FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■男の子女の子 (楓牙)

★まんがデーター [14/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■■
・独創性:■■■■■
・属性 : 成年・恋愛
・おまけ: あとがき、加筆修正あり。
・その他: 人物相関図、短編×6(全て同一世界)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「楓牙(ふうが)」センセの「男の子女の子」です。

センセのお名前は何度か店頭で見ていたので知っているんですが、こちらが初見です。
ちょっと絵に癖があるので、ずっと敬遠していたんですねー。
(※読んだ後に見てみると、カラーは特に傾向強い)
そんな単行本を、なにゆえ今回は手に取ったかと言うと、↓表紙のオデコな女の子につられたんですよ(笑)
最近はなんだかオデコづいているので。

芝原流香
※ヒロイン1「芝原流香」
 世話焼きな優等生です。ラブラブな様が可愛らしいのです。

さて、こちら「男の子女の子」は「楓牙」センセの7冊目(たぶん)となる単行本。
おまけで「人物相関図」を収録しているんですが、そちらによると…うわうわ、全部の単行本には世界の繋がりあるんですね?!
びっくりしました。
”全コミックスをコンプリートしたくなるハズ”
なんて、ひでるさんにとって危険な文字がありましたけれど…や、やばいですよ(笑)

そうした過去単行本と同じく、全ページは2組のカップルだけに絞って描かれているため、非常に濃厚なお話になっておりました。
あんまり詳細に書いてしまうとつまんなくなるので、かいつまんで紹介致します。

主人公「相川弥生」は担任教師の息子。
2年前に転校してきた、ちょっと気が強い優等生「芝原流香(しばはら・るか)」とは、卒業アルバム委員同士でした。
委員の仕事をさぼった「弥生」ですが、担任(父親)に伴われた「流香」と自宅にて委員の仕事をすることとなったのです。
そんな感じに微妙な距離であった2人。
ある日、「先生に相談したい事があるんだけど」ということで、自宅に連れていくのでした。

だいたいこんなんが、冒頭に位置している「Wink」、さらにその後のエピソードが「Wish」、「Will」となっています。
なお、最終話「Will」にて重要な役割を果たす「藤美悠樹」は、「Girl Friend」シリーズでの主人公なのでした。

”今までで一番変だ”、という兄の彼女「友江円(ともえ・まどか)」
悠くんの顔も見たかったし
ということで、家だけでなく外でもちょくちょく会っていたんですが、別れたと聞いた一ヶ月後、再び「悠樹」の前に姿を見せたのです。

友江円
※ヒロイン2「友江円」
 なんというか、猫っぽい娘さんでした。

別エピソードと言うべき「Girl Friend」は3話完結。
「Will」にて、「悠樹くん」が”なぜあの場面で行動したのか、できたのか”、そちらにて伺う事ができます。
ちょうど「Wink」と「Wish」の間に入った構成もいいものでした。

兄の恋人であった「円さん」と関係してしまった「悠樹くん」
彼は自らの感情に悩むこととなるんですね。
もともと虚無的で、「弥生くん」以上に独特で近寄りがたいような雰囲気だったんですが、そんなんをやや動物的(笑)な「円さん」が解きほぐす、みたいな感覚よ。
兄弟のこととか、恋愛感情など、しれっとした表情で「流香さん」以下同級生に聞いて回る描写(2、3話)が可笑しいのです。
また、1話後半の描写はなかなかにえっちでした。
ごめんね悠君、すぐ終わるから
だってさー。
いきなり年上(ですよね?)にされてしまうという、実に羨ましい展開なのです
…って言うか、家に転がり込んできた「円さん」とは一緒に寝てるんですね。
さらに、毎日横でシテいるのを知っていながら、何もしないままだった「悠樹くん」は凄い。
何やら重たい背景を抱えながら、あまり表に出さない「円さん」も容姿とは違って実際には大人な女性ですね。
ちょっと自由過ぎる気もしますが、あんなんが「悠樹くん」には丁度いいのかも。

キス…しない「弥生くん」
※キス…しない「弥生くん」
 大まかにはこんな感じ。なかなか手を出さない、成年っぽくない漫画です。

一方、もう一組「流香さん」、「弥生くん」のカップルは同年代であるためか、先の2人とは違って青春しております。
自らの想いに素直な「流香さん」の積極さとラブラブっぷりは可愛らしいんですが、途中で「悠樹くん」が言う、「まだ子供なんだから、俺達」が全てなのでしょうね。

細線のすっきりとした絵柄。
ページ全体は丁寧で乱れることなく、安定しておりました。
綺麗にまとまっているだけ派手さには欠けるものの、深いお話と合った作画です。
幅広めで縦長な輪郭・目が特徴。
癖はありますが、↓表紙などのカラー絵柄より白黒絵のがソフトでしょう。
裏表紙のカット絵を参考にして下さい。

えっちシーンのある、恋愛漫画という感じかなぁ。
日常風景なども多く、いわゆる普通の成年漫画っぽくない成年漫画です。
派手さはありませんが、人間心理に重点を置いた非常に読み応えのある単行本でした。
特に思春期である男性陣の微妙な心理について、巧く表現されていると思います。
他の単行本も…見てみたいなー、なんて。

男の子女の子 (MUJIN COMICS)男の子女の子 (MUJIN COMICS)
(2008/08/01)
楓牙

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。