FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■In her crack インハークラック (巴天舞)

★まんがデーター [9/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■□□
・属性 : 成年・女教師
・おまけ: あとがき、おまけ4コマ「メイドリフレ」・コメント、
      ゲストページ。
・その他: カラー(8P)、短編×12
      (うち「憂鬱な快楽」×5、「犬」×2)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「巴天舞(ともえてんぶ)」センセの「In her crack インハークラック」です。

えー、一昨日書いたように、あまりコレという本がなかったので…。
書店をふらふらした結果、”女教師どうのこうの”という帯文句に誘い出されてしまいました。
通常ならば手を出さない自信があるんですけどねー。

こちら、「巴天舞」センセの漫画はこれが初見。
正直、↓表紙時点で合わない絵柄だと感じていましたが、それは読んだ後も変わりませんでした。
絵の詳細については後述しますけれど、やっぱり漫画には合う・合わないというものがあると思います。
これは仕方ないです。ごめんなさい。

「紫先生」、「伊勢先生」.jpg
※左:「紫先生」、右:「伊勢先生」
 どちらも可愛らしい感じの先生です。「伊勢先生」のお嬢様描写がほしかったですね。

そんなこんなで、「In her crack インハークラック」です。
こちらはひでるさん釣り上げられたように、メインである連続話「憂鬱な快楽」を代表に女教師モノでまとめられた1冊です
(※収録では「咲くやこの花」だけ違いますが、舞台は学校。これはちょっとイイ話でした…感動とは違うけれど)
あとがきによると、「ヒロイン年齢は過去通算で最高」とのことでした。
アダルトなんがお好きな方はいいでしょう。

とりあえずはお気に入りの教師モノ「ハマッテシマッタ」から。
こ…困るわ…教師と生徒の間でこんな事
生徒からラブレターを貰ってしまった「紫」先生。
そう言って困惑した表情を見せますが、告白した張本人である「源」くんは逆に余裕な態度なのでした。
大雑把ですが、だいたいそんなん。

欲求不満で妄想癖が酷いらしく、「源くん」にその心を看破された後は、授業中でもめろめろになってしまう「紫先生」が素敵。
複数話収録のメインヒロインを差し置いて、↓表紙を飾ったのが「紫先生」なんですね。
眼鏡でいじめて系なこともあり、終始「源くん」の好きなようにされておりました。
ああ、実に可愛らしい先生ですよ。
収録ではソフトな部類で、考えようによってはラブコメな短編でした。

5話ほど収録されたメイン「憂鬱な快楽」
はぁ?何コレ気持ち悪い
生徒「深草」くんからの手紙(※おそらくはラブレター)を破り捨てた教師「小野可憐」
更衣室での着替え中、不意に拘束された上にえっちなことをされてしまうのでした。
こちらはそんな導入。

手紙を貰うまでは上と同じなんですが、冒頭のシーンがためにまったく異なるお話なのです。
感情移入は、どうしても襲う生徒側になってしまいますねー。
同じ断わるにしても、さすがにあれは酷い。
たとえ心ではそう思っていても、もう少し言いようがあるでしょうに。
”人を見下している~”という台詞からも、普段の態度が想像できます。
その件を切っ掛けに、色々えろい事をされてしまう黄金展開かと思いましたが…違うんですね、コレが。
3話目「○○室」あたりからの流れが、このお話の秀逸な点。
読んだ際の楽しみが減ってしまうので詳細は記述しませんが、シチュエーションえっちなお話でした。

教師「小野可憐」.jpg
※教師「小野可憐」の前後です。
 左の表情は…ヒロインにあるまじき顔ですよね(笑)

先生に感情移入できない、という意味では「Bed-timer」も同じ。
こちらの保健室の教師は、栄養剤と偽ってうまく生徒を眠らせ、男子教師にその身体を売っていたというトンデモな方。
毎年変わる生徒にいちいち特別な感情なんてないわよ!
そんな拘束後の台詞もイヤーな感じ。

前後編の「犬」はプライド高いお嬢様先生「伊勢清良(いせ・きよら)」のお話。
タイトルそのまま、首輪だの散歩だのというキーワードが登場する、人を選ぶ展開です。
いきなりほぼ堕ちたトコロから始まるんですが、連続話なのでやっぱり”プライド高いお嬢様先生”というシーンがほしかったです。

全体的に調教っぽい、ややハードめなえっち漫画でした。
読み終わった感覚としては、”それぞれ女教師についてどういう感覚を持っているか?”というのがひとつのポイントかも。
収録では「ハマッテシマッタ」の「紫先生」みたいなのを期待してしまうひでるさんなので、「憂鬱な快楽」の「小野先生」とか、「Bed-timer」の保健室教師のようなんが単純に許せないのよ(笑)
たまにならいいんですけどねぇ。

太めな線の、強いこってり絵。
ここは書かれていないので”たぶん”なんですが…デジタル処理な原稿に、アナログ処理のものが混ざっている(※また、その漫画が真ん中あたりに位置している)ため、やや不安定な印象でした。
やっぱり、デジタル処理なものは線がキレイで、見やすいですね。
ぼっさり束なったような髪の毛と硬い輪郭、そして目が特徴。
人物絵のデフォルメが強く、なんとなくアメコミちっくな雰囲気がありました。
個性的ではありますが、決して下手とかではありませんので間違いないように。
単純にひでるさんが合わない、というだけです。
だいたい↓表紙判断でいいんですが、どっちかというと裏表紙のが近いかもしれません。

In her crack (ホットミルクコミックス 253)In her crack (ホットミルクコミックス 253)
(2007/12/10)
巴天舞

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ラブレター ラブコメ アメコミ

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。