FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■恥ずかし女 (いのまる)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・調教
・おまけ: あとがき、加筆・修正あり。
・その他: カラー(6P)、短編×7
      (うち「絵里子先生シリーズ」×2)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「いのまる」センセの「恥ずかし女」です。

他の漫画でも目立つものがあったりして、どれにしようか迷いましたが…やっぱりこれかなぁ。
そんなこんなで、「いのまる」センセの2冊目「恥ずかし女」です。
メイン中編と短編という構成で、各話ともページ数が多いため話数は7であるもののボリュームありました。
万人に好まれそうな絵だったので、あとはお話が問題なければオススメな単行本です

普段の「絵里子先生」
※普段の「絵里子先生」
 こんな感じなのでした。授業受けたいですね。

↓表紙などを飾っている、収録のメイン連続話「絵里子先生のお仕事」、「絵里子先生の想い出」、「絵里子先生のお散歩」、「絵里子先生の帰還」という絵里子先生シリーズ。
「絵里子」先生は英語教師で水泳部顧問。
付き合っている生徒「周平」くんがいるクラスでの授業は、普段の厳しさ・冷静さが失われ、ちょっと可愛らしい感じなのでした。
ある日、交通事故に遭いかけた「絵里子さん」は、通りすがりの「加藤弘司」に助けられます。
しかし、その衝撃によって付近の記憶一切を失っていたのです。
「弘司」によって”夫婦だった”と告げられた「絵里子さん」は、言われるがままに様々な事をさせられるんですが、記憶は戻らないままだったのでした。
だいたいそんなお話。

初単行本「Indecent」にも収録のあるらしい、絵里子先生シリーズ続編。
帯に「これで完結か!?」とか曖昧な感じで書かれていましたが、まだ続きそうなラストでした。
どうなんでしょうねー。

職業が教師という「絵里子さん」
収録の1話目「絵里子先生のお仕事」では、定番的な”見つかっちゃうかも”という学校内えっちで、競泳水着姿がポイント。
普段の凛とした表情が「周平くん」によってとろとろになってしまうのがいいですねー。
王道な漫画で、非常に立派な胸をお持ちであるなど、設定としてもスタンダード。
このまま学校内外にて色々なシチュエーションを描くのでもいいと思ったんですが…2話目「絵里子先生の想い出」より、ストーリーの方向は大きく変化していくのです。

教師「絵里子さん」
※教師「絵里子さん」
 右はぎりぎりなカットです。 何があったんだ!?

記憶を失った「絵里子さん」は助けられた男性に”夫婦であった”という偽の情報を与えられてしまいます。
そちらから調教ちっくな展開となり、各種コスプレから↓表紙のようなエロ水着、果ては露出に首輪での手錠だの複数だの、どんどんエスカレートしていくのでした
これがちょっと意外。
教師という基本設定をリセットしているため、かなり話の幅が広がっていると思いますが…反面、そっち系が好みだった方には微妙な流れ。
ほぼ”同キャラの別漫画”っぽくなってましたからね。
曖昧な記憶と不安さがため、表向きな強さもすっかり失われておりました
明らかに過激さは増しているものの、ひでるさんはやっぱり教師「絵里子さん」のギャップが良かったなぁ。
ただ、3話目「絵里子先生のお散歩」での他人に見られた際の反応とか、恥ずかしいことをされながらも頑張って夫に従おうとする様など、「絵里子さん」の本質が描かれておりました。
特に4話目「絵里子先生の帰還」にて、”ある事柄から”疑問を持ち、それが絶望に変わる心理描写が秀逸でした。

※本編をまだ読んでいない方のため、以下は反転しておきますね。
そうした絶望に包まれる中、複数にまぎれていた「周平くん」のえっちによって記憶を取り戻す展開。
そして救出劇に至るまで、無理なくハチャメチャさもなく、ある程度自然だったのがお話の完成度を高めていると感じました。
ラストから4ページ前あたりの記憶が戻るコマは、やや唐突で不要な気もしましたけれどね。
再会後に「周平くん」とのトロトロえっちが次の話になると思うので、ぜひ続編を期待したいところでした。
ここまで。

チャットのお姉さん、漫研部長
※左:チャットのお姉さん、右:漫研部長
 地味目な容姿ながら、なかなかよいモノをお持ちな部長さんです。

眼鏡の漫研部長のコスプレえっち話「みんなの部長」
こちらも競泳水着なんですね。
ある意味似合わない(笑)、ふりふりなメイド姿でのえっちも見たかったです
「窓の中」はカラー原稿もある、ライブチャット短編。
ちと先が読みやすいかなぁ。
中盤のサスペンスちっくなあたりはひでるさん好みなんですが。
なお、カラー部分はシマパンだったりして、サービス満点でした。
剣道部のエース「涼霞」さんの「モンキーホラーショー」ですが、できれば道場内にて「絵里子先生のお仕事」のようなエピソードのが良かったなぁ。

丁寧な強い線のすっきり系絵柄。
黒が強く、複数人数ネタも多いため。ごっちゃりとして全体的には濃いのです。
しかし乱れは少なく、バランスに優れた絵柄なので安定して、見やすくなっておりました。
凛々しい姉さん系など、絵の巧い方ですね。
まとまり良く、現状でも全然問題ないとは思いますが…できればもうひと個性ほしい気もします。
「いのまる」センセならでは、ってのがあればよりいいかなぁ。
昨日に続いて「ティーアイネット」さんの単行本なので、裏表紙のカット絵が判断の助けになります。
カラーよりも白黒絵のが味あって刺さると思います。

恥ずかし女 (MUJIN COMICS)恥ずかし女 (MUJIN COMICS)
(2008/11/01)
いのまる

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : 競泳水着 コスプレ サスペンス ティーアイネット

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。