FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■少女マテリアル (鳴子ハナハル)

★まんがデーター [13/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■■
・属性 : 成年・豪華
・おまけ: あとがき、カバー裏に別絵、
      描き下ろしカラーショート、
      作品解説、加筆・修正あり。
・その他: カバーは特殊仕様(両面)、
      カラー(16P)、短編×12
      (うち「2/4」×2、「蔵」×2)
※初回版のみ「サイン入り複製原画・販売要項カード封入」
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「鳴子ハナハル(なるこ・はなはる)」センセの「少女マテリアル」です。

当ブログでも紹介しました、「かみちゅ!」の漫画版でお馴染みの「鳴子ハナハル」センセ。
成年系では初となる単行本「少女マテリアル」がついに発売されました。
発売予定の時から相当な話題になっており、延期もしたので大騒ぎでしたねー。
そんな訳で、紹介についてはほとぼり冷めてからでいいかなー、とか捻くれていたひでるさんでしたが、結局は祭りに参加させて頂くこととしました。
…だって、他発売の成年系が弱めだったんだもの。

ちあきさん、美加さん
※左:ちあきさん、右:美加さん。
 悩んでいることもあってか、笑顔の少ない「ちあきさん」なのでした。

とりあえず、↓表紙からスゴイです。
単行本にはカラーイラストや原稿などありましたが、やっぱり抜群に巧い方ですねぇー。
ちなみに、カバーはカラーである表面だけでなく、裏面には同じ白黒絵(ややラフっぽい)がある、両面描かれたリバーシブル
さらに、文字部分が凸凹しているという贅沢・特殊仕様になっておりました。
紙質も硬く、手触りも最高。
単行本全体のずっしりとした重さは、まるで古き良き超合金のようです(本当)

伊達に金額高い(定価1300円+税)だけのことはありました。
そんなんが目立っておりますが、漫画としては短編集という単行本。
もともと巧い方ですし、修正もされているようなので絵的な問題はほぼありませんが、収録は02年から04年とかなーり古めな原稿がメインなのでした。

カラーのショートと短編のある冒頭話「2/4」
いきなり複数プレイなんですが、実は全体で見るともっとも普通なお話なのでした。
「孝史」くんと付き合う「吉田ちあき」さん、そして彼の幼馴染みという「和彦」、巨乳の「絵里」ちゃんという4名。
うち、「孝史くん」、「ちあきさん」カップルの微妙な心理が描かれております。
「孝史くん」はイイ奴ですね。
短編では完全に第三者状態でしたが、逆のカップル側からの目線でも見たかったです。
なお、カラー部分はオマケみたいなもので、連続性については希薄なもの。
解説によると、短編部分をカラーの補足という感じに描かれたのだとか。

京子、加代子
※左:京子ちゃん、右:加代子さん。
 お話では、こちらがお気に入りです。うーん、色々書きたいことあるんですが、とりあえず読んでみて!

前後編の連続話「蔵」
父親の決めた従姉妹「加代子」との縁談を潔しとしなかった「沢村浩介」は、本心から好きな女中「晴江」を連れ、家を捨てて暮らすこととしました。
それから三年後。
父親の訃報によって再び村を訪れることとなる「浩介」ですが…。
だいたいそんなん。

昔の成年系アドベンチャーゲームのような、旧家でのドロドロとしたお話です
「浩介」のことを”お兄ちゃん”と慕う「京子」ちゃんがいきなりお風呂場で~という流れもそんな感じでしたが、中盤の出来事から盛り上がる終盤に至るまで、期待通りな漫画でした。
…最後まで私には、何一つ本気になってくれないのね
という「加代子さん」の一言がずっしりと重いです。
ラストページも良かったですよー。多少、予測がついてしまうかもしれませんが…。

そちらと似た感じのシリアス系短編。
ぞわぞわした怖さの「ヒタイ」、淡々とした静かな流れの「紅い水」という2話は、まったく異なるタイプで重たかったです。


夏子さん
※夏子さん
 いい女の子が、「中に出された」とか言わないよーに(笑)

ほか、彼女「美加」ちゃんが色々されてしまう「踊る大観覧車」、卵を産む「典子」さんのサスペンスちっく話「スクランブルドエッグ」、オチの良かった「U.F.O」という3話は、ちょっとした捻りのきいたタイプ。
設定はよー分からん感じでしたが、「踊る大観覧車」のシチュエーションはえっちでしたね。
逆に設定からお話まで綺麗にまとまっていた「明日の私にヨロシク」は、昨日の記憶が残らないヒロイン「夏子」さんの短編でした。
こちらはオススメ。

説明を吹っ飛ばした巨乳・おさげな女の子の「岬まで」みたいな短編もありましたが、全体的には読ませるタイプの単行本に仕上がっておりました。
各話とも、えっちとのバランスはまぁ、適当だと思います。
そんなんも悪くはないんですが、やっぱり「蔵」のような中編が読みたいところでした。

前述しているように、漫画は時期の古い原稿で構成されております。
安定感あるのでさしたる問題はないですが、やっぱりカラー部分と比較してしまうともっさりしておりました
良く言えば、素朴で懐かしい感じ、かな。
背景から小物に至るまで細かい部分もしっかり描き込まれ、ページ全体は強い黒で濃い目。
まったく知らない方が↓表紙で判断すると、あるいはページ開いて違う印象を受けるかもしれませんね。
一方、巻末のカラー漫画などは期待そのままな仕上がりでした。
お話も含めて癖はあるので、多少人を選ぶかもしれません。

なお、初回版には「サイン入り複製原画・販売要項カード封入」とのことでしたが…9千円ですか。
微妙に買えそうで怖いんですが、さすがにあのえろえろ絵を飾っておくほどの勇気なく(笑)
横と奥へと広がる、吸い込まれるようないい絵なんですけどねー。

少女マテリアル (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)少女マテリアル (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
(2008/07/01)
鳴子ハナハル

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : 超合金 アドベンチャーゲーム サスペンス

comment

Secret

迷ってたりして

小冊子は欲しいですねー。
本文で書いているように、微妙に買える値段なので正直迷っているのが現状です。

最も好み、という訳でもないので。
本当にファンならば、安いって思うんでしょうね。

複製原画よりも、おまけ(直筆サイン、小冊子等)がメインとか?(笑
値段はともかく、金出していいと思える絵なので葉書は出しましたとも

高いですよね

そうですよね。
ちなみに、その後で読んだ「エンジェルハート/北条司」にて、版画コレクションがの販売がありましたが…1点、48,000円とか書いてありました。
それ見た際には、もしかしたら安いのでは?とか思いました。
やっぱり高いですよね。

はじめまして

複製原画に9千円の価値はないと思います(この作者の絵に価値がないという意味ではありません そもそも全体的に複製画の価格が高すぎると私は思うのです)
失礼しました

お話はねぇ…

タークスさん、毎度ありがとうございます。
こうした方は期待され度合が高いので、単純えっちなラブコメとかは描きづらくなっちゃうのかもしれませんね。

本当に画は巧いですよねー、発売まで待ちに待ったのですが僕は今回スルーしました。
画は好きでドキドキするんですが正直内容が合わなかったので…。
好きな画で内容が合わず買わないというのは非常に残念な気持ちになりました。
まあ明るいラブラブは望めない作風な気がしました。巻末のカラーの子は好きです、妄想しすぎで。
QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。