FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■よい娘のおもちゃ箱 (ののるみあ)

★まんがデーター [14/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■■
・属性 : 成年・ラブコメ
・おまけ: あとがき、作品コメント、
      ゲストページ、カバー裏に別絵、
      描き下ろし「おもちゃの国小劇場」
・その他: とじ込みポスター(カラー両面)、
      カラー(8P)、短編×11(うち「私の~様」×2)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ののるみあ」センセの「よい娘のおもちゃ箱」です。

どちらにしようか迷いましたが、やっぱりひでるさんが好きな「コアマガジン」さんの単行本から。
ブログを書くにあたってアマゾンで検索したら、過去に紹介しておりました「紅蓮紀」が並びました。
もしや!と思って調べたら…「武若丸」センセの別名義でしたね。
うっかり初見とか初単行本とか書きそうになっていましたよ。

…しかも、自分の過去記事を見たら、
”こちら、「ののるみあ」というお名前で男性向けも描かれているという、「武若丸」センセ。”
とか、しっかり書いておりました。
日々順調に記憶が欠落していくひでるさんです(笑)

そんな訳で、「ののるみあ」センセの初成年系単行本「よい娘のおもちゃ箱」です。
ちと絵柄の個性が強い方ですが、楽しいラブコメ単行本に仕上がっておりました。
(※一部はシリアスでしたが)
オススメです。

執事「誠一郎」くんとお嬢様、宮子先生
※左から、執事「誠一郎」くんとお嬢様、宮子先生。
 こちらの「宮子先生」が良かったです。女剣士のコスプレはしたのかなぁ。

収録では唯一の連続話「私の執事様」、「私のメイド様」
こちらは子供の執事「誠一郎」くんと、彼よりちょっと年上な、わがままお嬢様のお話です。
出会いから初えっちまでを描いた「私の執事様」
当初はいかにも子供っぽい雰囲気でしたが、コマを重ねる毎に大人っぽくなる「誠一郎くん」
なかなか有能でしかも我慢強く、お嬢様の言いつけをしっかりと守っておりました。
そうした彼が、逆襲するような展開はちょっと意外でしたね。
えっちシーンでも年上のお嬢様を優しくリードしていましたけれど…こいつ何歳なんだろう?

その続編「私のメイド様」は、執事「誠一郎くん」に対抗意識をもったお嬢様が、メイドとして頑張る流れ。
あとがきにあった、”2人の掛け合いが描いて楽しい”というのが実感できる、楽しいラブラブ話となっておりました。
声を出さないよう、スカートの裾を咥えるお嬢様の描写が可愛らしかったのです。
なお、こちらでは放尿描写もあったんですが、2コマ程度で軽く流されてしまったのが、ちと残念。

コスプレをする可愛らしい男性「工藤」くんと、普段は男勝りな女の子「桃枝」さんという、異色なカップルの短編「みついろメイト」
外で見せている強さとは裏腹に、実は乙女ちっくで”可愛いものが大好き”という「桃枝さん」
パッと見とは違い、「工藤くん」にラブラブ・メロメロなのでした。

…以上の3話は、”不器用な彼女を献身的に見守っている優しい男性”という感じですね。
どれも、いかにも女性が好みそうな、特徴的なシチュエーションだったと思います

絵を描くことが趣味の「椎名」くん。
彼には「宮子」先生という憧れの人がおり、いつもモデルにイラストを描いていたのでした。
テスト中、ふと先生に見とれてしまった「椎名くん」
答案用紙の裏に、いつものように先生を描いてしまうんですが、そのまま回収されてしまったのです。
その後、「宮子先生」から生徒指導室へ呼び出された「椎名くん」は…。
だいたいそんなお話が「うら -reverse-」です。

うん、あんな先生がいたら、ひでるさんも答案用紙の裏へイラストを描き込みますよ。
モデルとかは置いといて、”テストの空き時間に絵を描いて遊ぶ”というのは、おそらく経験ある方も多いでしょう。
描いたイラストそのまま、セーラー服を着て待っていた「宮子先生」は、なかなかノリ良い素敵な方
漫画中では、完全に生徒「椎名くん」を襲う側でした(笑)
こちらの後日談が描き下ろし「おもちゃの国 小劇場」にありましたけど、ぜひ続編を見たい2人ですね。
セミロングの髪とカチューシャの組み合わせも最高です。

美羽ちゃん
※美羽ちゃん
 こんな妹はどうでしょう?

