙句に売られてしまう…という、こうしたブラックな漫画の悲惨な流れを忠実に守っておりました
正直なところ、お話としてはさしたるものではないものの、こちらのオチがしっかりとあるだけ、3話連続にした甲斐があったと思います。

魔族「リリト」、デバッカー「キサラギ」
※左:魔族「リリト」、右:デバッカー「キサラギ」
 強い「キサラギさん」です。それがなにゆえ捕まってしまうのかというと…。

…で、まだ続く「淫術の館 外伝 ~Another Days~」は、キャラが変わって魔族「リリト」さんがヒロイン。
裏表紙の方ですね。
やっぱり不必要なほどに大きい胸ををお持ちな「リリトさん」
魔族コスチュームの際の、ファスナー部分がなんだか妙に良かったです。
先ほどとはまったくアプローチが変化しており、活躍していた触手たちの出番もちょっとだけ。
双方に正義はないものの、魔族という割に可愛らしい「リリトさん」がため、感情としてはやっぱりそちら寄りでした。

まともに対抗できる”害蟲駆除機構(デバッカー)”の「キサラギ(如月獅子那)」が登場する、館シリーズの最終章「淫術の館 ~Endless Fears~」
それまでの女の子と違って、アクティブで凛々しい「キサラギさん」
パンチラはないものの、ミニスカートとスパッツという取り合わせがなかなか素敵でした
闘うヒロインが触手によってされてしまうという、ラストに相応しい展開です。
ひでるさん的には、もうちょっと気を張っていてほしかったなーという感じもありましたけれど。
なお、こちらではシリーズ初のロリキャラ(…ロリ、うーん……詳しくは色々あるんですが、まぁ、いいか)も登場しております。
散々ハチャメチャなことをやってきたというのに、なんとなくラストに物悲しさがあったのはなんとも不思議。

クゥちゃん、マリン、プルフェ
※左から、クゥちゃん、マリン、プルフェ
 なんちゃら耳、がお好きな方にもオススメ。常時パンチラな「クゥちゃん」ですよ。

タイトルそのまま、「はじめてのおつかい」はロリちっくな「クゥ」ちゃんのお話。
尻尾がため、常にパンチラ状態というのは可愛いですね。
心なしか、えっちシーンだけ「クゥちゃん」がなんとなく大人っぽいように見えました。
また、容姿とは裏腹に胸がそれなりにあったのは、読者にとって良し悪しかな。

ほか、武闘大会で優勝するほどの実力がある皇女「フィーリア」の「Beast on the Heart」、猫耳宇宙婦警さんの短編「銀河特警キャッツブレイド」、ちょっと和風な「ツバキ淫乳忍法帳」などがありました。
うち、「ツバキ淫乳忍法帳」の忍者「ツバキ」さんはやっぱり触手に色々とされてしまう爆乳キャラなんですが…あみ(鎖帷子かな?)に包まれているだけで、なんとなくドキリとさせられる部分がありました(笑)
単純よねー。

収録では古い原稿の漫画も混ざっており、やや不安定。
もともと巧い方なので大きな問題ではないですが、差はありますので注意下さい。
しっかりとした細線のごっちゃり絵柄。
コマをプチ抜く、崩すこと頻繁で、ページには目いっぱい描かれておりました。
触手ほか複数プレイの多いハード系というネタの問題もあるんでしょうけれど、何がなんだかよく分からないほど賑やかです。
特に液体描写の派手さは相当なもの
読んでいるこちらまでドロドロになりそうな感じでした。
そんな訳で、ネタから絵柄まで非常に人を選ぶ漫画です。
判断は裏表紙のカット絵がいいでしょう。
あらすじも書かれてますので。

購入前の予想通り、ちょっとひでるさんは合わないかなぁ。
カラーイラストに描かれていた、巫女さんの漫画とかあれば見たい気もしますが…。

淫術の館 (アンリアルコミックス 23)淫術の館 (アンリアルコミックス 23)
(2008/11/01)
エレクトさわる

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ファンタジー パンチラ スパッツ

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。