FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ぴゅあえろ (ZUKI樹)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : ラブコメ・外人
・おまけ: カバー裏にありがとう漫画・4コマ、
      合間におまけマンガ。
・その他: 短編×8(うち「白い恋人たち」×4)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ZUKI樹(ずきき)」センセの「ぴゅあえろ PURE-EROS」です。

順番で言えば、本来は成年系なんですが…ちょっとこちらが良かったので、変更してみました。
こちらのブログでは以前「巫女の恋路」を紹介しております、「ZUKI樹」センセです。
特徴的な絵柄であったため、珍しくしっかり覚えておりました。

たぶん4冊目くらいな単行本は「ぴゅあえろ PURE-EROS」ですね。
一般のえっち系単行本で、メインとなる連続話を中心とした構成。
和洋にビジネスからスポーツまで、豊かなバリエーションとなっております。

姉「イリューシャさん」、妹「ニコラちゃん」
※左:姉「イリューシャさん」、右:妹「ニコラちゃん」
 外人姉妹です。いやいや、よく似合ってますよ!

どっかの有名土産のようなタイトル「白い恋人たち」
外人さん「イリューシャ」さんと付き合っている「コースケ」くん。
その妹「ニコラ」ちゃんは夏休みを利用して、大好きなお姉ちゃんのいる日本へ遊びに来たのでした。
2人のラブラブっぷりを見せられた「ニコラちゃん」は、”大して顔が良くないのにベタ惚れ”である理由を探るため、寝ている「コースケくん」の股間へと迫るのでした。
…だいたいそんなお話。

外人姉妹とのラブコメですね。
正直、黒髪好きなひでるさんはあまり外人さんは刺さらないのです。
特に「ZUKI樹」センセの描かれる2人のヒロインは必要以上にそれっぽく、読んだ後でもキャラとしては好みでありません。
はっきり言って。
購入の際に、あの↓表紙と紹介帯にあった”金髪碧眼エロ姉妹”でそんなんが予想され、どうしようかなーって迷ったのも事実。
しかし、そんなマイナスを帳消しにするくらい、良かったのですよ。

漫画は4話ほど続く中編で、カバー裏のおまけ4コマはこちらの話。
大雑把には、来日した「ニコラちゃん」の成長ストーリーになっているんですね。

当初は”お姉ちゃんが好きな相手”という、単なる興味本位であった妹「ニコラちゃん」
昔からあなたってすぐ私のものを欲しがるんだから
そうしたお姉さんの台詞に納得。
実に的確なキャラ設定だと思います。
2話目にて再来日するんですが、冒頭にあった空港での描写が1話目と対比となっている点に注目。
そんな感じで、「ニコラちゃん」はすっかり「コースケくん」とのえっちにハマってしまうのでした。
2、3話などでは単純に行為自体を楽しんでいたんですが…ラスト4話目にて、ふと心情的なものが描かれております。
このあたりの、じんわりと浸透してくるような感覚が巧さですね

また、「ニコラちゃん」にそうした味を教えてしまった張本人、姉「イリューシャさん」
おまけマンガでも描かれていましたが、浮気を知ると豹変する割に、「ニコラちゃん」とのえっちは許容できるんですねー。
家族だから、って言ってましたが、そんな面も外国人ちっくでした。
(※よくは知りませんが、なんとなく)
純粋にえっちを楽しむ「ニコラちゃん」と違って、コスプレやきわどい水着などに躊躇するところ恥ずかしプレイもあり、年上ながらも可愛らしく描かれておりました。
全体的なメインは「ニコラちゃん」なんですが、2、3話にて存在感を示していた「イリューシャさん」のがいいかなぁ。
海に行くエピソードでは、”ギャラリーを集めるもののまったく声を掛けられない”という、いかにも外人なネタもありました。
↓表紙に撃ち抜かれた方は無論のこと、あまり好みではない方も楽しめるラブコメだと思います。

たちのちゃん、モモちゃん
※左:たちのちゃん、右:モモちゃん
 ひでるさんお気にいりな1コマ、「モモちゃん」の巨乳描写です。

そちらとは逆の、すーっと背筋が涼しくなる和風短編「雪割りの日」
遊郭にて雑用をしている女の子「たちの」ちゃんのお話です。
姉様、と慕っていた元華族「清花」さんの、日々の苦労と悲惨な末路。
そして、初めてのお客さんによって期待を粉々に打ち砕かれてしまう「たちのちゃん」など、先の中編と同じような配置のWヒロイン漫画でありながら、まさしく正反対な流れになっております
読後感悪く、げんなーりするでしょうけれど…冒頭からラストまでよくまとまった良作品でした。
こんなんは王道ネタなんですけどね。

キャラとしてひでるさんが最も刺さったのが、短編「しまっていこう!!」
昔野球をやっていた主人公「堀内」くん。
現在は営業回りをしており、得意先である課長の依頼で草野球チームに助っ人することとなってしまったのです。
せっかくの休日に接待みたいな感覚で気乗りしなかった「堀内」くんを待っていたのは…女子が大勢を占める野球チームでした。
しかも、そちらの投手は受付の「村崎」さんだったのです。

村崎さん
※おまけ:村崎さん
 とりあえず、こちらに掲載するのは無難な絵で(笑)

そんな訳で、野球えっち短編なこちら。
複数女の子はいるんですが、徹底的に「村崎さん」に絞ったのは正解。
ページ少ないですから。
また、なによりユニフォームを着た女の子というのは素敵ですねー。
嬉しいことにそのままの姿でえっち突入となるんですが…途中まで服を着せたまま、”ジッパーを下ろしただけ”というプレイに直撃されてしまいました
いやー、ここはえっちだったー(笑)
センセはアンダーヘアを描かれる方なんですが、消しの大きい一般系単行本であるものの、そちらもしっかり表現されております。
ここのえっち部分だけで、ひでるさん脳内評価が急上昇でした
(※無論、「白い恋人たち」などのお話は良かったんですけどね)
こんなん好きだなぁ。

ほか、巨乳なOL「モモ」ちゃんの「好き好きビーム」、デザイン事務所の先輩「美奈子」さんとの「おぼえてナイ!!」などが収録されております。
そのどちらも、読みやすいラブコメとなっておりました。

くっきりとした強い線のこざっぱりとした絵柄。
ぱりっとカタ目な線がためやや平たい雰囲気ですが、乱れなく安定感に優れておりました。
濃淡から各バランスまでが適度であり、見やすい漫画に仕上がっていると思います。
横長の目とすっと通った鼻筋、すらりと細身なスタイルが特徴の人物絵。
非常に癖があるため、好き嫌いは真っ二つになりそうです。
概ね↓表紙・裏表紙の判断で良いでしょう。
(※白黒絵のが味あると思いますが)

こうした一般系えっち単行本の割に合間の漫画などおまけも多く、既に雑誌などで見られている方にも嬉しい構成。
特に外人女性とか、野球少女(←少女じゃないか)が刺さる貴方には、間違いなくオススメな1冊です。

ぴゅあえろ (アクションコミックス)ぴゅあえろ (アクションコミックス)
(2008/10/28)
ZUKI樹

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ コスプレ アンダーヘア

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。