FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ボクの家のクルリ様 (カイシンシ)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・ラブコメ
・おまけ: あとがき・作品解説、
      カバー裏にカラー別絵・コメント。
・その他: カラー(6P)、短編×10
      (うち「ボクの家のクルリ様」×4、「すきいみ」×3)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「カイシンシ」センセの「ボクの家のクルリ様」です。

お疲れ様です。
時間・体力共にぎりぎりなので、さっそく始めます。

「カイシンシ」センセの3冊目となる単行本「ボクの家のクルリ様」ですね。
以前紹介しました「こいのいろ」は、ほぼ大まかには1年前。
なんだか、つい先日くらいだったと思っていましたが…これは無意識に刺さっていたという証拠かもしれませんねー。

クルリ様
※神様「クルリ様」です。
 もうちょっと丈が短ければ、パンチラとか楽しめたんですが…。

さて、2冊目「こいのいろ」ではレベルアップ(笑)する「可奈美」ちゃんが非常に印象的だった、「はじめて大作戦」を中心に、ほか短編という構成でした。
今回は、表題作を含む2本の連続話と短編という収録になっております。
容姿的に目立つ「クルリ」様のシリーズ、重たく緊張感ある「すきいみ」シリーズと、読者の方にはどちらかざっくり刺さると思われます。

表題作の連続話「ボクの家のクルリ様」
交通事故に遭いかけた「桃次郎」を救ったのは、ツインテールなロリ神様「クルリ様」でした。
あたしは便利屋じゃないの!自分達でなんとかしなさい!
お願いに対して、堂々とそんなことを言い放つ「クルリ様」
なぜか「桃次郎くん」を気に入ったらしく、彼のことを「しもべ」と呼び、勝手に同居を始めるのでした。
だいたいそんなん。

カバー、カバー裏のカラー絵、さらにあとがき背景まで、こちらの「クルリ様」だらけでした。
(※ちなみに前巻はあちこち「可奈美ちゃん」づくし)
単純えっちなお話で、4話ほど続いている割にさしたるストーリーではありません。
もっと他の服を着せればよかった、と書かれておりましたがその通りで、シチュエーション的にもやや弱め。
ラブラブでぐいぐい迫ってくる「可奈美ちゃん」と違い、こちらの「クルリ様」は経験豊富(たぶん)なだけ、色々ありそうなのでした。
特に、ヤキモチ焼く2話目の「クルリ様」は可愛らしいですね。
ダメ!他の女の子見ちゃ!!
とかなんとか言っておりました。
そのえっちシーンなどで、「やっと見つけた」とか気になる台詞を言っていたんですが…あとがきにて、詳細が書かれておりました。
うーん、文字でなく普通に漫画として読みたかったんですが…。
難しいんでしょうね。
登場キャラも、ほとんど「クルリ様」と「桃次郎くん」だけでしたが、せっかく嫉妬するキャラなので、もっとヤキモキさせたのが良かったかなぁ
4話目も、起きるのが早過ぎだと思うのだけれど。

悩む「伊乃さん」
※悩む「伊乃さん」です。
 ううん、この感覚が切ないですね。いいですね。

前単行本に1話目が収録されている「すきいみ」シリーズ。
今回は3話ほど収録されており、こちらはまだまだ続くようなのでした…。

親友「伊乃」さんの兄「裕貴」くんに恋をした「ほなか」さん。
その応援にて無事告白を果たした「ほなかさん」は、「伊乃さん」の導きもあってえっちまですませ、晴れて恋人同士になったのです。
わたしが1番いいって…言ったのに
しかし、その裏で「伊乃さん」は複雑な心境で苦しんでいたのでした。

伊乃さん
※もうひとつ「伊乃さん」です。
 でも、この娘お兄ちゃんと~~~前にもなんかしらありそうね。

今回収録は、おおよそストーリーの中盤くらいまでのようです。
鬱屈した気持ちを抱える「伊乃さん」がよく描かれた、追い込み系漫画。
特に「すきいみ4~告白~」では、ある人から告白された「伊乃さん」の反応が秀逸なのでした。
うん、これはいいですねー!こんなんいいですよぅー。
その告白が純粋なだけ、より「伊乃さん」は苦しんでいくと思われます。(←たぶん)
爆発まであと何秒、って感じですかね。
それだけに、「すきいみ3~すきとスキ~」での過去話が重要なのです。
お兄ちゃん、最低っ!!

絵柄そのまま、ラブコメちっくな楽しいお話が多い収録の中にて、異彩を放っている連続話でした。
どうせなら一気に読みたいんですが…「カイシンシ」センセ自身、何かしらを削って描かれているらしく、なかなか時間がかかっているようです。
応援してます、ぜひラストまで頑張って下さい!
(※個人的には、ドロドロなラストを希望。…どうなるんだろう)

奈央さん、琴音さん
※左:奈央さん、右:琴音さん。
 単純にキャラで言えば、こちらの「奈央さん」がお気に入りです。また登場しないかなぁ。

ほか、わさびだのからしだのというお弁当が楽しい「うーすけ」さんのラブコメ「わんこすたいる」、冷静沈着な「琴音」さんの「げんきのチカラ」、和風メイド「奈央」さんの「ちょいワル御主人様」、などが収録されておりました。
天然なまま、常に思考の上をいっている「奈央さん」がなんとも素敵なんですね。
こちらの短編がラストの収録であったため、「すきいみ」でのもやもやは綺麗さっぱり吹き飛ぶことと思います(笑)

強い線でのすっきり絵柄。
大きめのキャラ絵・コマ割りで、濃淡はやや薄め。白比率が高いのです。
それだけに、若干バランスの悪い箇所が目立ちました。(気にならない程度、ちょっとね)
目が大きく、幅広な輪郭のロリ絵柄。
和風メイド「奈央さん」はそこそこの年齢(おそらく)、「琴音さん」・「ほなかさん」はそれなりのバストサイズだったり、↓表紙の雰囲気とは裏腹にロリの一辺倒ではありません。
可愛い容姿には違いないですけど、ジャンル違いにご注意下さい。
絵柄の判断については、↓表紙・裏表紙で問題ないでしょう。
個性が確立され、前巻よりも安定感ありました。
各短編によって多少処理の違いがあるようですけれど。

この、いかにも屈託ない絵柄での、ブラックな漫画に直撃されました。
「カイシンシ」センセは大変なようでしたが、ラブコメと共に描き続けてほしいジャンルです。

ボクの家のクルリ様 (TENMAコミックス RiN)ボクの家のクルリ様 (TENMAコミックス RiN)
(2008/06/20)
カイシンシ

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ ツインテール パンチラ

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。