FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■モモタノハナ (井ノ本リカ子)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■□
・属性 : ラブコメ・恋愛
・おまけ: あとがき、キャラ紹介、
      カバー裏に4コマ。
・その他: 全て表題作(10話)、折り返しにプロフィール。
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「井ノ本リカ子(いのもと・りかこ)」センセの「モモタノハナ」です。

たまにはえろくない漫画をば。
こちらは、成年漫画から見たくない系統の漫画(BL)まで手掛ける、「井ノ本リカ子」センセの一般向け単行本です。
絵柄が特徴ある方なので、過去にどこかで見た…ような気がします。たぶん。
とりあえず、漫画としてはこちらが初見なのでした。

冬野うめ
※Wヒロインの一人「冬野うめ」
 ひでるさんは「うめちゃん」派です。ショートカットだし(笑)

さて、「モモタノハナ」は全て表題作の長編漫画です。
あとがきにて「井ノ本リカ子」センセは、
あまり波のない感じの平凡ぽい、たらたらした日常ラブコメマンガ~
とか評しておりましたが、その通りな単行本になっておりました。

田舎の学校へ転校してきた主人公「春原桃太(すのはら・ももた)」くん。
面倒見のよいクラス委員「夏宮さおり」、お隣さん「冬野うめ」という、可愛く胸の大きい女性二人に出会ったこともあり、新しい学園生活は順調で楽しくスタートしておりました。
一方、オンラインゲームが切っ掛けで既にメル友となっていた女の子「hana」さん。
意気投合した彼女とはゲームをやめた今でも毎日メールをし合う間柄でしたが、「桃太くん」の使用キャラが女性ユーザーばかりであったため、女の子と勘違いされたままだったのです。
しかし、転校した学校の制服が似ているだけでなく、駅までが同じであると判明。
気になる男の子がいてね、今日の文化祭では劇の主役とかやったんだー
文化祭にて”ロミオとジュリエット”を「さおりさん」と主役を演じていた「桃太くん」はその男子が自分であると確信し、喜ぶよりも不安・罪悪感にさいなまれるのでした。
果たして、「桃太くん」の運命はいかに?

夏宮さおり
※Wヒロインの一人「夏宮さおり」
 この娘はどうしても一歩遠慮してしまう性格なんですねー。前半もいいですが、特に後半が良かったです。

前述しておりますが、ほんわりのどかなラブコメです。
くっついたり離れたり、ましてや三角関係で揉めたりしない、爽やかな青春ストーリーでした。
センセは”たらたら~”とか書いておりましたが、関係の枠外に位置していたメル友「hanaさん」の存在がポイント

転校初日から声をかけてくれた、優しく面倒見がいい「さおりさん」は一人で全て抱え込んでしまうタイプ。
彼女のちょっとした違和感にふと気づいた「桃太くん」が勇気を出したことで、仲良くなっていくのでした。

またもう一人、お隣に住む「うめちゃん」は、”複数なら大丈夫だが、単独で男子と接すると極度に緊張してしまう”娘さん。
ひょんな偶然も手伝って、誤解が解け、お友達になるのです。

…そんな二人とは”最も仲の良い男子”までで、付き合うまでには至っておりません。
文化祭の劇がため「さおりさん」とはより親しくなり、その練習風景を誤解した「うめちゃん」にはより意識される存在に…と、あと一歩というところ。
そんな頃、「hanaさん」から決定的なメールが届いたことで、「桃太くん」は苦悩することとなるのです。
このあたりが平凡な日常ラブコメのスパイスとして、極端でない程度によく機能していたと思います。
序盤、ラストは静かな感覚でしたが、↑そんな訳で特に中盤あたりはのめり込んで読んでしまいました。
ラブコメが三度の飯より好きなひでるさんなのです。

おまけ:うめちゃん
※おまけ:お気に入り「うめちゃん」です。
 難儀な性格です。…それだけに、はっきり気持ちを認識すると突っ走りそうですが。

定番イベントであるバレンタインでは、それぞれ性格の違いからの対応が可愛らしく、眼鏡の「秋吉菊乃」さんがこれまた安定していた関係を脅かす、よい存在になっておりました。
しかし、「さおりさん」「うめちゃん」は難儀な性格してますねー(笑)

すらりとした柔らかな細線のあっさり絵柄。
白比率が非常に大きく、線画という雰囲気でした。
下手をすると、作業途中みたいな感じもしますが、こういう作画な方なんですね。
独特な目の処理とか、構図・コマ割りなど漫画の描き方が、どことなく少女漫画ちっくだと思います。
巧く安定感がありますが、癖が強いので読み手を選びます。
↓表紙のカラー絵をうまく脳内で白黒変換して、判断するのがいいでしょう。

ひでる個人的に好きな系統でした。
くすりゆびハニー」とか、成年系も見かけたら買ってしまいそうですね。(※こうして漫画が途方もなく増えていく…)
あ、詳しくは省略しますが、「さおりさん」のリボンのエピソードは微妙に強調されていたこともあって気付きました[本当]
ただ、単行本では雑誌掲載時から修正されてたんです。
一度ページを戻って「色合ってるよなぁ…」とか確認しちゃいましたよん。

モモタノハナ (MFコミックス アライブシリーズ)モモタノハナ (MFコミックス アライブシリーズ)
(2008/03/22)
井ノ本 リカ子

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ラブコメ ショートカット 少女漫画

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。