FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■蜜色ミルクホール (智沢渚優)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・いちおうロリ
・おまけ: あとがき、
      描き下ろし「夕闇の墓標」※カラーあり。
・その他: カラー(8P)、短編×11(うち「愛夢遊戯」×2)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「智沢渚優(ともさわ・しょう)」センセの「蜜色ミルクホール」です。

はー、やっと終わりましたー。
お疲れさんですぅ。
本日も眠気をこらえてお送りします。
気をつけてはいるんですが、誤字・脱字あったらごめんなさい。
気付き次第、修正しております。

そんなこんなで、本日はやっぱり「智沢渚優」センセ。
蜜色シリーズの最新刊「蜜色ミルクホール」です。

連続話もありましたが、がっちりとした続編という感じでないため、そちらを含めてほぼ短編集という単行本。
センセもあとがきで書かれていましたが、ロリ比率は依然として高いものの、全体的な年齢幅は広めになっておりました

依部樹音、生徒会長「豊戸唯由」
※左:依部樹音、右:「愛シテイるの!」登場の生徒会長「豊戸唯由」
 お姉ちゃん「唯由さん」です。もっと彼女をメインにしてほしかったですねー。

今回収録で最も気に入った短編が「限定楽園」です。
リボンの可愛い「依部樹音(よりべ・じゅね)」さん、ツインテールな「希咲(きさき)」さん、「糸出都路(いとで・とろ)」くん、「東響」くんという同級生4人組。
共に勉強する傍ら、テストの点数によってえっちなバツゲームをしていたのです。
今回テストで最低点だった「樹音さん」は、「都路くん」の提案によって本を参考にしたプレイをされてしまうのでした。
…だいたいそんなお話。

同級生4名のえっち話ですね。
設定としては、小学校6年生くらいでいいのかな?
それぞれが行為を楽しんでいるため、ラブ要素は薄いものの暗さなく読みやすい漫画。
冒頭にあった、1ページ3分割な横長コマはそれぞれの動き・表情の変化が見え、良かったです
…でね、実は後半にも同じ構図があったんですが……そこで、全てのタネ明しがされるというオチなのでした
これが非常に刺さったのです。

いやー、さっすが「智沢渚優」センセ!!

お話うんぬんより、技術がキラリと光る作品でした。
そうすると、「来留間」って苗字は「希咲さん」でないんですねー。

8ページのカラー原稿もある冒頭話、「夕闇の墓標」はまるまる描き下ろしの短編。
引っ越しを明日に控えた姉「唐内光」、妹「唐内日愛」という2人。
学校から戻ると部屋はすでに空となっており、待っていたのは両親ではなく複数の男性だったのです。
財政破綻した夕舞市。
その関係から莫大な借金を抱えた両親は、姉妹を返済にあてていたのです…。

頭のリボンがそのままプレゼント状態(笑)である、「光さん」はいちおう中学生。
彼女が↓表紙の娘ですね。
姉妹の凌辱モノで、まるで救いの見えない内容。
お姉さんらしく小学生の「日愛ちゃん」をかばった「光さん」なんですが、そのお願いもあっさり踏みにじられてしまうところがポイントです。
オチ部分も最悪な形となっており、最初から最後までとにかく酷いブラックなお話でした。
ある意味、収録では最もセンセらしい短編ですか?

日愛ちゃん、光さん、笑流ちゃん
※左から、日愛ちゃん、光さん、笑流ちゃん。
 このリボン結びは”自分自身がプレゼント”って感じなんですよねー。

一方、「Happy Days」もそちらと同様に、複数にされてしまうお話。
お兄ちゃんと2人暮らしな「宗鹿野笑流(むなかの・えみる)」ちゃん。
まだランドセルな年齢ながら、同級生と話が合わないくらいの経験者なのです。
今日も通学路の途中にてお友達に誘われ、そのまま車内にてえっちしてしまうのでした。

