FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■七色唐辛子 (唐辛子ひでゆ)

★まんがデーター [9/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■□□□
・独創性:■■■□□
・属性 : 成年・和風
・おまけ: あとがき・作品解説、カバー裏に別絵、
      描き下ろし「ほっかほか金時」
・その他: 初単行本、カラー(4P)、短編×9
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「唐辛子ひでゆ(とうがらし・ひでゆ)」センセの「七色唐辛子」です。

店頭で最も目立っていたのはこちらだったかなぁ…。
和服・緊縛・花という取り合わせはなんとも筆舌にし難い、心を揺さぶられるものがありますね(笑)
…ただ、きのこまで突っ込まれているとは思いませんでしたが。

さて、こちらはゲーム原画とかイラストなどでも活躍されている「唐辛子ひでゆ」センセの初単行本。「七色唐辛子」です。
明るく楽しいお話の短編集。
かなりコメディーに傾倒していく、軽いエピソードが多く収録されておりました。
絵柄と合っているかもしれませんが、いまいちひでるさんには刺さりませんねぇ。

華道部「野花さん」
※華道部「野花さん」
 これは序ノ口。この後は大変なこととなります(笑)

↓表紙の女の子「野花」さんが登場する短編「錦上添花」
華道部の「野花さん」は、ちょっとアブない先輩「御手洗」のことが好き。
意を決して告白するんですが、先輩の反応は…とだいたいそんな感じ。

冒頭でえっち妄想している「野花さん」なんですが、しっかり縛られておりました。
せめて想像中では素敵に…ということもなく、先輩のイメージを正確にとらえてます(笑)
キミの体を自由にしてイイということかい?
という告白の返答からも、そんなんが伺えるでしょう。
当人も考えていましたが、果たしてコイツのどこが良かったんだろう??
そんな感じに、登場している男性「御手洗」が、かなりはっちゃけたコメディーなのでした。
和服姿の女性を縛ったり、華道と絡んでいたり、漏らしたり…。
もし、これがしっとりとした感じだったなら、下手すると(←なんのこっちゃ)好きな系統だったかもしれません。
せめて、きのこは除いてほしかったなぁ。

そちらの流れか、他収録の短編でも和風っぽい味付けがあちこち見かけられました。
ちょっとシリアスな部分もある、剣道場での短編「あなたに免許皆伝」
お話としては前時代的な、よくあるパターン。
ですが、ポニーテール・道着姿というヒロイン「月並冴」さんがそのまま可愛らしかったです。
(※前折り返し部分では、全裸に胴と籠手という格好。わぉ!)
脱がしているシーンを見ると…もしかして「冴さん」はいつも下着つけてなかったの?

美空さん、村上さん
※左:美空さん、右:村上さん
 矢絣な2人です。こんなんにぐっときた方はいいでしょう。

明治・大正時代っぽい矢絣(やがすり:あるいは矢羽根模様)のお召・袴という服装のヒロインが登場する、「節切の丘」、「股の教室」の2話。
うち、「節切の丘」はちょっといい話。
受け止めて胸を触ってしまうのはお約束ですが、そこから安易にえっちシーンへ流れなかったのは正解だと思います。
最中にてありました、「旋回しまーす」がなんだか妙に良かったです。
四十八手の授業をする「股の教室」
こちらは「花咲け!おとめ塾/陸乃家鴨」のようなネタですね。
(※短編ということもあり、お話としては遠く及びませんが)
眼鏡なヒロイン「村下ちえ」さんよりも、ツインテールな「氷上」さんのがキャラ的に目立っておりました。
誰だっけ?
とか、覚えていなかったのは確かに酷いですが、その後フォローもないままばっさりと終わったのが残念。

姉弟の近親系「ねえちんとオフロ」
実際に姉がいない者にとって、憧れなシチュエーションですね。
どの年齢までそれが許されるのか知りませんが、漫画での姉「熱湯実」さん、弟「建湧」くんは親公認で一緒に入っておりました。
後半ではなかなかハードなことまでやっており、オチが納得できる展開です。
ちなみに、「熱湯実さん」が後折り返し部分でしたが、紹介帯がちょうどいいラインだったので、着脱で絵が変化するとか、遊んでほしかったところでした。

冴さん、熱湯実さん
※左:冴さん、右:熱湯実さん
 ポニーテールな2人は共に折り返しを担当していました。

ほか、そんなアホな、という馬鹿話「キミはたくましい像」、一攫千金・芸能界進出を夢見る「しまちゃん」「みえちゃん」の「Girls Be Ambitious!」、宇宙船でのウィルス話「Fuck or Die」が収録されております。
うち「Fuck or Die」はリーダー格の「聖子」、幼馴染み「アリス」、密かに想っていた「千奈美」の3名にて、生き残るためにもっとドギつく争ってほしいところでした。

強めな線のすっきり絵柄。
濃淡は適度ですが、比較的ごっちゃり描かれる方で、ページは賑やか。
ほぼ個性を確立しており、全体的に安定感ありましたが、引き絵などにて力が抜けたようなコマもありました。
大き過ぎない縦長目と、ホームベースな輪郭が特徴。
キャラの表情や人・物などのバランス感覚まで、決して下手な方ではないものの、損をし易い作画の雰囲気があります。
カラーでも大きく変化はしないので、↓表紙・裏表紙での判断で問題ないでしょう。

センセは袴がお好きなようなので、次回とかはそっち系だけで押してもいいかなー、と。
また、コメディー描写がやたら目立っていたんですが、こちらは読み手によって良し悪しだと思います

七色唐辛子

七色唐辛子 (セラフィンコミックス)



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : コメディー ツインテール ポニーテール ゲーム原画

comment

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。