FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■絶頂スイッチ (ゼロの者)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・むっちり
・おまけ: あとがき。
・その他: カラー(4P)、短編×8
      (うち「ねえさんP」×3)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「ゼロの者」センセの「絶頂スイッチ」です。

衝撃の長期連載「わすれな」がいまだに強く印象深い、「ゼロの者」センセ。
発売されていた最新刊「絶頂スイッチ」は…14冊目の単行本……で、いいんですよね?
こちらは3話ほどの中編もありますが、旧来通りな短編集という色になっておりました。

ネコ耳「山田さん」
※ネコ耳「山田さん」です。
 衝撃的なカラーページについては、ぜひ単行本でどうぞ。

冒頭カラーページからの短編「にゃっ!」
普段は目の色暗く、存在感すら薄いというクラスメイト「山田」さん。
しかし、ネコ耳をつけた途端、語尾が「~にゃ」と変化してしまう、おかしなネコ体質があったのでした。
放課後に一人居残ってぼんやり読書していた「山田さん」に何気なくソレを装着した「黒田」くんは、そのような意外な彼女の一面を知ってしまうのです。
それからというもの…。
だいたいそんなお話。

単行本表題がこちらの短編であるため、当然ながらヒロイン「山田さん」が↓表紙を飾っております。
…いやぁ、カラーだとまたモノ凄いですねー。
冒頭の漫画となっているんですが、いきなりぶっ飛ばした内容で驚きました。
特に、表紙から続く1ページ目と、めくった後である2ページ目の落差には、戦慄が走ることでしょう。たぶん。
そんなネコ耳漫画な短編でした。
まぁ、こんなんは現実にありえないですよね。

胸を触られるとめろめろになってしまう、「あいちゃん」と同じ系統な、現代ファンタジーですよ。
ひょっとして、この娘何かに憑かれているのではないでしょうか。
…昔お祭りなどであった、見世物小屋みたいなやつ(笑)
漫画では、耳だけでなく首輪とか尻尾までをとっつけられておりました。
こんなことやってると、「黒田くん」もなんだか道を踏み外してしまいそうですね。
いや、もう十分戻ってこれないレベルかな。

漫画家「魅花ちゃん」
※漫画家「魅花ちゃん」です。
 「お兄ちゃんのを使っているから」…とは?

そちらとはやや趣が異なる現代ファンタジー「ガラクタでも。」
おっちゃん世代(※ひでるさんはまだ…だと思っているんですが……)な方が憧れてやまないシチュエーションですね。
先の短編とは違って、静かで落ち着いたイイお話。
誘い方とかラストページの問いかけとか、期待通りによくまとまっておりました。
あんなんいいですねー。

収録では唯一の連続話「ねえさんP」
中学生「葛(かずら)」くんは念願の一人部屋をゲットしました。
しかし、仕事の関係で都合がいいという叔母「真由美」さん、離婚して亡くなった母親代わりに家事全般を担当する「雛子」さんらが居候。
なぜか、「葛くん」の部屋で寝泊まりするのでした。

二階建てらしい持家だというのに、わざわざ同じ部屋で三人寝ているってーのは……まぁ、些細なことだし、いいか。
年頃なのに、二人に抱きつかれるようにして眠らなければいけない、「葛くん」の苦労が伝わってきました。
あれで手を出せないというのは、生き地獄ですね。
なお、タイトルとしては「ねえさんP」ですが、「雛子さん」が元人妻だったりすることもあり、むちむちとアダルトちっくな雰囲気が漂う中編でした。
普段ははっちゃけているのに、胸を触った程度で動揺してしまう「真由美さん」、無防備で人懐っこい「雛子さん」というWヒロインの差が明白で良かったです。
うん、疑いなく一緒にお風呂へ入ってしまう「真由美さん」は、”こちらから強引にアプローチしない限り絶対させてはくれないタイプ”でしょう。
そんな訳で、2話目の作戦はなかなか見事でした。

叔母「雛子さん」・「真由美さん」
※叔母「雛子さん」・「真由美さん」
 むちむち姉妹です。あちこち場面にての違いが見どころです。

ほか、いわゆる双子の感覚リンクえっち漫画「りんくっ」
こちらは姉「滝川かこ」、妹「滝川未来」という双子姉妹ですね。双子男女でないのがポイント。
まるまる説明という1ページ目ですが、限られた中でお話からえっちまで盛り込まなければいけない成年漫画とはいえ、あまり歓迎できない手法。
だいたい、このベージは省いても問題なかったと思うのだけれど…。
始まりはともかく、非常に気になる終わり方をするので、ぜひ続きを描いてほしいところでした。

えっち漫画家の妹「魅花」ちゃんの「妹せんせーっ」
ちなみに、裏表紙に登場しているのが「魅花ちゃん」です。(※本編はブルマではありませんが)
重度の男性恐怖症ながら、お兄ちゃんのだけは平気という「魅花ちゃん」
眼鏡かけてる方が可愛いかなぁ。
色々と欲求を持ってぎりぎりまではしているものの、お兄ちゃんがまとも(笑)な方らしく、実際にえっちにまでは至っておりません。
成年漫画だとこんなん逆にめずらしいですね。
モデルだのなんだのってやりとりは続きそうですし、「魅花ちゃん」も外に出て行かないようですし…今後はやばそうでしたが。
またどーでもいいですけど、下着に名前が書いてあるのが、なんだか妙に気になりました。

かなりぷにぷにとした、肉感的なキャラを描かれる「ゼロの者」センセ。
柔らかな曲線と薄めな色使いが特徴で、ページ全体はごっちゃり系です。
さすがに安定感は抜群ですね。
輪郭からスタイルまで横幅広く、汗だくになるキャラ絵など癖が強い方なので人を選ぶでしょう。
↓表紙・裏表紙そのままの判断で問題ありません。

ひでるさんはその属性ありませんが、メイン扱いの「にゃっ!」など印象的な短編も収録されておりました。
…でも、前の印象が強いこともあるので、やっぱりキャラがしっかり描かれる長編なり中編が読みたいですねー。

絶頂スイッチ

絶頂スイッチ (いずみコミックス 5)

※こんなんですか?
猫耳カチューシャ 前耳(白)猫耳カチューシャ 前耳(白)
()
不明

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ファンタジー 男性恐怖症

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。