FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■神に叛きし天使 (たかねのはな)

★まんがデーター [10/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・天使
・おまけ: あとがき、ゲストページ、
       カラー描き下ろし「神に叛きし天使-outline-」、
       描き下ろし「神に叛きし天使-エピローグ-」、
       カバー裏に線画・作品解説。
・その他: 初単行本、カラー(4P)、短編×10
      (うち「神に叛きし天使」×5、「神を崇めし少女」×2)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「たかねのはな」センセの「神に叛きし天使」です。

はい、今のところ一般漫画にコレというものがなかったので、成年漫画を連続させて頂きます。
手持ちに、いくつか無い訳でもないんですけどねー。
どれも紹介したいという気がおきないのです。

そんな訳で、”ブログにしたくなる単行本”というこちら、「神に叛きし天使」は「たかねのはな」センセの初単行本です。
発売されたあたりでは見逃してしまったようですが、後にアマゾンで見て↓表紙にひかれてので、探してゲットしました。
なかなか良い感じですよね?
↓表紙の絵やバランスも素敵ですし。
実際の白黒絵についても大まかにはそんなんで、またお話は表題の中編がメインという構成になっております。
連続話が好きなひでるさんとしては、こんなんも嬉しい誤算でした。

人間「安藤美紗」、悪魔「アザゼル」、堕天使「ルミエル」
※左から、人間「安藤美紗」、悪魔「アザゼル」、堕天使「ルミエル」
 「ルミエルさん」の堕天使モードはもう少し下まで入れたかったんですが…でちゃってるのよ。

さっそく、描き下ろしも含むメインの中編「神に叛きし天使」から。
東南アジア方面、第一特務小隊・第八階級の大天使「ルミエル」
”男性の精を魔力に変換・蓄積する特殊能力”を有する人間、「安藤美紗」を抹殺する命に背いたことで、罪に問われてしまうのでした。
天界での審問の結果、”無期蟲役”という、重い処分が下されてしまうのです。
昔馴染みで副隊長という、第八階級の大天使「アリエール」にも見放された「ルミエル」は、地下牢にて「堕蟲」の激しい責めを受け続けることとなったのです。
そこで、ある目的のため、「ルミエル」は神に叛くことを決意するのでした…。
大雑把には、だいたいそんなお話。

ちょっとしたファンタジー・バトルちっくな漫画に、エロス要素が追加された定番というべき作品です。
発売「キルタイムコミュニケーション」さんということで、↓表紙そのまま、触手がうねうねとするお話になっておりました。
なにしろ、「美紗さん」のえっちシーン以外は、ほぼ触手が絡まってくるような展開で、地下牢では天使「ルミエルさん」が。
覚醒した「美紗さん」と対峙した天使「アリエールさん」は、期待通りに敗北して低級妖魔に~。
さらに、堕天使となった「ルミエルさん」も、勇ましい登場とは裏腹にあっさり捕縛されておりました。
壁の中の天使/ここのき奈緒」の闘うヒロイン「相沢夏美」、「Feuerig/MISS BLACK」に登場する聖騎士「エルズ(イェルズベート)」などのように、本来えっちとは無縁そうなキャラが色々されてしまう~という基本設定、お話の展開など、こうした系の基本を忠実に守っておりますね

沙枝、大天使「ルミエル」
※左:魔法少女「沙枝」、右:大天使「ルミエル」
 なにげに比較絵です。どうですか、かなり良くなっているでしょう?

こちらのヒロイン「ルミエルさん」は人間を超越した存在である大天使。
外観としては女の子そのまんまなんですが、完全ファンタジー世界の身近でないキャラがため、あるいは好き嫌いが分かれるところかもしれません。
しかし、ゲーム「ランブルローズ」にある善悪キャラのような、”同人物の裏モード”というべき堕天使での顔をしっかり見せていたため、それだけで単純に幅は広がっておりました。

単に外観が変わっただけという堕天使「ルミエルさん」については、正直いま一歩というところ。
もっとギリギリ感があったなら、より良かったように思います。(※性感が増すということはあるみたい)
前述しております、触手えっちについても、だいぶ大人しい描写かなぁ…。
せっかく天使という設定なので、もっとズタボロされても…って、アブない考えですね(笑)
おへそあたりを貫通させられるシーンなどありましたが、それも控え目でした。

単行本後半に収録された前後編「神を崇めし少女」ですが、コレ実は「神に叛きし天使」の発端エピソードなのです。
なんと、収録のうち7話は全て天使「ルミエルさん」のお話なんですね。
こちら「神を崇めし少女」では、悪魔「アザゼル」との対決話で、複数のゾンビに次々されてしまうのでした。
描き慣れてきたというのもあるのか作画は良好で、派手な液体描写がために雰囲気はよりえっちっぽくなっております。
…触手ではないんですけどね。
読んでいる最中、ゾンビのアソコって~~とか、ひでるさん考えてましたが、作品解説を見たら「たかねのはな」センセも同様な考えでありました。
ちょっとびっくりです。
なるほど、却下だったんですか。

ほか、「堕天」は「淫獣聖戦」、「起死回生!?」は「魔法少女沙枝」という。それぞれアンソロジーもの。
これらは元ネタを知っているかどうかで楽しさが変わるでしょう。
ひでるさんは、「起死回生!?」の方がまるでわかりませんでした。
なお、そのどちらも初期頃の作品らしく、作画はそれなり。
短編「おいしい乳牛」は牛娘とのコメディー話で、収録では最も異質ながらもっとも一般的な漫画です(笑)
こうしたキャラの場合、胸~ミルクとなるところでしょうが、前半は”牛肉”とか言っていたのが、なんだか新鮮でした。
普通なら、とりあえず「胸」にいきますよねー。

しっかりとした太い線のかちかちっとした絵柄。
まだ若干の硬さがあり、触手えっち部分もそんな雰囲気でしたが、大崩れはありません。
頭が丸く可愛らしいキャラ絵はそれなりにバランスがとれておりました。
前述しているように、時期によって多少の差があります。
収録比率では表題の連続話が新しいものであったため、全体としておむね問題ない程度でしょう。
最近の原稿になるにつれて洗練され、巧くなっておりましたんで、次巻も楽しみな漫画家さんです。

神に叛きし天使 (アンリアルコミックス 10) (アンリアルコミックス 10)神に叛きし天使 (アンリアルコミックス 10) (アンリアルコミックス 10)
(2008/02/29)
たかねのはな

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : コメディー ファンタジー キルタイムコミュニケーション 魔法少女

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。