FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■いたずら子猫Twins (南条飛鳥)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■■
・属性 : 成年・ラブコメ
・おまけ: あとがき、寄稿原稿著者紹介、ゲストページ、
      キャラ・作品コメント、カバー裏にリンク別絵。
・その他: 全て表題作(全9話。うち同人誌発表1話)

本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「南条飛鳥(なんじょう・あすか)」センセの「いたずら子猫Twins」です。

やっぱり、山積みされている漫画というのは”なにかしら評価されている”ものですね。
こちらの「いたずら子猫Twins」は↓表紙のようなネコ耳から、そういう系統かなーって思ったのでスルーしかかっていたんですが…今週末は他にコレという本がなかったので、ぎりぎり・寸前で手にしてみたんです。
そんな経緯だったんですが、読んでみるとなかなか独特な作風で新鮮味に溢れた良作なのでした。
オススメです。

甘木原姉妹
※Wヒロイン「甘木原姉妹」です。
 実は比較絵になってます。左が1話、右がラストでの二人なのですが。

さて、「南条飛鳥」センセの久し振りっぽい単行本「いたずら子猫Twins」は3冊目。
全て表題作の長編でして、当然ながらまとまりもいいので、↓表紙・裏表紙などぐるりに違和感ない方は問題ないでしょう。
ちなみに、ひでるさん不得意な「~耳」というお話は番外編みたいな1話だけ(※厳密には2回)であったので、そういった系統が好みである方は逆に注意。

ツインテールの「甘木原柚香(あまぎはら・ゆずか)」、ストレートロングな「甘木原梨香(あまぎはら・りか)」という双子の従姉をもつ主人公「コウ」ちゃん。
暴虐無人な二人が遊びに来ていたため、学校から家へ帰るのがとっても憂鬱なのでした。
そして今日も、帰宅した「コウちゃん」は為す術もないまま色々とされてしまうのです…。
だいたいそんなん。

えっちメインなラブコメ漫画ですね。
ツインテールとストレートロングというキャラ配置は、まるで「あづまゆき」センセみたい。
こちらの特徴は、主人公・Wヒロインという三名以外のキャラを徹底的に排除したところで、お話についてもぎりぎり最低限でえっちメイン
それぞれエピソードの繋がりも強くはなく、どこからでも楽しめる、分かり易い漫画になっておりました。
これがなかなか良いのです。

各短編は「ゆずか」「りか」の双子姉妹に好き勝手される、「コウちゃん」の不幸だか幸福だかという様が、色々なシチュエーションにてつらつらと描かれておりました。
ワンパターンな繰り返しなんですが、中途半端でない思い切った切り捨て具合がスゴかったです。
ややこしいことはまっったくないので、軽く楽しむに最適でしょう。

甘木原柚香、甘木原梨香
※甘木原柚香、甘木原梨香です。
 単独でのえっちがないのも特徴。「ゆずかちゃん」のがやや目立っていたかなぁ。

主人公「コウちゃん」は自分のことを小間使いとかドレイとかいう単語で表現してましたが、こりゃ「玩具」ですかね。
家は無論のこと、授業中まで勝手に呼び出される自由な振舞いをされており、作中で唯一の常識人である彼は見事に翻弄されまくっておりました。
全裸にコートだけという格好で外出を付き合わされたり、新幹線を個室グリーン車(※現在は廃止)で手配してたり…学校プールのエピソードはなかなかえっちでした。
ここはオチも面白いのです。
”何かあったらセッカンよ”
とか、メモを残す彼の母親は二人ファンであるらしいんですが…。
ああ、あの二人は他人の目があったりする場面では、態度をガラりと変えてそうですねー。
自分の息子があーんなことされてるのも、おそらくは知らないのでしょう(笑)
ちなみに、母親は単語で登場しますが、実際に姿は一度も描かれておりません。
二人の違う一面も見たかったんですけどね。

また、前述しているように、基本的にお話部分はそれなりのもの。
しかし、姉妹が引っ越すという2話のエピソードにて、お約束そのまま実際は隣(※正確には裏)であったという展開があるんですが、ちゃんと周辺の流れがフリになっていたというのには驚きました。
また、収録ラストは特にきっちりとした終わり方になっておりません。
とりあえずひと段落させた程度の様子で、まだまだ色々できる余地があると思いますから…異なるシチュエーションをまた見たいですね。
あとがきに「お風呂場えっちも描いてみたかった」とありましたし。

くっきり線のさっぱりとした絵柄。
コマの合間にある、ヒトデのような崩し絵については読み手次第かなー。
連載はかなりの長期であったらしく、04年から07年とかなり広範囲。
単行本化にあたって修正もされてるんでしょうか、後半は可愛らしくまとまった印象でしたが、全体さして大きな違和感は感じませんでした。
描き方に癖があるので人を選びますが、↓表紙・裏表紙の判断で問題ありません。
見た目そのまんまなロリ系については、そっち専門の漫画と比べて濃くはないため、間口としては広いでしょう。

単行本を横にした構図も思い切ってますね。
これは店頭での置き方を選ぶものの、双子姉妹「ゆずか」「りか」の並びは広く、いい感じだと思いました。
ちなみに特典として、センセのHPにてCGのブレゼントをされております。
購入者はぜひアクセスしてみましょう。

いたずら子猫Twins (TENMAコミックス RiN)いたずら子猫Twins (TENMAコミックス RiN)
(2008/03/27)
南条 飛鳥

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ツインテール ラブコメ コメディー

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。