FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ようこそ。若葉荘へ 2巻[完結] (阿倍野ちゃこ)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■□□
・独創性:■■■□□
・属性 : コメディーラブコメ
・おまけ: あとがき漫画、カバー裏に別絵、
      なかがきで4コマ。
・その他: 折り返しにコメント、
      カラー(8P)、全2巻。
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「阿倍野ちゃこ(あべの・ちゃこ)」センセの「ようこそ。若葉荘へ 2巻[完結]」です。

こないだ紹介しました「けものの★」センセの新刊「YELLOW★POP」が気になっているひでるです。
本日も強烈に眠いので、前置きそこそこに始めさせて頂きます。

こちらは、既に1巻を紹介しております「阿倍野ちゃこ」センセの「ようこそ。若葉荘へ 2巻[完結]」です。
集団共同生活漫画の2巻ですね。
1巻では、方向性がふらふらと微妙な感じもありましたが、完結となる2巻ではどんなもんでしょう?

東宮院華憐、沢井知花子
※左:東宮院華憐、右:沢井知花子
 この「知花子ちゃん」にはもっと引っかき回してほしかったですねー。

去年の文化祭で見かけた「東宮院華憐(とうぐういん・かれん)」を追い、同クラスの高校1年生となった主人公「沢井健太郎」
クラスでは休学で空振りだったものの、住むアパート「若葉荘」の管理人として着任した彼女と無事に再会。
やや天然な「華憐ちゃん」に振り回されるほか、”若葉荘3美少女”という、スポーツ少女「加藤ひなた」、エッセイ漫画家「仲本樹」、眼鏡の優等生「荒井アラシ」らと賑やかで華やかな生活を続けておりました。
そのうち、「アラシさん」は「健太郎くん」と幼馴染みという間柄で、お互い昔から気になる存在。
しかし、眼鏡を掛け、髪型が違うというだけでまったく気付かれなかったことに腹を立て、黙っていたのでした。
…だいたいそんなん。

可もなく、不可もなくという感じかなぁ。
キャラが固まったこともあるのか、1巻よりはだいぶ安定しておりました。
前巻同様、こちらでも幼馴染み「アラシさん」がよく目立つ構成。
7話までまともに名前すらなかった彼女が8話にてわざわざ大抜擢されたのは、ヒロイン「華憐ちゃん」が弱いためかなぁ。
ある程度の覚悟(※それが何かは2巻後半で明らかになります)と、独特なテンションがため、なかなか恋愛対象という枠組みに入ってくれないキャラ設定。
同じ屋根の下という身近にいても、「健太郎くん」では憧れの対象にはなったとしても、恋愛にはならないでしょうね。

荒井アラシ
※荒井アラシ
 どちらも「アラシさん」なのです。ブルマですよ。

その点、ツンデレっぽい性格で何かと絡む「アラシさん」は、彼が憧れる存在なヒロインと張り合う対抗馬には最適。
また、やたら鈍い「健太郎くん」は眼鏡の着脱で同一人物を見分けることができないため、それを逆利用して幼稚園時代の幼馴染みで初恋相手という「しーちゃん」に化けるいう点が、良いポイントになっておりました。
体育祭で追い詰められていた際に颯爽と登場するシーンなど、かなり良かったと思います。
ただ、それが良かっただけ、1巻の迷走っぷりは残念なところでした
序盤からこのネタで引っ張っていれば、また違った色が出ていたかなぁ。

そんな「アラシさん」の過去を知る、「健太郎くん」の妹「沢井知花子」さん登場の17、18話。
悪い奴じゃないけど、悪気はある奴
ということで、初登場数ページの雰囲気と裏腹に、やたら腹黒く性格の悪い「知花子さん」
この娘も、もっと早く出すべきだったかなぁ…。
部活でのシーンとか、彼女の描く4コマ漫画など、コメディー要員として抜群の働きでした。
なにげに、体育祭でも紅組を大逆転に導く、重要な役回りを演じております。

実は腹黒い
※実は腹黒い「知花子ちゃん」
 悪い顔してます。上の絵柄と見比べて下さい。

終盤23話からは「華憐ちゃん」のエピソードに戻るんですが、これを前半に入れて早々に三角関係とした方が漫画としては正解でしたね。
「アラシさん」の正体が露見するあたりも、なんだか勿体ない感じでした。
ここはもっと劇的に出来たと思います。

すっきりとした綺麗な絵柄。
前巻より安定感は増しており、シリアスからコメディーまで気になる点はありません。
イラストも巧い方ですが、漫画も巧い方だと思います。
癖も強くなく、万人に好かれるタイプでしょう。
判断は↓表紙にてどうぞ。

そんなこんなで、綺麗な絵柄、そこはかとないお色気、各所エピソードとコメディー部分は十分楽しめるものでした。
(※説明されなかった、「黒いブヨブヨ」という謎の物体が入ったおかゆとか…)
ただずっと述べてきたように、ふら付いていたお話は大きなマイナス点です。
登場キャラについても、人数絞っても良かったかなぁ。
うん、次の漫画に期待ですねー。

ようこそ。若葉荘へ (2) (まんがタイムKRコミックス) (まんがタイムKRコミックス)ようこそ。若葉荘へ (2) (まんがタイムKRコミックス) (まんがタイムKRコミックス)
(2008/05/27)
阿倍野 ちゃこ

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ラブコメ コメディー 三角関係

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。