FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■キラ☆キラ (上田キク)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■■
・属性 : 原作ゲームコメディー
・おまけ: あとがき。
・その他: 原作「OVERDRIVE」、
       全て表題(4話+α)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「上田キク(うえだ・きく)」センセの「キラ☆キラ」です。

いや毎日暑いですねー。
色々あって、やや疲れ気味です。
ビジネスマンな皆さまは、だいたい今頃が夏休みなんでしょうかね?
…う、うらやましい。

さて、ぐったりなひでるさんは置いといて、こちらは原作がPCゲームというコメディー「キラ☆キラ」です。
作画を担当されている「上田キク」センセの漫画はこれが初見。
絵柄が好みな系統なので、なんとなーく手にしました。
PCゲームの漫画版で1巻完結というのは、博打要素ありましたが…これがなかなかオススメなのです

「樫原紗理奈」「椎野きらり」「石動千絵」
※左から、「樫原紗理奈」、「椎野きらり」、「紗理奈」、「石動千絵」
 左はお泊りでのネグリジェ姿、右がステージ衣装です。

また一から真面目に部活やるのもだるくてさ…
テニス部をやめた主人公「前島鹿之助(まえじま・しかのすけ)」は幼馴染み「石動千絵」に誘われ、”ほとんど活動していない”という第2文芸部iへ入部しました。
その部室にて、お嬢様の「樫原紗理奈(かしわら・さりな)」、歌のうまい「椎野きらり」と出会います。
まったく別の意味で浮世離れしたその2人は「鹿之助」の持っていたライブビデオに魅了され、近づく文化祭の出し物としてパンクバンドを結成するのでした。
友人「村上」より楽器を借り、人気バンドの一員「殿谷健太」の指導を受けた4名は、3ヶ月後の本番まで練習を重ねるのです。
…だいたいそんな感じ。

原作は成年指定なんですが、やっぱりこちらは一般単行本。
毎度の如くひでるさんはPCゲーム未プレイですが、今後はプレステとか携帯アプリなども予定されているそうです。
へー、人気あるんですかね。
例によって漫画版にはえっちシーンは無論のこと、サービスシーンすらほぼ皆無でした。

…が。

なんでパンクなのかなぁ、と思ってましたが、なるほどそこがコメディーになっているんですね。
可愛らしい女の子らが(半分意味も分からぬまま)過激な単語を連発する様は、見ていて楽しいものです

お嬢様「樫原紗理奈」
※お嬢様「樫原紗理奈さん」
 ひでるさんのお気に入り。左の服はもの凄いこととなってます。

単行本では、車で送り迎えをされているほどのお嬢様「紗理奈さん」
笑顔で「豚野郎」とか言ってみたり、運転手と怪しげなプレイをしたりしておりました。
また身体が弱いという設定があり、儚げな容姿である割には、なかなかのスタイルをお持ちなんです。
大きいですね。
ステージ衣装もセクシーです。

いかにも正ヒロインという「きらりさん」は登場回数多めでしたが、いい娘過ぎてちょっと毒に欠けるかなぁ。
特に3話は彼女の主役エピソードという感じなんですが、もうひと捻りほしい気がしました。
…なんとなく。
緊張のあまり、訳のわからん行動をとるのは面白いんですけど。

また、バンドでは女装している「鹿之助くん」なんですが、2話途中にて語られるトラウマ部分、4話でのモテモテな様が素敵です。
とある理由でヒッチハイクすることとなるんですが、「きらりさん」では止まらなかった車(←「千絵さん」曰く”色気が足りない”とのこと)が、女装の「鹿之助くん」がアピールするとバンバン止まる描写などが最高ですね。
プライドがズタズタになっているだろう「きらりさん」の表情も非常に良かったです。

あうあう、な「きらりさん」
※おまけ:あうあう、な「きらりさん」
 もっとこんな感じを出してもよかったかなぁ。

お話は4話とかなり短いんですが、全体的にまとまった単行本でした。
気になったのは、3話、4話の並びくらいですかね。
前述したように原作は知りませんが、選んだエピソードも適切だと思います。
ゲーム原作の漫画版としては、かなり良質な出来栄えと言えるでしょう
なお、パンク用語辞典などもありましたよー。

かなり絵柄が変わっているんですが、それは大丈夫なのかなぁ。
中扉のカラー絵には、よくある原作絵(※片山真二さん)とのコラボなんですが、同じ服を着た「きらりさん」がまさしく別人のようになっていました。
ただ、決して悪くなっている訳でなく、原作絵は成年ゲームちっく、単行本は漫画ちっくという違いなのです。
ひでるさんとしては、漫画版のが好みです。

しっかりと引かれた、やや強い線の絵柄。
柔らかさには欠けますが乱れは少なく、全体的に安定しておりました。
構図や濃淡などのバランスについては、適度な感じだと思います。
まんまるな黒眼と尖った顎、ばっさりとした髪が特徴。
基本的には可愛らしいキャラ絵ですが、目は比較的小さめ・輪郭は広めということで、爽やかな綺麗さもありました。
できれば、いつものジャンルでも見たいですねー(笑)
大まかには↓表紙ですが、裏表紙にカット絵があるのでそちらが判断にオススメです。

ひでるさんの読後感は”もうちょっと見たいなぁ”でした。
ゲーム未プレイな人間にそう思わせたことこそ、漫画版が成功したと言えるでしょう。
オススメです。
逆にファンの方は…絵柄の違いが問題なければ、ですかね。

キラ☆キラ (角川コミックス ドラゴンJr. 131-1)キラ☆キラ (角川コミックス ドラゴンJr. 131-1)
(2008/08/09)
上田 キクOVERDRIVE

商品詳細を見る


※こちらがゲーム版
キラ☆キラキラ☆キラ
(2007/11/22)
Windows XP

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : コメディー 原作ゲーム ビジネスマン ネグリジェ

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。