FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■KITE LIBERATOR (小宮利公)

★まんがデーター [9/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■□□
・属性 : アクション・暗殺者
・おまけ: あとがき・ラフ絵。
・その他: 初単行本、折り返しにコメント・「梅津泰臣」さんイラスト、
      1巻完結(全6話)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「小宮利公(こみや・としまさ)」センセの「KITE LIBERATOR(カイト リベレイター)」です。

”カイト”と言えば…ゲイラか「梅津泰臣」さんの「A KITE」ですよね。
そうした闘うヒロインのお話ならば、やっぱり「ヴァルキリーコミックス」しかないでしょう。
…と、いうことで、シリーズにてそちらの漫画版が発売されておりました。

新たなお話「KITE LIBERATOR」です。
どうやら原作OVAあるようでしたが、アマゾンを見る限りなかなか厳しい雰囲気
ううむ。
とりあえず、単行本については普通に面白かったですよ。

日常の百南花さん
※日常の百南花さん。
 実はメイドちっくな格好でバイトしていたりするのです。

主人公「野口百南花(のぐち・もなか)」は、ちょっとドジっ子な眼鏡の女子高生。
しかし、その正体は裏世界で名の知れた暗殺者”死の天使”だったのです。
従姉妹「野口愛月(のぐち・あづき)」の家に居候する「百南花」は、深夜に「アポロ」という飲食店でバイトすることをカモフラージュに、裏の仕事を淡々とこなしておりました。
さて、その「愛月」が連れていた新しい彼氏「橘望」にも、ちょっとした秘密があったのです…。
だいたいそんな話。

漫画版は自由にやらせて頂いた~
…という「小宮利公」センセのコメントにあるように、原作とは異なるストーリーになっているみたい。
収録では、周辺紹介の1話、設定を固める2話がブツ切りの短編形式。
続く3話以降は、それぞれキャラに因縁ある刑事「深山鏡香」が登場し、連続話っぽくなっておりました。

メールにて依頼が飛んできているところから、どこぞの組織と繋がりあるようなんですが…殺人現場はほとんどそのまんま。
暗殺時には眼鏡を外し、髪型も変えていましたけれど、これまたほとんど素顔のまま。
(※かなり雰囲気が違っているためか、もともとの彼女を知った人間でも気付いていませんでしたが)
こりゃ、そのうち露見して、逮捕されちゃいそうですねー。
だいたいラストでも、~~~(秘密)~~~でしたし。
色々と語られてないだけなのかもしれませんが。

裏の百南花さん
※裏の百南花さん。
 直接えっちはありませんが、こんな感じ(右ね)はそこそこあります。

また、義父、友人など周囲の方には恵まれている「百南花さん」
なにゆえ、そんな彼女が暗殺者なんてやっているのか疑問。
ほかにも、いかにして技術を習得したとか、拳銃から弾丸まで備品・消耗品がどこから出ているとか、裏の仕事でできた傷や怪我をどう誤魔化しているのか…などなど、あちこち気になる部分がありました
このあたりは、前作「A KITE」の方が説得力あったかなぁ。

まぁ、基本的にはそうした細かい突っ込みせず、ガンアクションとちょっとえっちっぽいサービスシーンを楽しむのが正しい読み方でしょう
凄腕で知られる「百南花さん」
銃さばきは無論のこと体術も優れており、男性相手にスカートのままパンチラも気にせず闘っておりました。
かなり強いんです。
がしかし、2、3話では言葉が頭に引っ掛かっていたことから、ピンチになったりしておりました。
そうなんです、この娘は案外精神面が歳相応(?)にもろく、それがためかけっこう危機的な場面が多いのです。
逆に言えばサービスシーン頻繁で、たびたびえっちなことをされかかっておりました。
ここの設定はこれで正解だと思います(笑)
でも、単なるエロ教師ごときが銃を構えた殺し屋に向かっていくというのは、ちょっと違和感ありましたねー。

独特な「梅津泰臣」さんの絵とはだいぶ異なって、漫画らしく可愛らしい絵になっております。
ラブコメちっくな日常シーンと差があり、表裏のメリハリになっておりました。
濃淡では濃い目で、基本あちこちはしっかりと描かれているものの、ちょくちょく微妙なコマがあります。
アクション、サービスという重要な両シーンにてバランスの悪い箇所があり、たいへんに惜しい出来栄え。
うーん、パンチラなどの描写については、もう少しえっちに描いてほしかったですね。
判断には、↓表紙・裏表紙、紹介帯があればそちらに漫画カットがありましたので、参考にするのがいいでしょう。

ちょっと厳しく書きましたが、「ヴァルキリーコミックス」のシリーズとしては、成功した部類だと思います。
1巻完結という長さも適度なものでした。
↓表紙みたいな感じが刺さったなら、間違いなく楽しめるでしょう。たぶん。

カイト リベレイター (ヴァルキリーコミックス) (ヴァルキリーコミックス)カイト リベレイター (ヴァルキリーコミックス) (ヴァルキリーコミックス)
(2008/09/30)
小宮利公

商品詳細を見る



※こちらが原作。厳しい意見が多かったです。
KITE LIBERATOR 限定版KITE LIBERATOR 限定版
(2008/03/21)
不明

商品詳細を見る





★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : アクション 梅津泰臣 ヴァルキリーコミックス パンチラ ラブコメ

comment

Secret

どんどんは…

新川すぐるさん、コメントありがとうございます。
なかなか更新がしんどいので、どんどんはさすがに。
時間あれば、なんとかなるんですけどねー。

はじめまして。

いいブログですね。応援してますのでどんどん更新してください。僕のブログは気悪くするかもしれないので、あまりおすすめできませんが。また見に来ますね。
QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。