FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■満開乙女 (めいびい)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・ラブコメ
・おまけ: あとがき・あとがき占い、加筆・修正あり、
      カラー描き下ろし「なつおとめのつづき」・他、
      カバー裏に作品(キャラ?)解説。
・その他: カラー(16P)、短編×11
      (うち「なつおとめ」×2)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「めいびい」センセの「満開乙女」です。

月末で業務がかなり押したため、昨日は力尽きてしまいました。
新しい記事を期待された方、すみません。
本日もさして状況に変化なかったんですが、しっかり書店へは行ってきました(笑)
時間も遅かったので、あるいは完売になったのがあるかもしれませんが…新刊でメイン扱いされていたのがこちら「めいびい」センセの「満開乙女」なのでした。

楠本雪諸
※楠本雪諸さん。
 どうしてもこの絵を掲載したかったのです。こりゃ、ぎりぎりですね。

単行本は2冊目…でいいのかな?
こちらは全て短編という構成で、カラーの描き下ろし部分が連続話になっておりました。
各タイトルに「乙女」という単語のとっついている短編が多いんですが、なるほど登場ヒロインらは皆えろえろながらも、経験少ない方ばかりでした。
そういった、どっちつかずな(笑)のがお好きならば、より楽しめるでしょう。

よくあるメイドロボ漫画を逆手にとったような傑作「俺たちの手でつかむ22世紀」
時は22世紀。
理想のメイドロボを創るべく、毎日研究を続ける博士とその助手「ジェシカ吉岡」さん。
数多くの失敗に疲れ果て、博士はついに倒れてしまいました。
朦朧とした意識の中、助けた「吉岡さん」を自らが製作したメイドロボと勘違いしてしまうのです。
一方、勘違いされた「吉岡さん」ですが、彼を慰めるべくそのままロボットのふりを続けることとしたんですが…と、だいたいそんなお話。

実は収録で最も古い時期に描かれた短編。
最新のものと比べると、かなり雰囲気は異なってます。
しかし、この時点から作画は高レベルに位置しておりましたんで、まるで違和感なく見れました。

お話はコメディー色の強い短編です。
メイドロボを題材としていながら、まだ完成していないのでロボではない、というのがポイントでしょう。
最後の調整、”服を脱がして感度を確認する”というあたりなど、いかにもな感覚が楽しいですね。
特に、えっち途中にあった”キャラクター切り替え機能”の描写は秀逸でした。

ジェシカ吉岡、秋月秋乃
※左:ジェシカ吉岡、右:秋月秋乃
 どうですか、この背後に立つ「秋月秋乃さん」は。この後は絶対に事件起こりそうでしょ?

そちらとは逆に、「仮初乙女」はちょっと恐怖を感じる短編。
虚構の日記をつけ続けるヒロイン「秋月秋乃」さん。
音もなく、いつの間にか背中に立っていたり、普段からはギャップの大きい、やや強引さもあるえっち最中まで、微かな狂気を滲ませておりました
うはー、こんなん背中がぞくぞくっとしますよ。
舞台が田舎町、さらに時間が夜ということも手伝って全体的に暗く、収録ではかなり異質なものとなっておりました。

ちなみに、「処女椿」は明治・大正っぽい、レトロさ漂う短編。
こちらでは怖さはないもののしっとり甘い空気で、やはり収録では特殊な漫画です。
やっぱり和服はいいですよねー。
ラスト部分など、全体のまとまりも良かったです。

冒頭の「なつおとめ」はカラー描き下ろしもある短編。
人一倍汗っかきな「吉沢春香」さんと、その彼「優斗」くんのラブラブ話ですね。
一度は痛さがために拒否してしまった「春香さん」ですが、落ち着いていたためか、頑張ったがためか、2度目ではめでたくえっちできていました。
うまくいって何より。
ちゃんと事前に用意してあったり、終わった後にうっとりした表情で「記念にとっておこうかなぁ…」とか呟いてみたり、なかなか素質をお持ちなようでした。
描き下ろしで続編が収録されているんですけど、案の定パワーアップしていた「春香さん」が素敵。
なお、汗っかきという設定もあるんですが、服がやんわり透けているカラー原稿以外はちょっと分かり辛いかなぁ…。
白黒原稿では、「ゼロの者」センセくらい派手でドロドロにしないと、なかなか伝わらないと思います。

吉沢春香、柊さつき
※左:吉沢春香、右:柊さつき
 スカート上げて風にあたる光景はいいもんです(笑)

眼鏡の塾講師「柊さつき」先生の「乙女塾講師 柊さつき」
最も年長さんで、いかにもえっちっぽい容姿なんですが…乙女という冠そのまま、ウブな女性なのでした。
2人きりに堪え切れず、酒を飲んでしまうのはいかにも年長さんの行動でしたね(笑)
なお、カラー原稿から始まる「盲目乙女ハート」
実はこちらの「楠本雪諸」さんも眼鏡な女の子で、カラー扉を含めて3コマだけ描かれたその顔が良かったんです。
漫画内でほとんどかけていないのには、とある理由があるのでした。
まぁ、よくある王道ネタですけどね~。
他に乗車客がいないからと言って電車内でがつがつ迫るだけでなく、結局その場でしてしまう「雪諸さん」
寝ている先輩のを触ってみたり、ノーブラだったり、絆創膏だったり…と、嬉しい娘さんです。
似ているのが、裏表紙を飾るツインテールな「立原晶」さんの「乙女心オーバーフロー!」
こちらの「晶さん」も告白されただけで、いきなりがつがつと迫ってきておりました。
言った「忠義」くんの台詞「エロ漫画じゃあるまいし」が妙に可笑しいですね。

ほか、みつあみとオデコの可愛い「城下菫子」さんと家庭教師のカップル「桃色みかん」、デート前に全裸で独りプレイをしていた「真理恵」ちゃんは当日風邪をひいてしまい…という「ドキッ・オトメの微熱大作戦」などがありました。
特に「ドキッ・オトメの微熱大作戦」のお見舞いパターンはありがちなものですけれど、じっくり描かれた座薬シーンが見ごたえアリです。
「真理恵ちゃん」の最後の台詞もいいですねー。

濃い線でベタ・トーンのどちらも強く、こってり風味な作画。
大きめの絵に小さいコマが重なるような処理をよくされております。
特に、同構図で3つくらいコマの連続した部分は、まるでアニメーションのように流れて見えました。
スラリとしたスタイルで、リアル寄りな人物絵。
それでいて顔バランス程度が絶妙なため、可愛く描かれております。
各キャラの動きや表情、服装から小物、さらに背景に至るまで、非常に絵の巧い方でした
カラーも白黒絵のいい部分を残したようなもので、良かったです。
↓表紙で問題なければ、間違いなくオススメと言えるでしょう。
なんだか誰かの絵柄と似ているように思って見ていたんですが…それが誰なのかまっったく浮かばず(笑)
まぁ、いいか。

今回収録はラブコメばかりでしたが、全体的に色が暗めなこともあり、サスペンスちっくなネタもよく合うと思います。
「仮初乙女」みたいなのですね。
ヒロインの目が白目とかになると、途端に恐怖感が出るんですよー。


満開乙女 (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)満開乙女 (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
(2008/08/29)
めいびい

商品詳細を見る


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ ツインテール コメディー アニメーション サスペンス

comment

Secret

No title

めちゃエロッ
QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。