FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■あね☆フェス (kika=ざる)

★まんがデーター [7/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■□□□
・独創性:■■□□□
・属性 : 成年・お姉さん
・おまけ: あとがき、作品解説、
      カバー裏にちょっと違う絵。
・その他: カラー(8P)、短編×10(うち「エリカ先生シリーズ」×2)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「kika=ざる(きか・ざる)」センセの「あね☆フェス」です。

昨日がロリ系だったので、バランスを取るために本日はお姉さん系漫画です。
特徴的なお名前である「kika=ざる」センセの単行本「あね☆フェス」ですね。
初単行本とかあとがきに書かれていましたが、「××の憂鬱」というアンソロジー単行本を出されているようなので実際には2冊目。
オリジナルでは初ですれどね。
同人誌とかイラストなどのお仕事もされており、まぁ絵は良かったんですが…。

エリカ先生、OL「浅美さん」
※左:エリカ先生、右:OL「浅美さん」
 ストッキングな2人です。「エリカ先生」のツインテール姿は単行本にてどうぞ。

収録では唯一の連続話「エリカ先生の個人指導」、「エリカ先生と僕の秘密」
むちむちなスタイルの担任教師「エリカ」先生。
生徒指導室に呼び出された「矢崎」くんは色っぽい先生によって…とそんなお話。

「エリカ先生」のお誘いパターンですね。
覗きは置いといて、指摘されていた”消しゴム拾う”については、完全に濡れ衣でしょう。
あの拾い方は完全に見せる目的ですよ。足を曲げるのが普通。
そんな感じで、好き放題に言われ続けていたというのはあるものの、途中の逆襲部分はやや唐突過ぎ
えっちする前ならば、キレて襲いかかるというのもよく分かりますが、一度スッキリしてますからね(笑)
2話目でもそういった描写はなく、蛇足だったかなーって思いました。
なお、眼鏡のあり・なしがどちらも楽しめる1話目、セーラー服(※おまけに髪型はツインテールだったりして)を着せる2話目など、見せ方としては工夫されております。

お話面でもっとも弱いと感じたのが、「strange night」
もしかしたらストーキングされているかもしれない、と日々不安なOL「浅美」さん。
会社に居残りで作業していたところ、いきなり社内の電気が消え、何者かが襲いかかってきたのでした。

詳細は省きますが、安いサスペンスドラマみたいな展開です。
フリが分かり易過ぎて、後々が予想できるお話。
あのオチもどーでもいい感じです。

いきなり暗くされたことで顔が見えないというのは分かりますが、声でだいたい判断できそうなもの。
それに、正体不明な相手に追いかけられた挙句、無理やり押し倒されてしまったというのに…行為が優しいだのなんだのと冷静に分析しているところは、ものスゴイ違和感がありました
ずいぶん余裕ありますねー、「浅美さん」
特に凶器を所持している訳でもなく、あれは逃げ出すチャンスだと思うのだけれど。
まぁ、ストッキング描写を楽しめばいいのかな。

不思議な彼女「静流」さんの「静流さんの秘密」も似たようなゆるいお話。
さしたる謎はなく、いかにもそっちを匂わせているだけ、逆に薄っぺらさを強調しているようでした。
あれは本当に猫だった方が良かったかもしれませんね。

ウェイトレス「はるかちゃん」、巫女「御手洗美子さん」
※左:ウェイトレス「はるかちゃん」、巫女「御手洗美子さん」
 コスプレ短編な2人です。どちらのお話も…うーむ。

コスプレ系短編、ウェイトレス「はるか」ちゃんの「きっかけはファミレス」、巫女「御手洗美子」さんの「お祓い狂想曲」、ナース「階堂久美」さんの「ドキドキ病院ライフ」、という3話。
↓表紙の娘が「はるかちゃん」ですね。
同級生とはいえ言葉も交わさない程度の間柄なので、店でも完全に店員とお客さんという2人。
途中の口封じが意味不明です。
あちこち味見しているような娘ならば、噂立っても当然のこと。
証拠を握られた訳でもなく、校則厳しいとはいえいきなり学校側が処分することもないでしょう。
そうした名目で気弱そうな主人公「白石」くんを味見したかっただけ?
また、その程度の相手にいきなりテンションあげられたら、より敬遠されるだけだと思いますけど。

えっちで除霊パターンの巫女「美子さん」
凄いのか、そうでないのかいまいちよく分かりませんね。
評判を聞いた主人公が相談に来るほどの有名神社ですが、冒頭ではドジな描写があったりして。
特に身体を乗っ取られたピンチシーンでは、言葉一つであっさり我に帰っておりました。
これは変じゃない??
トロそうなオーラが出ていたので、ドジっ娘巫女さんで押しても良かったのでは?
オチ部分と本編が明確に繋がっていない「ドキドキ病院ライフ」は、単純えっち話でした。

ヴァンパイアさん、由芽さん
※左:ヴァンパイアさん、右:由芽さん
 あれ、偶然似たポーズですね。お2人とも大きいですねぇ。

時期古めなのかな?
作画面では頼りないものの、単行本にて印象的だったのが「雨のちヴァンパイア」
雨の日に日傘を持った、ゴスロリ服のヴァンパイアさん。
淡々と無表情で、かつやや天然っぷりな感じの彼女は、収録キャラで最も目立っておりました。
なにげに、唯一のツリ目ヒロインですね。
そちらはいいものの、オチ部分は不要でないかなぁ…男の子は普通で良かったんじゃない??
とはいえ、キャラが立っているだけ楽しく、できれば別シチュエーションも見たいお話でした。

ほか、カラー原稿のある冒頭話「100点のご褒美」
近所の幼馴染みなお姉ちゃん「由芽」さんと、「ゲン」ちゃんのカップルです。
特に家庭教師だとか、勉強を教えているとかそんなんではないですが、ちょっとした言葉の端から”100点取ったご褒美にえっちしてOK”という約束になってしまったのです。
いちおう「由芽さん」には彼氏がいるらしく、また「ゲンちゃん」としても恋愛感情は希薄で、単に行為を楽しんでいるだけ。
ここはそれで正解だと思います。
カラーではシマ模様の下着だったので、お好きな方にはいいでしょう。

しっかりとした線のごっちゃり作画。
トーン処理が目立ち、濃淡では灰色っぽいですね。
コマとは別にキャラは大きめに描かれているため、迫力あると思います。
頬の描写と厚めな唇。
そしてタレ目と縦長・幅広な輪郭が特徴です。
そうした顔パーツからむちむちとしたスタイルまで癖が強く、人を選ぶだろう作画でした。
おおむね↓表紙などの判断で良いでしょう。
…ただ、ひでるさんとしては不思議と刺さりませんでした。
なんでだろう。
下手ではないんですが、たまーにバランス崩れる、やや表情が一本調子なところかなぁ。
全体的な安定感も含めて、いま一歩、二歩…。
次の単行本に期待しましょう。

あね☆フェス (ホットミルクコミックス)あね☆フェス (ホットミルクコミックス)
(2008/11/10)
Kika=ざる

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : コスプレ ツインテール アンソロジー サスペンス

comment

Secret

はじめまして^^
通りすがりにお邪魔させて頂きました^^ 応援ポチッ!!
宜しければ私のところにも遊びに来てくださいね♪
QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。