↓表紙を飾る「美羽」ちゃんの「にぃにが一番!」は兄妹な近親系。
どこか頼りない、犬ちっくな兄と、金髪・ツインテールで女王様ちっくな妹「美羽ちゃん」というカップルです。
漫画としては単純えっち話。
なんですが、性格から外見まで特徴的で非常に刺さり易いキャラ設定によって、ぐいぐいと牽引する短編に仕上がっておりました。
ちなみに、「美羽ちゃん」が兄を呼ぶ呼称が、タイトルにもなっている「にぃに」なのです。
そう言えば、「Groove Tube/けものの★」に登場していた史上最強の妹「メグちゃん」は「にいちゃあ」でした。
皆さま色々と考えますね。

最も古い原稿という「CLOSE」も兄妹の近親モノ。
先の「にぃにが一番!」とは異なり、退廃的な空気の漂うアブない短編になっておりました。
ついでなので。
こちらの妹「アンナ」ちゃんは、「おにいちゃま」という呼び方でした。上品なのね。

収録の「お嫁さんごっこ」、「drops」、「保健室でおっきくなぁれ」の3話は、実はロリ系短編でした。
ちょっと意外。
うち「お嫁さんごっこ」は、「千夜」ちゃんとのおままごと漫画です。
もぅ、そっちの知識あるならば、早く言ってくれればいいのに…。
うっかり恥ずかしい思いしなくて済んだかもしれませんね。
しかし、”その歳でごっこ遊びはおかしい”、というような台詞ありましたが、「千夜ちゃん」はいくつなんでしょう?

千夜ちゃん、ひみこちゃん
※左:千夜ちゃん、右:ひみこちゃん
 ちゃんと付き合う男性らは大したもんですよ。

家庭教師をしている生徒さんの妹「ひみこ」ちゃんとデートするお話「drops」
これは試着室でのえっちなんですが、
ひみこ一人じゃお着替えできないの!
ということで、そちらへ呼ばれる展開が見事でした。
また、なにげにこちらの漫画は、えっち前後のコメディー描写が楽しかったです。
カラー原稿もあるので必見。

ロリ巨乳な小学生「みよ」ちゃんと先生の「保健室でおっきくなぁれ」は8ページのショート短編。
描き下ろし部分にて、さっきの「ひみこちゃん」と姉妹であるという、衝撃な設定(笑)が披露されておりました。
4名で続編とかあったら、これまた面白そうですね。
見てみたいなぁ。

ほか、体育祭にて彼氏の専属チアガールをするシマパン「亜美」ちゃんのラブラブ話「My Cheer Angel!」、縄抜けできない「おミツ」ちゃんの「恋は忍んでっ」などが収録されておりました。
そちらの「おミツちゃん」はくのいちと呼ばれていましたが、のんきな感じはお庭番という単語のがしっくりときます。
せっかく縛ったなら、ぐるぐる巻きにしてほしいところでしたけど(笑)

強い線と各種処理によって、全体こってりとした作画。
描き込み激しく、線があちこち入り乱れておりました。
横幅が広く、きらきらとした目が特徴の少女漫画ちっくなキャラ絵です。
変形コマ多く、またそれを頻繁にぶち抜くあたりもそんな雰囲気。
コメディーからえっちシーンまで巧い方でしたが、非常に癖も強く、はっきりと人を選ぶだろう作画でした
判断には、↓表紙よりも裏表紙のがオススメです。
紹介帯には漫画カットもありましたので、参考になるでしょう。