独白調の漫画です。
ヒロイン「笑流ちゃん」は先の「光さん」同様に頭のリボンがそのままプレゼント状態である、ショートカットな女の子。
年の差ある複数の男性らによって、次々にされてしまうシチュエーションなんですが、当人がそれを望んでいるだけ非常に明るいお話になっておりました。
そりゃ、クラスで話合わないでしょうね(笑)
えっちなロリ少女だー、とか思っていたら、ラスト3ページにて真っ逆さまに落とされてしまいました
お兄ちゃんのも混ざってるときあるのにィ
なーんて台詞もあり、確かに冒頭にて顔を出していたお兄ちゃんが出てこないのが気になってはいましたが…なるほど、そんなんか
うわあぁぁ…。

ほかロリ系は、「織部奈多音」ちゃん、委員長「天海実根」さんのWヒロインの調教話「負けられない!とまらない」
こちらは女の子2人がライバルっぽく描かれ、そっちがメイン。
ただ、できれば若干感じられたスワッピングな要素を強くしてほしかったですね。
「親娘戦線不可侵領域!!」は母親「詩織」さん、娘「世良」ちゃんと、その教師「泰玲斗(やす・れいと)」という組み合わせ。
ツリ目が可愛い「世良ちゃん」のなかなか凶悪な描写もありましたが、さらにその上をいく「詩織さん」が凄い。
流れとしては結構トンデモなものの、軽い描き方がため読後感は良いものとなっておりました。

母親「詩織さん」、娘「世良ちゃん」
※左:母親「詩織さん」、右:娘「世良ちゃん」
 この親子もなかなかいい味を出しておりました。別シチュエーションが見たいです。

収録では最も異質な、宇宙の運び屋「コノエ・フォクシー」さんの「テイルズ・こん!テプト」
実は触手ネタでして、宇宙巫女「ツツミ」さんなんてキャラも登場するんですが…あんまり刺さりません。
ちょっと全体的に色が白過ぎるかなー。
唯一の連続話「愛夢遊戯」
眼鏡な「瑞紀」さんがハマっている、バーチャルなえっち機器ネタ。
2話目では同じ趣味をもつツインテールなロリっぽい「椎音」ちゃんが登場し、その応用となっているんですが…。
後半は夢から覚めた方が良かったのでは?
変化ある短編「幻響のTrinity」は面白い設定ではあるものの、ちょっと分かり辛いですね。
せっかく双子の姉「由良」さんなんて落ち着いた年上キャラが出てきたと思ったら…ふたなりでがっかり。

ほか、姉弟の近親ラブコメ「愛シテイるの!」、幼馴染みラブコメ「とろみ気分」なども収録されておりました。
「とろみ気分」のトロい「朋美」ちゃん、世話役「駿」くんの2人は珍しく健全(?)なカップルです(笑)
なお、「朋美ちゃん」、「幻響のTrinity」の「茶子」さん、母親「詩織さん」らはアンダーヘアの描かれたキャラでした。
いちおう念のため。

強い線の濃い目な絵柄。
相変わらずな安定感で、この点での問題は感じません。
個性強めでこってり気味なので、人は選ぶと思われます。
なお、お得意なロリ少女凌辱のパターンが減っているため、従来からのファンは注意した方がいいかもしれません。

コアマガジン」さんのHPでは、「智沢渚優」センセの代表巻がずらりと絵・解説つきで掲載されています。
非常に親切なつくりですね。
慣れていない方は、そちらを見て判断するのが良いでしょう。

蜜色ミルクホール (ホットミルクコミックス)蜜色ミルクホール (ホットミルクコミックス)
(2008/11/10)
智沢渚優

商品詳細を見る


★「智沢渚優」センセの漫画紹介記事
 [蜜色に溶ける欠片] 
 [蜜色の刻印] 
 [蜜色幼辱館] 
 [蜜色幼夢淫] 



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】



tag : ラブコメ ツインテール ショートカット スワッピング アンダーヘア

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。