FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ディスバニッシュ (みたくるみ)

★まんがデーター [10/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■□□
・属性 : OL・変身
・おまけ: あとがき、折り返しにコメント。
・その他: とじ込みポスターあり、
      全て表題作(10話)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「みたくるみ」センセの「DisVanish ディスバニッシュ」です。

先週に続いて業務の負荷があり、時間の厳しい毎日です。
毎度ながら、ちょろっとでいきます。

さて、こないだ紹介しました「誘惑したいカラダ」が初単行本という「みたくるみ」センセ。
なんと、早くも2冊目なのです。
しかも発売された「DisVanish ディスバニッシュ」は、一般系で連続話という単行本なの。
…めちゃ順調ですね!

黛アヤ・変身前
※「黛アヤ」変身前です。
 普段は眼鏡でポニーテールな「アヤさん」、左は変身のため誘惑してるのです。

真面目なんですが、空回りすること頻繁なOL「黛アヤ(まゆずみ・あや)」さん。
ドジで失敗多く、商談でも資料を不足させた上に、お客様を引っぱたいてしまうなど、仕事ぶりにはかなり問題があったのでした。
一生懸命ながら結果がついてこない毎日で、「アヤさん」はなんとか自分自身を変えたいと思っていたのです。
そんな頃、コンビニで貰った人形(※ミディム)を眺めていると…。
今後は私に従ってもらう。もしも逆らえば…呪いで死ぬよ!
とかなんとか突然に動き出し、喋ったソレは「アヤさん」の体内へ呪いのアイテムを無理やり埋め込むのでした。
こうして、願望そのまま変身ヒロインとなってしまったのです。
がしかし、変身のためには男の体液(笑)を飲み込まなければならず…。
だいたい、そんな感じ。

もしかしたらお気づきな方がいるかもしれませんが、昨日に続く変身ネタだったので、こちらの漫画を選択しました。
お話としては、「アヤさん」の成長物語…ですよね。
業務から自分自身にコンプレックス・悩みを抱えていた彼女が、”変身ヒロインとして頑張ったことで、ある種の壁を乗り越える”、みたいな流れ。

呪いどうのという当初のネタは置いといて、”自分を変えたい”という願望が闘う主な動機になっているんですが…これがやや弱いかなぁ。
漫画中に描かれていたのは些細な失敗なので、痛々しい場面も多い戦いの世界に身を置くというのには、違和感がありました。
もっと、泥水をすするような、ドロ臭いものがあってもいいかなぁ。
そんなんだと、違う漫画になっちゃうか。

パンチラな日常、薄くむちむちとしたスーツ姿の変身後という、目に優しいところはポイント。
胸を触られたり、拘束されたりするピンチシーンも多く、直接どうの~というまではありませんでしたが、なかなかエロティックで期待通りな展開でした
こちらの「ヴァルキリーコミックス」は何冊が読んでおりますが、基本路線にかなり忠実ではないでしょうか

黛アヤ・変身後
※「黛アヤ」変身後
 変身描写とか、「青い地球を守るため、胸の鼓動がどうのこうの」…みたいな台詞もほしかったなぁ。

シリーズではお馴染み(?)の触手に攻められたり、スーツを破かれたりもあります。
前半部分はけっこう頑張っているかなーというくらいの印象でしたが、5話目以降ではバストトップの露出も少なくなかったです。
ひでるさんは、そちらを描く、隠すというあたりは、えっち描写での基準であると考えております。
(※ほか、直接してしまう描写のある・なし、…とか。他にもあるけどまた今度)
直接えっち描写のない一般単行本で考えると、頑張ったと思います。

自分の意思とは関係なく、スーツを脱いでしまいそうになるという6、7話目のシチュエーションは特に良かったです。
「ザクレ様」万歳!
その後、力尽きて変身も解けてしまう「アヤさん」は、「ザクレ様」に色々調べられてしまうんですが…なんで下着姿かなー。
お話としても後半の盛り上がってくる場面だったので、あそこは「みたくるみ」センセにもうひと頑張りしてほしかったですよ。
健康診断じゃーないんだから。
これは出版社の意向なんですかねぇ。

ちなみに、変身する際にはたいていキスしてましたが、「体液」ということなので、血液でも、アレでもいいのです。
1話目でのシーンで、「体液を~」という台詞と抵抗している「アヤさん」のコマがため、いきなりアレを想像していたひでるさん。
すっかり、発想が成年漫画です(笑)

細線の安定したデジタル絵柄。
以前紹介しました初単行本「誘惑したいカラダ」よりも安定感は増しており、綺麗な仕上がりでした。
そこそこごっちゃりとしていても、濃淡が薄めの洗練された絵で、見やすいのです。
逆に言うと、よくまとまり過ぎなので、アクションとしての雰囲気、派手さとしては弱いかもしれません。
動きは巧い方でしたけどね。(背景はあっさりでしたが)
すらりとしたキャラ絵は、お姉さん系が揃ったお話とよく合致しております。
判断には、カラーでも変化ないので↓表紙・裏表紙にてどうぞ。
あのコスチュームが気に入れば、ほぼ間違いなく楽しめるでしょう。

ディスバニッシュ (ヴァルキリーコミックス) (ヴァルキリーコミックス)ディスバニッシュ (ヴァルキリーコミックス) (ヴァルキリーコミックス)
(2008/06/29)
みたくるみ

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ポニーテール パンチラ 変身ヒロイン ヴァルキリーコミックス バストトップ

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。