FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■PINKS LINKS (アシオミマサト)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■□□
・属性 : 成年・ラブコメ
・おまけ: あとがき+イラスト(2P)
・その他: カラー(4P)、短編×7。

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「アシオミマサト」センセの「PINKS LINKS[ピンクス リンクス]」です。

またまた初単行本ですね。
…とか思っていたら、さにあらず。
ネット検索してセンセのHPを見てみたら、過去に同人誌の編集単行本「ゲームホリック」というのを出されいたようなので、正確には2冊目。
(※その際のお名前は「時原マサト」となっておりました)
同人誌活動が長く、商業誌での活動は最近になってからのようです。
全体的に安定感あるのはそのためなのでしょう。

さて、こちら「PINKS LINKS[ピンクス リンクス]」はオリジナル漫画での初単行本です。
全て短編という構成で、全体的には優しいラブコメ漫画。
展開はありがちでスタンダードなものですが、読後感良く、えっち描写も派手でよくまとまった単行本だと思います

双子の姉「環野桃愛」、妹「加奈」
※左:双子の姉「環野桃愛」、右:妹「加奈さん」
 こちらの「桃愛さん」はキャラも話も好みでした。続きは…無理か。

双子主人公ではよくある、感覚リンクえっち漫画「PINKS LINKS」
姉「環野桃愛」さん、弟「環野桃夜」くんは双子の姉弟。
性的快感がそれぞれに伝わってしまうという、厄介な体質だったのです。
最近の「桃愛さん」は頻繁に言い寄ってくる金持ちのドラ息子に、手を焼いておりました。
まったく相手にしていなかったんですが、ある日飲み物に薬を混ぜられてしまい…。
だいたいそんなお話。

こちらが表題になってますから、↓表紙と折り返しの娘はヒロイン「桃愛さん」でいいのかな?
成年漫画では定番ネタのひとつなんですが、危険の察知からえっちに至るまでの経緯、それぞれの感情など、あちこちでそれが効果的に用いられておりました
冒頭の授業中シーンはいきなりいい感じですねー。
ひでるさん、こんなん大好きなのです(笑)
ちょっと気の強そうな「桃愛さん」の素が可愛らしく、
俺が絶対守ってやるから
という、弟「桃夜くん」の告白めいた台詞に揺れる、ふとした表情がいいものでした。
”お互い同時だと快感が上乗せされる”ということで、それなら…っていう流れは当人同士なら絶対に考えることですよねー。
しんみりとしたモノローグ部分でしたが、ラストは期待通りの綺麗なものでひと安心。

義姉「吉川雛美」、野島さん
※左:義姉「吉川雛美」、右:野島さん
 なんだか似たポーズですが、全然異なるシチュエーションです。「雛美さん」いいなぁ。

唯一の人妻(元)系「PUNISHMENT SAILOR GAME」
もう1年近くも義姉「吉川雛美」さんのもとに晩御飯をつくりに通う「勇馬」くん。
兄「和馬」が結婚後すぐに事故で亡くなってしまったということで、「雛美さん」の親友「紗枝」さんと共に身の周りのサポートをしていたのです。
ある日、訪れると「雛美さん」は罰ゲームということで、セーラー服なんぞを着ておりました。
突然出かけることとなった「紗枝さん」は”こっそり服を着替えないように”と、1時間置きにメールを送るよう「勇馬くん」に命じるのです。

むちむちな制服姿が年相応な娘さんと違っていいですね。
胸周りも苦しいし、スカートも丈が…
なーんて、わざわざ説明してくれるところが泣かせます。
また写真撮る時もポーズをつくったりなんかして、「勇馬くん」がどぎまぎするのも当然でした。
「雛美さん」、いいですよっ!素敵です!!
なお、お話は誰もがやっぱりと気付くだろう黄金展開でした。
だいたい「雛美さんはブラしてなかったみたいですし、女二人でなにを話し合っていたのやら…。

「Stylish Potion」はひでるさん好みな知的キャラが登場するお話。
眼鏡の「橘葵」さんは研究室の先輩。
頭が良くクールな彼女は2年後輩である「健太」くんの憧れの人。
そのため、パシリとして扱われながらも、内心は悪い気でなかったのです。
普段は無愛想・無頓着なタイプの「葵さん」でしたが、最近はなんだか色っぽくなっているように感じていたのでした…。

橘葵
※おまけ:研究室の先輩「橘葵さん」
 これですね、「カッコイイぞ」
 
前半と後半で大きく変わるヒロイン、「葵さん」のギャップを楽しむ漫画ですね。
フキダシの隅に小さくある「カッコイイ」という言葉、えっちシーンでたびたび登場する「かっこ悪い」という台詞が彼女の性格付けに一役買っております。
知的な彼女の、めろめろラブラブな様をぜひ堪能して下さい。
しかし、物を拾わせてわざとパンチラを見せるてーあたりは…男子の夢ですね(笑)

ほか、「DREAM HAND」は、好きになってしまった「上木」くんの手に触れるだけで、えっちな気持ちになってしまう「野島」さんのお話。
途中の、キスする後方の窓むこうで野球部員がぞろぞろ通るカットがあるんですが、そこがなんだかもの凄く印象的でした。
ちょっと指が触れただけで過敏な反応していた「野島さん」ですが、それが逆に作用する流れが良かったです。
もうひとつ、「Dear Voice」は声にスポットが当てられたエピソード。
笑みを絶やさない、ほとんど喋らない男性「泉鐘太」くんが”えっちの際にもっとも頻繁に声を出す”ということで、積極的に迫る「琴乃」ちゃんが可愛らしい短編でした。当然、オチも声でまとめられております。
「Warning Morning!」は妹「加奈」さんが”お約束的な起こし方”で始まる兄妹の近親話。
なにげに、それが後でちゃんとネタとなっているところがポイントでしょう。

線がやや太めで強く、濃い絵柄。
黒が強く、トーン処理も目立つため、ページは重ためでどっしりとした雰囲気。
こういった感じのが流行りですよねー。
小さいコマと大きめなコマが交互にあるような構成で、えっちシーンになるとページぶち抜きが多かったです。
切れ長な目と細い輪郭が特徴で、「加奈さん」のような妹キャラもおりましたが、曲線豊かで濃厚なため、色っぽい系統のが合っていると思いました。
大事なトコロなど描き込みは細かく、消してはあるもののほぼ丸見え。
そんなん好きな方はより良いでしょう。(※内臓描写まであるので、苦手な方は注意)
下着の柄なども細かくていいですね。
原稿は最近のものばかり(※最も過去である2006年のが1話。あとはすべて2007年以降)と、全体は安定しております。
裏表紙は「ティーアイネット」さんの基本形で、各キャラの漫画カットがありました。
そちらを参考に判断するのがベスト。

目新しさはあまりないものの、読後感良いラブコメ話はいいものですね~。
絵柄は好みでしたし、何点か印象に残った箇所もありました。
ぜひ名前を覚えておきたい、今後が楽しみな漫画家さんです。

PINKS LINKS (MUJIN COMICS)PINKS LINKS (MUJIN COMICS)
(2008/04/04)
アシオミ マサト

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ パンチラ ティーアイネット

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。