FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■YELLOW★POP (けものの★)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■■
・属性 : 成年・キツネ耳
・おまけ: ゲストページ、
     描き下ろし「YELLOW★POP3.5」、
     カバー裏に別絵(表紙リンク)・作品カイセツ。
・その他: 短編×10(うち「YELLOW★POP」×5)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「けものの★」センセの「YELLOW★POP」です。

発売されていた「フレッド・ケリー」センセの単行本は、過去単行本に若干新原稿を足したものでした。
なんとなく想像しておりましたが、ちょっとがっかりー。
今月末は量も多いため、そちらは見送りとさせて頂きました。すみません。

さて、今回の目玉は「Groove Tube」が大変良かった「けものの★」センセ2冊目の単行本「YELLOW★POP」です。
HPを見ると、こちらがお得意ジャンルであるようです。
しかし残念ながら、ひでるさんはそっち方面があまり強くないんですよね~。

「キツ姉」こと「佶さん」
※ヒロイン「キツ姉」こと「佶さん」
 左がアダルトモードなんですが…基本えっち要員なので服着ている絵が少ないの。

全5話(※描き下ろし3.5話をカウントしてます)の連続話、表題作の「YELLOW★POP」から。
仕事も私生活もうまく運ばず、稲荷神社へお祈りに行ったサラリーマン「雄太郎」くん。
ここでも運悪く、うっかり財布丸ごと賽銭箱へ落としてしまったのでした。
その夜、神様を名乗る「キツ姉(ねえ)」こと「佶(きつ)」さんが、お礼としてお手伝いにやってきたのです。
家事だけでなく、お弁当まで作ってくれるなど、なかなか有難い「キツ姉」さま。
五行思想では「陰の気」に属する妖狐であり、人の姿を保つためには「陽の気」が必要ということで~と、だいたいそんな感じ。

我が家のお稲荷さま。/松風水蓮」ほか、今流行り(?)なキツネ耳の女の子が登場するお話です。
いや、「キツ姉」は”キツネ耳の女の子”というより、正確には獣人、あるいは擬人化された狐という雰囲気なのでした。
(※人がメインでなく、どっちかと言うと動物メインなのです)
ここは「~耳」が好きな方も含め、人を選ぶ系統だと思います。
しかし、↓表紙にもあるように、葉っぱを頭上に乗せることでむちむちぷりんなアダルトモードに変身することができるのです
さすがにこちらの姿では、尻尾と耳がある以外は普通の女の子、という感じになっておりました。
なにしろえっちシーンありますからねぇ。
心配された方はとりあえずご安心を(笑)
しかし、眼鏡をかけてるのは、何かあるのかなぁ?

伏見阿古町、新山千夏、沢谷千佳
※左から、伏見阿古町、新山千夏、沢谷千佳
 ※折り返し部分の「にっち」と「さっち」も良かったですね。

お話としては、「けものの★」センセお得意なテンション高いコメディーです。
切っ掛けとなる1話とそれに続く2話。
そして、台詞では1話目より登場しておりました、「伏見阿古町(ふしみ・あこまち)」が3話目より登場しております。
キャラの増えたこのあたりから、より世界観が広がりました。
特に4話は「阿古町さま」がメインとなっており、ホーム「伏見阿古町大社」にて、チアガール、ビキニ水着などのコスプレで贅沢三昧な描写があります。
(※ちなみに「阿古町さま」は満たされているためか、常にアダルトモードです)
さすがに大きい神社は違いますねー。
「キツ姉」と比べると、かなりの差がありますよ。
無論、「雄太郎くん」はその「阿古町さま」ともシテしまうんですが…「キツ姉」は今のところ”氏子”という捉え方で、まだ恋愛感情などなかったのは、リアルでいいですね。
これからはそんなんも変化していくのかなぁ。
なお、中途半端な終わり方だったので、このシリーズはまだ続く…よね?
「豊川」ちゃんもまだ登場してませんし。

