FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■美少女戦隊ペタリコン (はせ☆裕)

★まんがデーター [13/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■■
・属性 : 戦隊モノ・コメディー
・おまけ: あとがき、合間に別絵、
      修正あり。
・その他: 初単行本、登場人物紹介、
      全10話+おまけ。
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「はせ☆裕(はせ・ゆうひろし)」センセの「美少女戦隊ペタリコン」です。[20100613]

はい、ようやくこちらを読みました。
時間なくタイミングも悪く、ずっと未読コーナーに積まれたままだったんですねー。

ペタリコン
※おまけ:美少女戦隊ペタリコン
 大まかには、こんな漫画です(笑)

そんなこんなで、初単行本という「はせ☆裕」センセ。
一般漫画だというのに、↓表紙の時点でかなりブッ飛んでいるような「美少女戦隊ペタリコン」です。
こちらは全て表題という長編でして、センセのHPによると「単行本の方が連載時より多少過激になっている」とのことでした。
わざわざ修正されたんですねー、お疲れ様です。

西暦20XX年。
地球侵略の宇宙人は、東京及び各国の上空に宇宙船と共に出現したのでした。
人類存亡の危機を未然に察知していた「国立正義の秘密基地」の博士らは、密かに整えていた対抗手段を小学生の「桃山りん」、「黒龍雨まや」、「白根井かな」という選別していた3名に託すのです。
掛け声「ペタリチェンジ」にて、特種戦闘着”PETALIスーツ”をまとった「ペタリコン」に変身。
各国正規軍、国防軍などがあっさり敗れるほどの強敵に敢然と立ち向かうのでした…。
大雑把ですが、だいたいそんなん。

白根井かな
※ペタリホワイト「白根井かな」
 不知火流剛術拳の免許皆伝。羞恥心ズレており、実は最強キャラなのかも。下着は白。

コメディー色の強い、ロリえっちくさい漫画ですね。
作中ではパロディーっぽい描写もありましたんで、色々とネタが分かればより楽しめるでしょう。
逆に、↑そうしたキーワードの嫌いな方は、全編に垂れ流されるので気をつけて下さい。
まぁ、タイトル・↓表紙の時点で手に取らないでしょうけれど。

まずお話について。、
1話から全編コメディーちっくな他愛ないものがつらつらと続いておりますが、7話にて同能力な敵「デビルペタリコン」に敗北した後には、次々と各地が制圧されるなどの描写もありました。
…が。
ラスト10話にて、驚くくらいに全ての事柄が合致する、怒涛のオチが用意されております
ちょっと大袈裟かもしれませんが、結構関心…じゃないな、深く納得しました。
あちこちにあったギャグのような事柄も、実は伏線だったりもするんですねー(笑)
それがどんなんかは、ぜひ単行本でご確認下さい。

桃山りん
※ペタリピンク「桃山りん」
 ツインテールの主人公。こうして前面に出ること多いのです。下着はピンクのシマパンで紐。

続いて目立つえっち描写についてですが、一般系の限界に挑んだような風情ですね。
いわゆる成年漫画のロリ系とは違って、しっかり描写されないぎりぎり感が、逆にエロティックさを醸し出しておりました。
変身前後関係なくパンチラ(モロ)してたり、やたら頻繁に脱いだり脱がされたりしております。
また、”着ていた服が弾け飛ぶ変身シーン”は「キューティーハニー」から続くお約束そのまま。
しかも1話では、しっかりとページ数が割かれておりました。

何だこの恥ずいかっこうはー!!?
…とか「りんちゃん」言っておりました、変身後の特種戦闘着「PETALIスーツ」ですが、打撃や熱などには強いものの基本的には布なのであっさり破れてしまうとか(笑)
4、5話では触手な敵キャラが、これまたお約束みたいに衣服だけを溶かしたりしてます。
ちなみに、スーツによって増幅されるエネルギー「P.E.値(ぴゅあ・えなじー値)」は羞恥心によってアップするため、”脱げば脱ぐほど強くなる”、という、まるでどこぞのゲームみたいなオイシイ設定(※名作「バトルスキンパニック」ね)なのでした。
これがため、過剰なほどのサービスカット後に、見事逆転勝利するという展開が自然なものになるのです。
ほか、一時的にデザイン変わったり(3話:極端に露出度が増していた)、強化型になったり(8話)もありましたので、真面目にゲームとかになっても、楽しいかもしれませんよ

黒龍雨まや
※ペタリブラック「黒龍雨まや」
 お嬢様です。ロングな黒髪と黒の下着がいいですね。性格もあり、準えっち要員っぽい扱いでした。

細線のしっかりとした絵柄。
人物絵はこざっぱりとした、コメディーちっくな絵柄です。
兵器、背景などは細かく描き込まれておりましたが、どうにも人物絵の印象が強いんですねー。
このため、双方が合わさると、人が浮かび上がっているような感覚がありました。
そんな訳で、ほわーんとユルめな↓表紙とは裏腹に、漫画本編はごっちゃりと細かく、色も濃い目。
コマ割りも小さかったですね。
キャラについての判断は↓表紙で問題ありませんが、全体的には裏表紙のような風情です。

お話の展開・長さは1巻完結で丁度良かったと思います。
ただ、お話から絵柄まで極端に人を選ぶものなので、注意して下さい。
こんなんもアリではないかなぁ。

美少女戦隊ペタリコン (電撃コミックス)美少女戦隊ペタリコン (電撃コミックス)
(2008/02)
はせ 裕

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : コメディー ツインテール パンチラ パロディー シマパン バトルスキンパニック

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。