百合姫コミックスもいいんですが…やっぱりこちらのが刺さりました。
描き下ろしページも非常に良かったので、次巻が楽しみです。

よい娘(コ)のおもちゃ箱 (ホットミルクコミックス 276) (ホットミルクコミックス 276)よい娘(コ)のおもちゃ箱 (ホットミルクコミックス 276) (ホットミルクコミックス 276)
(2008/10/10)
ののるみあ

商品詳細を見る


※「ののるみあ」センセの専用紹介ページがありました。
banner03



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ コメディー コスプレ ツインテール コアマガジン カチューシャ 少女漫画 百合姫コミックス

comment

Secret

どうも

ありがとうございます。
まぁ、いつまで続けられるか分かりませんが頑張りますね。


うわぁ。
そういえばすっっかりニュースやってなかったですね。
なかなかそちらまで手が回らなくて…。

流石です

イヤ、感服です。私も、エロ漫画大好きですが、貧乏なので単行本は慎重に吟味してから購入してます。気になる作家は雑誌の掲載作品に目を通してから考えるのですが、何せ雑誌の種類が半端ではなく、コンビニ系雑誌まで目が行き渡らないもので…(汗笑)。目当ての作家が中々執筆しなくて作品本編のクオリティが確認出来ない等、どうしても的が狭くならざるを得ないのです。Amazonレビューも、痒い所に手が届かない事が多く…。そんな中でひでる様のサイトに出会えて良かった。
最近は更新されてない様ですが、ニュースカテゴリーも少し拝見させていただきました。ひでる様の熱い想いが伝わり、感動してしまいました。貴方の様な方が、世界に誇る日本の文化を支えていらっしゃるのですね。
失礼な表現になりますが、敢えてこう言わせてもらいます。
「あんた最高だよ!」
また長ったらしいコメント送ってしまうかもしれませんが、応援させていただきます。

そりゃーもう

たくさんありますよー。
まともに書くとだいぶ長くなるの省略しますが。

単純に名前だけ書きますと、「秋葉凪樹」センセ、「あるぴーぬ」センセ、「いとうえい」センセ、「内村かなめ」センセ、「えのあきら」センセ、「陸乃家鴨」センセ、「尾崎未来」センセ…延々続く。

なるほど

では、ひでる様が愛蔵している成人漫画の旧作(10年以上前)は有りますか? また、『まんがさんぽ』内で紹介された作品の中で、今後も長く手元に置かれそうな愛読作品は有りますか?

ありがとうございます。

マリアさん、コメントありがとうございます。
はい、最近はあちこちで言われるようになった”漫画文化”にも、定番作品と共にぜひ成年漫画なども加えてほしいと願っています。
本当に。
中には非常に完成度の高いものだってありますよね。
(まぁ、表立って堂々と掲載し辛いとも理解してますが)
「アップルトン」センセの漫画は知ってますよー。
知っている漫画家さんが亡くなられたと聞き、非常に衝撃的でした。
どちらかを買って読んでいます(うる覚え)が、現在手元にありません。
今のところは戻る予定ないので、レビュー予定もないです。
すみませんー。

凄いですねぇ

貴殿の漫画レビュー、凄い数ですが、コレ皆購入しとるんですか? 2時間程見渡して、共感出来る作品に辿り着いたのでコメントです。女流エロ漫画作家、イーですよね。エロスへのアプローチ、感性が独特で。特に ののるみあ氏の作風、画風は繊細で、最早エロ漫画である前に芸術です。
さて、ひでる様は他の作品レビューに対するコメントに対して、「昨今のエロ漫画は、ポルノ書籍の枠を越えて、読み物として成立した作品が見受けられる」という様な旨の回答をなされておりましたが、アップルトンというエロ漫画家を知ってますか? 貴殿のサイトに於いて紹介されていなかったので。
アップルトン氏は、単行本3冊を出した段階でお亡くなりになられた人ですが、私は氏の作風が大好きです。
漫画界への造詣深いひでる様に、アップルトン氏の作品がどう映るのか非常に興味深いのであります。Amazonマーケットプレイスでも手頃な価格ですし、是非レビュー願います。無論、そのレビューに関して下手なツッコミは不要、静かに拝見させていただく所存です。
QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。