FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■わたしを有明へつれてって! (上連雀三平)

★まんがデーター [14/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■■
・属性 : 成年・ふたなり
・おまけ: あとがき漫画、イラスト、折り返しに4コマ、
      カバー裏に別絵・コメント。
・その他: 短編×11(うち「わたしを有明へつれてって!」×9)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「上連雀三平(かみれんじゃく・さんぺい)」センセの「わたしを有明へつれてって!」です。

だー、おつかれさまですぅー。
本日はまた仕事でへろへろになっていひでるです。
月半ばなので発売した本も少ないですし、とっとと風呂入って寝たいくらいなテンションなんですが…やります。
そんな訳で、本日はちょろっとで。

靖子さん、ひかりちゃん
※左:靖子さん、右:ひかりちゃん
 主役のお二人です。キャラもいいんですが、背景が素晴らしいですね。

「小野敏洋」という別名で一般モノも描かれる、長く活動している漫画家さんですね。
そんな訳でこちらの単行本も↓表紙・裏表紙そのまま、安定感のある一冊となっておりました。
内容としては9話ほど続く表題作の中編をメインとした構成で、おまけみたいな短編が2話ほど収録されております。
(※なお、短編1話はセンセの単行本「アナルジャスティス」の宣伝漫画です)

同人誌作家「靖子」さんはまだランドセルを背負う義務教育中なロリ少女「ひかり」ちゃんと付き合っておりました。
伝説の同人誌作家と勘違いしたことが付き合う切っ掛けという二人は、”東6ホールのトイレでえっちしたカップルは必ず結ばれる”という伝説のある、有明「ビック●イト」目指すのでした。
…ごく簡単ですがそんなん。

朋子ちゃん、聡美さん
※左:朋子ちゃん、右:聡美さん
 初登場時の「朋子ちゃん」は良かったですねー。

後に同人誌作家「靖子さん」の相棒で幼馴染みという眼鏡の「聡美」さん、「ひかりちゃん」のお友達でレズ相手という「朋子」ちゃんという二人が加わり、総勢4名が乱れるえっち漫画となっておりました。
外観は完全に女性なふたなりの「靖子さん」、ほか三名は全て女子ということで、男性不在な漫画は基本的に百合漫画ちっくな色。
ただ、えっちシーンは直接そのままがあちこち登場しており、ふたなり漫画独特な空気になっております。
そんな訳で、読み手をかなり選ぶ漫画でしょう。

特筆すべき点として、しっかり描かれた港町風景(※広島県尾道市)があります。
こちらがやたらのどかで、えっち頻繁である漫画ながら、独特な世界観が表現されておりました。
成年漫画に似つかわしくないくらいなのです。
癒されますね。
作品中では、そんな町の色々な場所でいたしてしまう二人なんですが、特に観光案内のような3話「青い週末」は見応えがあると思います。
ちなみに、そうした布石がちゃーんとラスト9話の「とても小さな物語」で活かされているところに巧さを感じました。

メインカップルな二人
おまけ:メインカップルな二人

外でするのは無論のこと、行列待ち最中などでもこっそりしているなど、やってることはブッ飛んだ漫画。
ですが、ノスタルジーな背景とやたら幸せそうな登場キャラがため、異常に読後感の良い中編となっておりました。
メインカップル「靖子さん」・「ひかりちゃん」の身体サイズは明らかに違い、抱き合っているだけで妙なえろさがあるというのに…不思議なもんですね(笑)
なんだか、妙な爽やかさに包まれておりましたよ
また、コメディー色も強い漫画でして、「朋子ちゃん」が初登場する2話「初恋に気づいて」での、メインカップルのえっちを目撃してしまった後の台詞が面白いです
しかし、有明がものスゴイ町として描かれてましたが…これは大丈夫なんでしょうかね。

短編、「肉の天使舞い降りて BLACK RX」は…シリーズものなのかな?
元ネタがわかる人には堪らない、実在声優をモデルとした漫画なのです。
ふたなり・レズ・声優という三本柱な組み合わせは、どえらいマニアックな世界となっておりました。
(※コンサートシーンとか)
洒落の分かる声優好きな方には、ピッタリな漫画でしょう。たぶん。

うかりたん、るいたん
※左:うかりたん、右:るいたん
 有名なので分かる方も多いでしょう。

しっかりとして乱れない、丁寧な線でのすっきり絵柄。
それでいて背景は詳細で巧く、雰囲気の豊かな作画となっておりました。
コメディーの崩しほか、表情もよかったです。
やや趣味が特殊ではありましたが、漫画の巧い方だと思います。
カラーでも差はないので、判断は↓表紙で問題ありません。
あとはふたなりが許容できるか、どうかですね。

わたしを有明へつれてって! (TENMAコミックス)わたしを有明へつれてって! (TENMAコミックス)
(2008/02/15)
上連雀 三平

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : 百合漫画 ノスタルジー コメディー

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上連雀三平「わたしを有明へつれてって!」

上連雀先生をご存じの方なら想像つくかと思いますが 今作もちんこちんこちんこ!出...

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。