保証人になってしまった「山口勉」くんは、借金取りに追われる毎日。
そんな彼のもとに、幸運の使者「にっち」こと「新山千夏」、「さっち」こと「沢谷千佳」の2人が来たのでした…という同じく狐系な短編「幸運の霹靂(へきれき)」
こちらの2人はキツネ耳と尻尾があるものの、先の漫画より人間っぽいです。
一緒に暮らすでも、願いを叶えるでもなく、”単にえっちしにきた”という流れは素敵ですね。
あるいは「YELLOW★POP」に絡めそうですが、単発かなぁ。

センセの作画でも、かなりなツリ目角度のある女性「神崎直恵」さんの「クビワナビー」
過疎化の進む村で育ったためか、変わっているという設定の「直恵さん」
硬い言い回しをするほか発想についてもズレており、まるで武士のような方でした。
えー、初見は引くかもしれませんが、だんだん慣れると思います(笑)
えっちでの「直恵さん」とか、喫茶店シーンなどもいいですが、冒頭の”いつの間にか立場が逆になって慰められている”描写が楽しかったです。

椀田小波、神崎直恵
※左:椀田小波、右:神崎直恵
 ビジュアル的には妹「千波さん」でしょうけれど…あえて逆を掲載してみました(笑)

科学部部長という小さい姉「椀田小波」と、巨乳な妹「椀田千波」の登場する「こなみスイッチ」
生殖器のことについて無知であったために、ぱちーんと脳内の”学者スイッチ”が入ってしまう、「小波さん」というドタバタな流れ。
とりあえず、科学部員でない、いじめて系な妹「千波さん」は好き勝手に使われてしまうのでした。
…自分でやったげてください。
この際部長でもいいやっ」に怒ってましたが、その後の台詞は彼女の性格を的確に捉えた、あれ以外にないだろうものでした。
ラストのオチ部分でも、しっかり科学者してますね。

ほか、黒下着のパンチラが眩しい生徒会長「黒須」さんの「くろむくろすXXX」、最近はだいぶ経営厳しいらしいゲームセンター漫画「エクスきゅーと」などの短編があります。
彼氏「ジュン」ちゃんにラブラブ・メロメロで、変なタイミングにツボがあったりする「梅子」さんは、前巻のヒロイン「メグちゃん」みたいな女性でした。

太線がしっかりと強い絵柄ですね。
黒ベタとトーン処理で全体はやや濃いめながら、しっかりと引き締まったような印象。
ページにはごっちゃり描かれる方で、コメディー描写などもあって忙しい雰囲気なのでした。
軽くツリ目なキャラ絵が特徴なので、「狐」という小悪魔ちっくな系統はセンセの癖と合致して正しい方向性であると思います。
またえっちシーンでは、”にやけてゆるむ”という大きくえっち崩れするのも特徴でしょう。
もともと巧い方ですが、今回は収録作品の時期に差があるため、前巻よりも若干だけ不安定。
なんだろう、新しい原稿はバランスとか良くなっているかなぁ…。

…以上、前巻「Groove Tube」もやや極端な妹系で偏っていましたが、またより違った方面に傾いた1冊でした。
個性のある描き方と、センセの趣味が丸出しとなったネタであるため、人を選ぶと思われます。

YELLOW★POP (メガストアコミックスシリーズ No. 174)YELLOW★POP (メガストアコミックスシリーズ No. 174)
(2008/06/19)
けものの★

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : コメディー コスプレ パンチラ サラリーマン チアガール 小悪魔

comment

Secret

そうですか!

なるほど…まぁ、機会があればまた続編もあり得るってことでしょう。
(正直、やっぱりあまり好きなネタではないんですよねー)

年代と趣味が近いというのは、心強いです。

はじめまして。いつも参考になるレビューにお世話になっております。
ひでるさんとは年代と趣味が近いのか、読んでいて肯くことしきりです。

表題作「YELLOW★POP」シリーズですが、残念ながら4話で……
とはいえ、Blogや某所の本人スレでまで、丁寧且つ気さくにお返事して下さるけものの☆先生曰く
豊川ちゃん達もいずれ機会があればとの事ですので、同一世界観の作品を待ちましょう。
アンケとか送りながら。
QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。