FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■アクアドロップ AQUAPLUS作品集 (森田夏菜)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■□
・独創性:■■■□□
・属性 : アンソロジーコメディー
・おまけ: あとがき、描き下ろし漫画(カラーあり)・
      1Pおまけまんが×2、
      カバー裏に「うたわれるもの」漫画。
・その他: 初単行本、カラー(4P)、短編×20(おまけ含む)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「森田夏菜(もりた・なな)」センセの「アクアドロップ 森田夏菜Leaf/AQUAPLUS作品集」です。

今回は久々にアンソロジーな単行本です。
完全なそれ系統では「KNIGHT GAME/楠見らんま」以来ですねー。
たぶん、批評とかではそうそう取り上げないだろう単行本だと思ったので、今回あえてチョイスしてみました(笑)
成年系で残っているのがいくつかあるんですが、えっちなのばかりというのも、ねぇ。

そんなこんなで、「森田夏菜」センセの「アクアドロップ 森田夏菜Leaf/AQUAPLUS作品集」です。
タイトルから分かると思いますが、収録は全て「AQUAPLUS」原作のもの。

カルラ、アルルゥ、ウルトリィ
※だいたい左から「カルラ」、「アルルゥ」、「ウルトリィ」
 ぽふっというのはいいですねー、羨ましいですねー。

短編でおまけっぽいのを除くと、「うたわれるもの」が6話、「To Heart」が3話、「To Heart2」が5話となっておりました。
↓表紙でも割合は半分ですが、ページなどから考えても、大半は「うたわれるもの」で埋め尽くされております。
その3種類を見知っており、特に「うたわれるもの」が好きかどうかがポイントになると思います。
なお、あらかじめ書いておきますが、この単行本を買ったひでるさんは、収録の3作品で「うたわれるもの」のみプレイ。
「To Heart」と「To Heart2」は漫画からの知識と、ネットなどで説明を読んでいるだけなんですね(笑)

さて、単行本では何の解説も説明もないままポンポンと漫画が始まっていきます。
知識あって当然という構成(←当り前か)
そんな訳で敷居は高めなんですが、加えて「森田夏菜」センセがチョイスしたキャラに多少でも愛情が必要、というのもあるのです。
アンソロジーで頻繁に見かける、”特定キャラのピックアップ”がやっぱりこちらでもありました。
(※例「五月病症候群/仏さんじょ」…こちらなどはその典型的な単行本)
このあたりも実に難しく、基本ストーリーとか正ヒロインに思い入れがある方にも、厳しい内容になってしまうかもしれません。
(※実際のところ、あまりいないかもしれませんが)

カルラさん
※お気に入りな「カルラさん」です。
 「トウカさん」を2度ともコメディー絵にしてしまいました。

「うたわれるもの」では、「アルルゥ」が可愛らしく自由に描かれ、「トウカ」がボケ、「ハクオロ」が巻き込まれ役になっておりました。
特に↓表紙にも顔を見せている「トウカ」は、圧倒的な出番の多さで、あちこちボケ倒しておりました。
それでいて、剣を振るうシーン(※蜂に峰打ちとかやってます)はなかなか格好よかったりして。
ちなみに、ひでるさんのお気に入り「カルラ」さんの出番は多めで、ひと安心でした。
原作とおり、余裕ある態度と色っぽさなのです。
可能なら、ちょっとでもシリアスちっくな短編があってもよかったかなぁ…
アンソロジーでは、「内村かなめ」センセの単行本みたいな比率(コメディーとシリアス)が好きなんです。

収録では最も少ない「To Heart」は「来栖川芹香」「来栖川綾香」という来栖川姉妹中心。
本来はメインである「神岸あかり」については、本当に1コマだけの出番でした。
よくありがちな、小さい「マルチ」の登場する短編「HMX-12M」が良かったです。
肩にのせて歩きたいですね。

ひでるさんが最も知識ない「To Heart2」は、「小牧愛佳」「小牧郁乃」という小牧姉妹と「るーこ」さんの短編。
「このみ」、「タマ姉」あたりなら良かったんですが、このあたりの子はよく分かんないですねー。
…というか、委員長は妹さんいたんですか?!
この漫画で知りましたよ。

来栖川姉妹、小牧姉妹
※左:来栖川姉妹、右:小牧姉妹。
 この4名、どんなシナリオなのかまっったく知りません(笑)

特に、冒頭・巻末部分に収録された描き下ろし漫画については、「うたわれるもの」の世界を舞台に他のキャラたちが混ぜこぜになっているというコメディーになっておりました。
他はまーだ良いんですが、ここは知識微妙な人間には、最もわかり辛いネタでしたねー。

…と、色々書かせて頂きましたが、あまり分かっていないひでるさんでも、明るいコメディーを楽しめました
それぞれキャラクターの特徴をよく掴んでおり、またそれをオリジナルのお話にうまく乗っけれていたと思います
3作品が好きな方には、オススメできる内容でしょう。

しっかりとした丁寧な線の、安定感ある絵柄。
ページ全体、各人物、濃淡などそれぞれバランスが適度であるので、非常に見やすくなっておりました。
ジャンル的なこともあるかもしれませんが、コマ割りなどがしっかりしていますね。
大きめな黒目で、すらりとしたスタイルの人物絵です。
コメディー崩しから引き絵に至るまで、無理ない感じに仕上がっておりました。
アンソロジーでは重要な”キャラの判別”についても、まったく問題ありません
癖も薄く、万人に好まれると思います。

ちなみに…ゲーム自体が変わる際には扉があるんですが、短編間では左したの「END」とタイトル文字だけ。
そのため、ぼーっと読むと区切り分からぬまま、次の話に進んでたりします。
こうした単行本は、ほぼ必ずそんなんですよねぇ。

アクアドロップ 森田夏菜Leaf/AQUAPLUS作品集 (IDコミックス DNAメディアコミックススペシャル) (IDコミックス DNAメディアコミックススペシャル) (IDコミックス DNAメディアコミックススペシャル)アクアドロップ 森田夏菜Leaf/AQUAPLUS作品集 (IDコミックス DNAメディアコミックススペシャル) (IDコミックス DNAメディアコミックススペシャル) (IDコミックス DNAメディアコミックススペシャル)
(2008/07/25)
森田 夏菜

商品詳細を見る


※ちなみに↓これらが原作。
うたわれるもの DVD版うたわれるもの DVD版
(2003/12/12)
Windows

商品詳細を見る


To Heart リニューアルパッケージTo Heart リニューアルパッケージ
(2003/06/20)
Array

商品詳細を見る


To Heart 2 XRATED 通常版To Heart 2 XRATED 通常版
(2005/12/23)
Windows

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : コメディー アンソロジー AQUAPLUS

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。