FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■しゃるうぃーげーむ? (佐々原憂樹)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・ロリ
・おまけ: あとがき・作品解説、キャラ設定絵、
      イラスト・カラーイラスト、
      カバー裏にカラー・リンク絵。
・その他: カラー(16P)、短編×12(うち「しゃるうぃーげーむ?」×8)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「佐々原憂樹(ささはら・ゆうき)」センセの「しゃるうぃーげーむ? ~Shall we game?~」です。

月末でいっぱい・いっぱいでしたー。
へろへろなんですが、できるうちはなんとか…はぁ。

さて、こちらのブログでは初単行本「遠い日の欠片」を紹介している「佐々原憂樹」センセの2冊目。
皆ランドセルを背負っているカラーの女の子ら(※表題作「しゃるうぃーげーむ?」のキャラなの)が印象的な、「しゃるうぃーげーむ? ~Shall we game?~」です。
タイトルそのまま、懐かしい影がちらほら見える背景が楽しいのでした。
…漫画本編とは全然関係ないんですけどね。

「えれな」「きみか」「あかね」「スミカ」
※左から「えれな」「きみか」「あかね」「スミカ」です。
 さてはて、この4名の争奪戦の勝者はいかに!?…「あかねちゃん」えろいなぁ。

表題の連続話「しゃるうぃーげーむ?」
全8話という長く続いているお話ですが、しっかりとしたストーリーは薄いです。
主人公「樋上かずき」は学校教師。
↓表紙を飾る彼の実妹「樋上えれな」ほか、「~なの」という口癖があるツインテールな「氷川きみか」、3名ではリーダー格である、ショートカットでのカチューシャが似合う「上条あかね」
父子家庭でよく不在であるため、父親の要請で週何日かのペースで面倒を見ているハーフ「浦澤スミカ」などなど、それぞれ生徒らに強い好意を向けられていたのでした。
…まぁ、こんな感じなの。

性格の違いがため対応に差はあるものの、甘いえっちが次々に繰り広げられるラブコメです。
1~3話までは、「えれな」「きみか」「あかね」という3名とのえっち、4話は風呂場で複数。
これらは同一時間の流れで描かれており、メイン扱いではない娘らのリアクションまで見どころ多い漫画です。
特に、妹「えれなちゃん」が見せる、髪の毛を逆立てるほどの激しい嫉妬ぶりは必見でしょう。
カラー原稿部分を占領した「きみかちゃん」もいいんですが、やっぱり日焼け跡がえっちな「あかねちゃん」ですね。
激しい争奪戦を繰り広げる2人の間で、「あたしはセフレでいいわ」とか言っておりました。
2話目冒頭のコメディー部分といい、”お前はいくつだ?”という感じよ。
そう、名前紹介の脇には、わざわざ年齢(らしきもの)が書いてあるんですが…彼女らやっと2桁になったばかりでした。
そういった単行本ではあるんですが、こんなん大丈夫なのかな。

まともに複数となる4話は猫耳で裸エプロンというコスプレ
残念ながら、ひでるお気に入りな「あかねちゃん」は先の言葉通りに盛り上げ役となっておりました。
目隠しで対応しているのが誰かを判断シーンがあるんですが…まったく当たらないのが面白いです。

5、6話は先の3名お休みで、新キャラ「スミカ」との銭湯エピソード。
ずっとお風呂なので、当然ながら終始全裸な「スミカさん」です。
お話としては性格豹変があるため、同設定ながらも別シチュエーションという雰囲気でした。
7話は、これまで登場したキャラ4名がナースコスプレする短編。
流れはざっくりで、えっち場面が次々に繰り広げられる手法でした。
お話としては最も薄いものの、コマが大きめで迫力あります。
そして、最終となる8話。
こちらが収録では最も新しい原稿です。
この乱戦ロリえっち中編が果たしてどんな結末を迎えるのかは、ぜひ単行本でご確認下さい。

「るり」「りえ」「みなと」
※左から「るり」「りえ」「みなと」
 かるく紹介しましたが、この「みなとちゃん」のお話も好きです。

「佐々原憂樹」センセ曰く”遊具シリーズ”という短編「てつぼう。」、「のぼりぼう。」
鉄棒、登り棒をネタの中心とした漫画は…ちょっとならあるかもしれませんが、ほとんど見かけない珍しいものですね。
ひでるさんの怪しい記憶をたどると…「おさわがせ弁天寮/中田ゆみ」収録の「まこちゃんと遊ぼう」とかかなぁ…。
うち、「のぼりぼう。」はブルマが眩しい体育シチュエーション。
教師「坂下さとる」とその妹「坂下るり」、友人「松本りえ」という3名で、お話が膨らみそうな雰囲気がありました。
触覚のような細いツインテールの「るりちゃん」はだいぶ慣れた空気を漂わせておりましたが、えっちはありません。
期待した方は残念賞。
冒頭話「てつぼう。」は、カラー原稿の6ページ短編。
くっきりとした日焼け跡と横チチがキュートな「千夏」さん。
あんなゆるゆるした服装で鉄棒なんてしないように(笑)
1コマ目のパンチラ部分は、もう少し大きめなコマでほしかったなぁ。

千鶴子さん
※猫耳キャラ「千鶴子さん」
 甘噛みなのです。…あれ、耳が4つありますね!

ほか、「ひざうえ姫」は義母の連れ子「みなと」ちゃんと「圭一」くんという、義理な兄妹の短編。
性の目覚め、みたいなシチュエーションで、じわじわした描写が素敵なのです。
「みなとちゃん」の”はわはわ”とした表情がいいですね。
イラストから漫画になったらしい、ネコ少女の短編「甘噛み姫」
言動が動物ちっくな「チコ」こと「千鶴子」さん。
「~耳」というのはほぼ刺さらないひでるさんですが、こちらの「千鶴子さん」は別格でした。
大和撫子な「小夜子」さんに対して敵意剥き出しにするほか、冒頭の甘えるシーンはえっち本番より可愛らしいのです。

強い線のこってり絵柄。
キャラ絵はすっきりとした感じなんですが、色は深く、全体はごっちゃり気味です。
幅広い輪郭と細めながらもぽってりとしたスタイルのロリ絵柄。
えっちシーンで乱れ飛ぶ小さいフキダシ、だらりとした文字が特徴です。
巧い方なんですが癖は強く、また内臓描写もあるので、嫌いな方はご注意下さい。
紹介帯がある場合は、そちらを判断にするのがいいでしょう。
前巻は古い原稿も多くかなり不安定でしたが、今回単行本は大幅に安定しておりました。
そのうちでも、「しゃるうぃーげーむ?」後半2話、「のぼりぼう。」という新しい原稿は、より線が綺麗で繊細な感じになっております。
次の単行本が今から楽しみですよ。

しゃるうぃーげーむ? (TENMAコミックス LO) (TENMAコミックス LO)しゃるうぃーげーむ? (TENMAコミックス LO) (TENMAコミックス LO)
(2008/07/26)
佐々原 憂樹

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ツインテール ショートカット パンチラ ラブコメ コメディー コスプレ カチューシャ

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。