FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■SWEET THANG (小宮裕太)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■□
・独創性:■■■□□
・属性 : 成年・ラブコメ
・おまけ: あとがき、おまけまんが「沢渡さん」、
      カバー裏に登場キャラ絵、描き下ろしピンナップ。
・その他: 初単行本、カラー(6P)、短編×11
      (うち「あねのね。」×5、「WIFE GOES ON」×2、
      「沢渡さんシリーズ」×3)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「小宮裕太(こみや・ゆうた)」センセの「SWEET THANG スウィート サング」です。

書店でのメインは昨日紹介の「めちゃ姉!/柚木N’」だったので、とりあえず買うべき本については片付いておりました。
年始で発売される新刊も少なかったですしね。
…ただ、ひでるさんは”冊数が少ないと色々掘り起こしをする”という悪癖がありまして、店頭うろうろして見つけたのがこちら「小宮裕太」センセの「SWEET THANG スウィート サング」なのでした。

どうやら初単行本らしく、正直↓表紙の段階では博打っぽい感覚で購入しましたが…いや、良かったです。
絵柄にはそうと感じないほどの安定感と雰囲気があり、またお話が連続中編ばかりということもあってか、しっかりとしておりました
巧いですね。
同人活動が長いのか、はたまた誰かの別名だったりして?
とりあえず、1話短編もありましたが、他は全て連続ストーリーな構成。
なんだか久々の基本的なえっちラブコメでしたよ。

綺耶・紫夜
※おまけ1:綺耶・紫夜のWお姉ちゃんです。
 これは妄想シーンなので、コスプレしてます。

二人の姉妹と弟の近親話「あねのね。」
15年前に突然弟となった「高梨仁矢(たかなし・にや)」くん。
シスコンと疑われるほど過保護に接する長女「紫夜(しや)」さん、強い態度の次女「綺耶(きや)」さんというタイプ異なる二人の姉に可愛がられておりました。
ある日、「綺耶さん」とふざけているうちに…。
大ざっぱですが、だいたいそんなん。

Kiss×sis キスシス/ぢたま某」を代表に、あちこちで見られるWお姉ちゃんとのラブえっち話です。
近親(※血の繋がりはないのかな?)などまるで関係ない、ごーごー展開ですね。
実は、こちらの主人公は弟「仁矢くん」ではなく、ツインテールの次女「綺耶さん」というとこがポイント。
家事ができて面倒見もいい姉「紫夜さん」に対する嫉妬と遠慮がため素直に接することができず、やきもきしているというパターン。
まぁ、これも王道パターンには違いないんですが、つい接し方がキツくなってしまうツンデレちっくな「綺耶さん」が可愛らしいのですよ。

特に2話目での、
仁矢が好きなのはお姉ちゃんだもんね…
と言って引いてしまう様が切ないです。
それにしても、結果的に全てをうまくまとめてしまった「紫夜さん」は懐が深いというか、凄い人。
(※良い悪いは別にして)
ちょっとだけ自己主張しているシーンもありましたが、あれくらいないと出来すぎですからねぇ。
なお、こちらのストーリーはまだ続くらしく、収録でラストとなる1話は三人でデートするというお気楽話でした。
一応ひと段落ついておるんですが、今後はどうなってしまうんでしょう?
しかし、ご両親はどうしてるのかな、とか考えるのは野暮ってもんですか。

綺耶・紫夜、未沙子さん
※左から、綺耶さん、紫夜さん、未沙子さん。
 おお、こう並べてみると、「未沙子さん」はちゃーんと大人っぽく見えますよ。

主人公「春揮」くんは未亡人となってしまった義姉「未沙子」さんが仕事で不在の間、「未摩」ちゃんの子守り兼留守番をしておりました。
いつものように留守番に来てみると、夜勤シフトで不在である筈の「未沙子さん」が下着姿で寝ていたのです。
そんなんが「WIFE GOES ON」

