FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■キミの瞳に欲情してる[初回限定版] (TANA)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・液体
・おまけ: あとがき、カバー裏にカラーリンク絵、
      カラーイラスト(描き下ろし含む)、
      ゲストページ、小説「楠木課長の憂鬱」
・その他: 初単行本、カラー(20P)、短編×9
      (うち「キミの瞳に欲情してる」×5)
※初回限定版はドラマCD・登場人物紹介カードつき。
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「TANA(たな?)」センセの「キミの瞳に欲情してる[初回限定版]」です。

えー、最近こちらのブログでも、コメントやらメールやらを頂くこと多くなり、大変に嬉し・有難い限りです。
一度どちらかでお礼を言わなければ…と思っていましたので、この場にてお礼申し上げます。
こんなよーわからんブログに来て頂き、ありがとうございます
体力ある限りは続けたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。

なお、基本的にメールで頂いた場合、返信することは控えております(※よりプライベートなものなので)
何らかある際にはお返しさせて頂きますので、どちらかにそうした旨をお書き頂ければ幸いです。
…むろん、内容にもよりますけれど。

さて、そんなこんなで、漫画好きな皆様、週末の買い物お疲れ様でした。
ひでるさんは結局「尾崎未来」センセの単行本も買ってしまいました(笑)
そちらは、タイミングが合えばまた紹介させて頂きます。

店頭では、「千葉哲太郎」センセ、「井上よしひさ」センセなどの単行本が目立っておりましたが、こちら「TANA」センセの初単行本「キミの瞳に欲情してる」は”初回限定版”ということもあるのか、メイン扱いになっておりました。
しかし、イラストでの仕事も多いというだけあって、↓表紙以下カラーイラスト群は絶妙な巧さですねー。
センセは「キルタイムコミュニケーション」さんでのお仕事もあるらしく、そっち系(どっちだ)なイラストもいくつかありました。
ああした、ごちゃーっとしたのも抜群ですね。
出版社さんがプッシュするのも頷けます

生徒会長「楠木冴さん」
※生徒会長「楠木冴さん」
 こんな感じの美人なんですが…。

せっかく単語が出たので、「キルタイムコミュニケーション」さんに収録された短編「世界にない場所」から。
”アドレアの微笑”と呼ばれ慕われる、アドレア王国の姫「イリス」さま。
古くから友好な関係であったクロス王国の王子、「アレン」との婚約も間近であったんですが…その前夜、魔物によって「イリス」は連れ去られてしまったのです。
そんな魔物らとの戦いによって、「アレン」率いる救出軍は壊滅。
捕らえられた彼が目を覚ますと…と、だいたいそんなお話。

王族だの魔物だのというファンタジー短編。
触手うねうね、ぬるぬる・ぐちょぐちょとした様が非常に強いんですけれど、なにげにお話もしっかりしてます。
もしページ数が許すのであれば、シンボルだった頃の姫様などもう少し周辺を描いてほしかったところですね。
どうしても詰め込み過ぎな印象があり、説明文字にてざざーっと流されてます。
救われないラスト(※ある意味良かった…のかな?)まで、収録では最も異質な短編です。
これは好き嫌いが分かれるでしょうねー。

表題作品「キミの瞳に欲情[コイ]してる」は、収録5話の連続話です。
ドラマCDもこちらなんですね。
(※ちなみに、お話はそれ用の別シナリオです)
また、巻末に収録されている「楠木課長の憂鬱」も、こちらの番外編という小説になっておりました。

凛とした美人の生徒会長「楠木冴」さん。
背が小さく、童顔で女の子と間違われる容姿の1年生「加藤学」くんは、そんな「冴さん」に憧れておりました。
ある日の全校集会にて、彼女のパンチラを最前列にて目撃した「学くん」は、鼻血を吹いて保健室へ運ばれるんですが…なんとその隣には「冴さん」がいたのです。
かなり大雑把ですが、そんな感じ。

切っ掛けのパンチラ
※切っ掛けのパンチラです。
 鼻血で倒れる一方、こちらは平然としているのでした。

えっちな男女カップルによるラブコメです。
一見するとクールな美人という「冴さん」ですが、妄想では”もの凄いことをされている”、M気質な女性なのです。
(※いちおう、どっちも対応できる方なんですけどね)
特に3話目での、生徒会の打ち合わせをしている机下にて、あーんなところに自ら文字を書いてたりなんだりする様はいいですねー。えろいですねー。
なお、その後半と↓表紙カバー裏にて、どこぞの怪談ばりに文字だらけの「冴さん」がいるんですが…ひでるさん、ああいったは気持ち悪いので苦手なの。

また、当初は人畜無害っぽい雰囲気だった「学くん」ですが、お話が進むにつれて結構なノリの良さを見せておりました。
キャラの外観とは異なり、どらちかというと「冴さん」のがベタ惚れで依存度は強いんですね
途中、感情を爆発させた彼女に対しても、「学くん」は実にマイペースなところを見せておりました。
うん、お似合いのカップルです。
最終話での台詞など、やっぱり「冴さん」は可愛らしい方だと思いました。

初接触な1話目から、なるほど、と思わず納得してしまったオチ部分まで、実にまとまりの良い作品でした。
ただ、やや短いかなー、卒業話が早過ぎたかなーってな印象もあります。
もっと様々なシチュエーションでの2人を見たかったです。
なお、海へデートに出掛ける2話目のカラー部分は…なんというかものスゴイ迫力でした。
あれは何人いるんだろうか。

加奈子さん、ナナさん
※左:加奈子さん、右:ナナさん。
 可愛らしい人物絵はこんな感じです。しかし…「ナナさん」はデカイですねー。

ほか、親戚のお姉ちゃんにして、眼鏡で巨乳な家庭教師「ナナ」さんとの「ごほうびください」
あれは大き過ぎて、一部よくわかんないですね(笑)
登場ヒロインの「加奈子」さん、「市川」さんらがドラマCDにも参加していた「ふうふのヒケツ」、センセの処女作「らぶ・フレグランス」などが収録されております。
どちらも爽やかな絵柄とは裏腹の、えっち度高い短編です

丁寧な細線がしっかりとまとまった絵柄。
描き込み深く、全体はごっちゃり気味です。
特にえっちシーンではその傾向が強くなり、髪や液体が入り乱れて濃い目なのでした。
すらりと綺麗な人物絵ですけれど、そちらとはギャップがありますので、ご注意下さい。
収録作品は時期にバラつきありましたが、「らぶ・フレグランス」以外は安定しております。
各キャラの表情・動きなども良かったですね。
コメディー崩れのバランス、シリアス描写などにも優れた方だと思います。

前述しておりますが、カラー絵も巧い「TANA」センセ。
だいたい白黒絵のイメージもそのままなので、↓表紙での判断で問題ありません。
あちこちでのイラストほか、カラー原稿が多く収録されているのは嬉しい構成でした。

キミの瞳に欲情してる・初回限定版 (TENMAコミックス) (TENMAコミックス)キミの瞳に欲情してる・初回限定版 (TENMAコミックス) (TENMAコミックス)
(2008/08/08)
TANA

商品詳細を見る


※こちらが通常版。
キミの瞳に欲情してる・ (TENMAコミックス) (TENMAコミックス)キミの瞳に欲情してる・ (TENMAコミックス) (TENMAコミックス)
(2008/08/08)
TANA

商品詳細を見る




★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : パンチラ ラブコメ コメディー ファンタジー キルタイムコミュニケーション

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。