FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ネクロマリア (AM-DVL)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■□□□
・独創性:■■■■□
・属性 : アクション・和風
・おまけ: あとがき、イラスト、描き下ろし「番外編」
・その他: 初単行本、折り返しにコメント、全て表題作(8話)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「AM-DVL(えーえむ・でびる ※注:ふりがなは推測です。名前はどうお読みしたらいいかわかりません)」センセの「ネクロマリア」です。

ふらーっと本屋へ行ったなら…ありましたよ、こちら「AM-DVL」センセの初単行本「ネクロマリア」です。
そう言えばこないだ紹介しました、「つるぎのまい!/龍牙翔」の際に、センセの単行本がどうの…って書いてましたね。
まるでノーマークでしたが、コレいつ発売したんだろう。

麗巳さん、黄泉児
※左:麗巳さん、右:黄泉児さま。
 …「麗巳さん」、ウェディングケーキとか呼ばれておりました。なるほど!

さて、ZONEさんは「紅蓮」シリーズの原画家として有名な「AM-DVL」センセ。
こちらの「ネクロマリア」は、いかにもお得意そうな和風(※うそあり)アクション長編なのでした。

陰陽を用いて恨みをはらす始末屋集団の一人、「死者使い」の「骸屋杏(むくろや・あんず)」さん。
とある事情がため、「魂振(たましいふり)」という反魂術を使って、普段は骸骨である妹「麻理也」さんを呼び出し、悪者を始末するのでした。
大ざっぱですが、だいたいそんなお話。

鬼道戦士「ネクロマリア」とか言っている、死んでいるわりにかなりはっちゃけた性格のツインテールな妹「麻理也さん」
上のあらすじだけを見ると、必殺シリーズみたいな渋くてかっちょえー時代劇を想像するかもしれませんが、さにあらず。
ZONEさんのゲーム、「アスガルド」とか「紅蓮」をやった経験のある方は分かると思いますが、それらと同じで非常にコメディー色が強く・多く、基本ストーリーを混乱させておりました。
普通にアクション漫画を楽しみたかった方には、うっとおしく感じるかもしれません。
また、あちこちにはパロディっぽい点もあり、知っていればより楽しめるでしょうけれど、正直たまに楽屋オチっぽい雰囲気がありました。
…自分だけ楽しい、みたいな。

ネクロマリア「麻理也さん」
※ネクロマリア「麻理也さん」です。
 ウサ耳つけてますが、そんなんが多い漫画なのです。↓表紙もそうでしょ。

反魂術という「命」を題材にしていることもあって、過去の出来事などはなかなかに重く、シリアスで良かったんですが…これが長続きせず。
できれば、この路線をメインにしてほしかったかなぁ。
漫画を↑そーんな感じにしている要因が、お約束の”中途半端な和風ちっく”なんですが、これまた読み手によって大きく評価が変わるでしょう。
そんなんがどーにも気になってしまう方は、避けた方が無難です。

さらに、売りの一つであるサービスシーン。
直接えっちはなく、服装などほぼ全裸状態みたいなのばかりでしたが、バストトップは描かれておりませんでした。
しかし、胸よりも腰から足首にかけての曲線美が抜群に巧い「AM-DVL」センセ。
ほぼ常時パンチラ状態という「杏さん」以下、ただ眺めているだけでもほわわーと幸せな気分になれること間違いありません。
相変わらず女の子の可愛さ・セクシーさは抜群な出来栄えでした
そのままの流れで、絵柄について。

骸屋杏
※主人公「骸屋杏さん」です。
 術を使えるもののそれだけなのか、頻繁に捕まっておりましたよー。

丁寧な細線のすっきり綺麗な絵柄です。
ゲーム原画からの方でしたが、イラストを主に生業としている方にありがちな”絵の強弱”はあまりなく、全体的に安定感があります。
前述しているようにコメディーの割合がために崩し絵も頻繁で、ページはごっちゃりと賑やかになっておりました。
すらりと身長のあるキャラ絵ながら可愛さも多分にあり、人物絵のバランス感覚は絶妙です
さすがに、絵に関しては問題ありませんでした。
漫画という点では分かりづらいところもあったので、今後に期待ですかね。
判断には↓表紙そのままで良いでしょう。
それほど人を選ばない作画とは思いますけれど。

裏表紙の紹介文には”お色気たっぷりのハイテンション・アクションコメディー!!”と書かれておりました。
…なるほど、この漫画を如実に表現した文言かもしれません。
E★2コミックス」のHPを見たところ、また違う漫画を描かれているようでした。
そちらにも期待しましょう。

ネクロマリア (E★2コミックス)ネクロマリア (E★2コミックス)
(2008/01)
AM-DVL

商品詳細を見る


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : コメディー ツインテール パンチラ ゲーム原画 アクション パロディ バストトップ

comment

Secret

そうですね

絵うまく、ヒロインを魅力的に描かれる方なんですが…
ちょっとはっちゃけた感じなんですよね。

新しいのも買いましたが、ちと合わず…。

もっとエロイの描いてよ

ああーー
AM-DVL氏のマンガがあると聞いて速攻で買いました
ギャグもクスっとなるほんわか系
結構おもしろかったけど、、、、、

もっともっとエロイの描いてよ
ギャグもいいけどさ
絶対エロイの描く方が、適性にあってるのに、、

あってましたか

そうなんです、驚きですよねー。

「えーえむでびる」で会ってます

5年くらい?もっと??前にPCゲームメーカーZONEの原画をしていた「えーえむでびる」氏が漫画家に転向していたとは驚きです。
QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。