夜勤とか言っていたので、どんな仕事してるかと思えば…ナースなんですか!
いいチョイスなのですよ。
仕事時に髪をアップにしている「未沙子さん」なんですが、これがまた雰囲気変わって色っぽかったです。
なお、期待通りに2話目ではナース服でのえっちが、なんとカラー原稿で収録されておりました。
腕を骨折した「春揮くん」に拍手。
…でも、「未沙子さん」後輩に気をつかわせてるだけでなく、仕事中にえっちしてちゃーダメでしょう(笑)
そのショートカットな後輩の娘もなかなか可愛かったんですが、絡めるのは無理ですよね。
      
沢渡蘭奈
※ヒロイン「沢渡蘭奈」さん。
 左はもうラブラブモードを隠しきれておりませんね。ただ…

裏表紙を飾る「沢渡さん」のシリーズというべき「スウィート ホーム」、「バック トゥ スクール」、「ザットシング ユードゥ」の3話はひでるさん収録で最もお気に入り。
クラスメイトの「沢渡蘭奈」さんは美人で勉強もできる優等生。
しかし、表情をあまり崩さない、どことなく人を寄せ付けない気高さのある彼女は「孤高の花」と呼ばれておりました。
ある日、そんな「沢渡さん」が家政婦「かず子」さんの代わりとして「成宮孝明」くんの家を訪ねてきたのです。
だいたい、そんな導入。

とにかく、好きな人の前でめろめろになってしまう、普段はクールビューティーな「沢渡さん」が素敵すぎ
勉学だけでなく、家事も完璧にこなす「沢渡さん」はさすがに家政婦の母親を持っているだけのことはありますね。
割烹着もよく似合っておりました。
しかし、従順な彼女をいいことに、初えっちであーんな要求をした「孝明くん」は最低ながら最高(←どっちだ)

めろめろ沢渡さん
※おまけ2:めろめろ沢渡さん。
 …めろめろになると、こーんなに可愛らしくなってしまうのでした。

なお、1話目「スウィート ホーム」でメイド姿を想像する箇所ありましたが、文化祭の3話目「ザットシング ユードゥ」にてそれが現実になっておりました。
曰く、「ふわっとした服も似合うって言ってくれたから…見てほしいなって…」とのこと。
ああもう、好きにして下さい(笑)
忘れ物とか言ってキスするとか、後輩の「麗子」ちゃんと話しているだけで機嫌悪くなってしまうとか、冒頭のイメージが崩壊するような行動がいちいち可愛らしいのです。
続編については触れられておりませんでしたが、ぜひ続きを描いてほしいのですよ。

軽いながらも強く正確な線の、こざっぱりとした絵柄。
カラー絵同様にすっきりとした色づかいで、ページ全体見やすい作画なのです。
大きい目と広い輪郭が特徴で、服や下着などのデザインもなかなか凝っており、お話そのままキャラ絵もあまーいものでした。
(※「あねのね。」でのふりふりとしたパジャマとか、「未沙子さん」の黒下着とか)
↓表紙・裏表紙の感じがお好みの方なら、問題ないでしょう。
前述しておりますが、初単行本のわりに抜群の安定感で、個性・方向性もきっちりしているのでブレがありません。
非常に良かったです。
やっぱり、「コアマガジン」さんの単行本はそうそうハズレないですね。

SWEET THANG (ホットミルクコミックス 258)SWEET THANG (ホットミルクコミックス 258)
(2008/01/10)
小宮裕太

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ラブコメ ショートカット ツインテール コスプレ コアマガジン

comment

Secret

その通りですよ!

そうそう、いーですよねー沢渡さん。
上でも書いてますが、ぜひ続きを描いてほしい作品でした。

たまらないですね。

見本がある本屋さんで読んでから買いましたが、はっきり言って沢渡さんの話が読みたくて買ったようなもんです。
グッときましたね、正直この話読むためだけに買ってもいいんじゃないですかね?
QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。