FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ユメごこち (出縞臣)

★まんがデーター [10/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■□□
・属性 : 成年・お尻
・おまけ: 作品解説、カバー裏に別絵・日常漫画
・その他: カラー(8P)、短編×10
      (うち「由芽ちゃんシリーズ」×2、
      「アイちゃんシリーズ」×2、「ナイショの~」×3)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「出縞臣(でしま・しん)」センセの「ユメごこち」です。

柔らかい色彩と、肉付きの良いむちむちとした雰囲気で↓表紙はなかなか目立っておりました。
えー、正直なところ、真っ先に目に飛び込んできたのは昨日の「あったかく、して。」ではなく、こちらなのです。
雰囲気も断然明るいですしね~(笑)

さて、そんなこんなで「出縞臣」センセのたぶん2冊目という単行本「ユメごこち」です。
ちょろちょろと連続した話が中心の単行本で、雰囲気そのまま明るいエピソード群でした。
基本としては、”男子のこっそりとした欲求を察し、自らえっちに誘うヒロイン”という感じかな。

タイトルに”ゆめ”のつく、表裏両面から中表紙までを飾っているヒロイン「由芽(ゆめ)」ちゃん連続話。
切っ掛けとなる「モモ・ゆめ」
中学の頃から好きだった「比野日向」くんに、告白した「由芽ちゃん」
見事承諾されたんですが…続いた台詞は「せっくすしてもいいんだよね?」という、正直なものでした。
だいたいそんなお話。

由芽ちゃん
※由芽ちゃん
 なにげなく、ブルマを直すシーンがありましたので掲載しました。こんなんどうです?

やたらむちむちとした「由芽ちゃん」のメロメロっぷりを堪能するラブコメですね。
いまにも母乳が出そうなほどの胸描写がえっちなのです。
1話目「モモ・ゆめ」では放課後の教室にて。
言葉から察するところ、あれが初めてのことではない様子。
そんな訳でだいぶ慣れた感じでしたけれど…いかにも反応良かっただろう1回目のえっちが描かれていなかったのは残念ね。

2話目「チア・ゆめ」では、↓表紙のようなチアガール衣装でのえっち。
派手で露出が大きいため、どっちかと言うとあれはキャンペーン衣装みたいですね
ちなみに、ブルマは赤でない方が良かったかなぁ…まぁ、白黒だと分かんないんですけど。
全校生徒がいる壮行会にて、ステージ後方のカーテン裏でのえっちでした。
出番が待っているというのもあるんでしょうけれど、ちゃんと脱がさずしております。
散々だめだめ言いながらのパターンはいいんですけれど、ものすごく普通に声を出しているんですねー。
ありゃ、絶対にバレていると思います。
できれば、もっと声を殺した描写がほしかったなぁ。
ついでに、ボンボンの描写が微妙なの。

ラストの3話目「ボクノゆめ」では、無言のえっちサインを見極める「由芽ちゃん」が描かれておりました。
ほぼ流れそのままなラブラブえっちで、あまり力が入り過ぎない展開は良かったですね。

そちらのラストにて「デパートの更衣室とかあるじゃない」とか言っておりましたが、そんなんが実現したお話が「ナイショの~シリーズ」
クラスでは真面目で通っている「芹沢アイ」ちゃん。
いつからか放課後の廃校舎にて、独りえっちすることが日常化していたのです。
しかし、ある日クラスメイトの「橋元サトシ」くんに目撃されてしまうのでした…。
そんなんが「ナイショのホウカゴ」

て…手伝いなさいよ…
ということで、”独りえっちを見られてしまった「アイちゃん」が逆に脅しをかける”という、なかなか面白いパターンなのです。
なにしろ、秘密を守ると誓って立ち去ろうとした「サトシくん」をわざわざ呼び止めていましたからねー。
言われるがまま、従っているのが悲しいですよ。
歯切れ悪いとか評されていたそのまま、こちらでは完全に「アイちゃん」の独りえっち延長な感じでした。

紗智さん、アイちゃん
※左:紗智さん、右:アイちゃん
  こうした、自ら胸に手を導く様というのはぐっときますね。

続く「ナイショのカンケイ」
秘密を共有した彼を巻き込む2話目でも、完全に「アイちゃん」が主導権を握り続けております。
ただ、だいぶ気を許してきているようで、彼女の家に誘われるパターンなのでした。
ちなみに、いつの間にか呼び方は「サトシくん」と変化しております。(※「サトシくん」は「芹沢さん」で変化なし)

後半で恋人宣言をして、お休みの日にデートへ出掛けるエピソードが「ナイショのオデカケ」
もう内緒じゃないと思うけど…まぁいいか。
遂に彼の呼び方も「アイちゃん」へと変化しておりました。
そうした、不意な出会いからカップルになっていく展開は良いと思います。
先程の試着室えっちがあり、カーテン一枚越しにお客さんがいるんですが…やっぱり普通に声を出しているんですねー。
そんな訳で、ドキドキ感はありませんでした。残念。
せめて口に手を添えるなどの絵がほしかったです。
また、この連続話は収録で最も古い原稿で、他と比べるとやや不安定な線でした。

兄妹の近親系連続話「けなげナ」、「たくみナ」
兄「智矢」くんと妹「紗智」さんのラブラブ…というよりはえろえろ話ですね。
夜まで二人っきり…だね」とか言っている「紗智さん」
もともと知識だけをパンパンに詰め込んでいたようで、ここぞとばかりに「智矢くん」をえっちへ誘っておりました。
普段の、胸をのせてきたりする描写が素敵なんですが、手を出させるべく焦らすという、こちらも「紗智さん」が主導権を握っておりました。

同じく兄妹の近親系な短編「いもうとまっサカリ」
妹「愛理」に独りえっちを目撃されてから、夜半に身体を見せ合うようになっていた兄妹は…というお話。
次々にエスカレートしており、詳しくは書きませんが…広げて自ら押しつけてくる様がえっちでした。

留学生「ユミ」こと「椎原・ユミ・ランプレヒト」との短編「STAY STEADY」
折り返しによると彼女は金髪のようですが、白黒絵だといまいちそれが表現されてないかなー。
何気にシマパンだったりするんですが、わずか1ページだけで脱がされてしまいました。
できればもう少し引っ張ってほしかったなぁ。

くっきりとした強い曲線の可愛らしい絵柄。
適度な濃淡とバランス良い、安定した作画でした。
ページの半分ほどを占めたりする、大きめな絵が多く、迫力があります。
また胸もそうですが、特にお尻の豊かな曲線が目立っていました。(※漫画帯もお尻のアップでしたね)
楕円な目と幅広な輪郭で、肉付きの良い、ぽってりとしたスタイル。
えっちではあるんですが、各ヒロインは爽やかで健康的なのです。
男女とも変化少なく、やや描き分けは厳しめ。
大まかにはカラーでも変化ない系統なので、↓表紙の判断で問題ないでしょう。
漫画帯があるなら裏にカット絵があるので、そちらで確認するのも良いと思います。

ユメごこち (メガストアコミックスシリーズ No. 185)ユメごこち (メガストアコミックスシリーズ No. 185)
(2008/09/19)
出縞臣

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ラブコメ チアガール

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。