FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■大凶女神 (錦ヶ浦鯉三郎)

★まんがデーター [8/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■□□□
・独創性:■■■□□
・属性 : 成年・女神
・おまけ: あとがき、ラフ絵・コメント。
・その他: 短編×8(うち「大凶女神」×7)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「錦ヶ浦鯉三郎(にしきがうら・こいざぶろう)」センセの「大凶女神」です。

いきなりですが。
あとがき、センセのHPなどでは、連載漫画の大変さについて書かれておりました。
どうやら「錦ヶ浦鯉三郎」センセはえらく考え込むタイプの方であるようなので…ちょっと心配。
くれぐれもお身体には気をつけて、がんばって下さい。
いやぁ、漫画家さんていうのはしんどい職業ですねー。
…とかなんとか書きましたが、それはそれ。
今回も縦横無尽にレビューさせて頂きます。ごめんなさい。

前に3冊目の単行本、「Mの二重奏 ~アンサンブル~」を紹介しました「錦ヶ浦鯉三郎」センセ。
こちらは通算4冊目の単行本で、長編「大凶女神」を中心とした構成です。
うち、1話はまったく別の短編なんですが、ひでるさんの感想としてはそちらの「Blood Rhapsody ●ブラッド・ラプソディー●」の出来栄えが最も良かったです。
悩まれただけあって(?)、逆に「大凶女神」の方は正直なところ微妙なのでした。

貧乏神「寒椿」、姉「観音崎恵美実」.jpg
※左:貧乏神「寒椿」、右:姉「観音崎恵美実」です。
 そちらの「寒椿さん」はのーぱんなのでした。冬とか風邪ひきそう。

自分には悪霊が取り付いている、と信じる主人公「柄本風太郎」くん。
実際、「風太郎くん」の押入れには可愛らしい女の子の厄病神「睡蓮(すいれん)」が住んでいたのです。
本来は恋愛成就の神さまだった「睡蓮」ですが、訳あって八百万の神々の怒りに触れ、厄病神にされてしまっていたのでした。
”七人の民に福をもたらせれば福の神に戻れる”
という約束をとりつけた「睡蓮」は、大黒様よりもらった「マテリアル・ハンマー」にて今日も「風太郎くん」を悩める女性たちの元へ吹っ飛ばすのでした。
だいたいそんなお話。

「睡蓮」曰く、「居心地がいい」という「風太郎くん」の部屋。
ここには、参之話「貧乏神降臨!」にて貧乏神「寒椿」が住み着き、さらに伍之話「死神降臨!」にて死神「黒百合」までが登場するという、悪い方向な神の住む家。
どこぞの有名漫画みたいに、女神たちに囲まれてウハウハ~とかならないのがこの漫画のポイントでしょう。

お話は、何かしらの問題を抱える女性らに「風太郎くん」が関わる(えっち含む)ことによって、幸せになるという王道展開。
そのため、同キャラも登場する短編という色が強く、やや連続性のが弱い漫画となっておりました。
(※中盤からは多少だけストーリーっぽくなりますが)
ページの限られた1話にて、
1)マテリアル・ハンマーにて「睡蓮」に吹っ飛ばされて、女性と切っ掛け。
2)悩める女性のキャラ・状況などの説明。
3)えっち。
4)その後の女性、オチ。
以上のことが描かれるため、どうしても急ぎがちで話は薄く、ぬるいのでした。

厄病神「睡蓮」、死神「黒百合」.jpg
※左:厄病神「睡蓮」、右:死神「黒百合」です。
 「睡蓮」のビジュアルはなかなかイイんですけどねー。水着姿になったりはしましたが。

また、各話でえっちするヒロインは基本単発となるので、その話限りな存在。
(※疫病神・貧乏神に取り付かれているので、「風太郎くん」はそうした女性たちとラブラブな関係にはなれないのです)
シチュエーションやタイプが様々という利点もありますが、やっぱり深みがないんですねー。
せっかく連載だというのに…。

また、”女神は人間と性交すると人間になってしまう”という基本設定がため、「風太郎くん」と共に出ずっぱりだったヒロイン「睡蓮」はえっちシーンどころか服脱ぐことすらありません
そうした点でも、出番多いわりに終始のーぱんだった「寒椿」、えっちシーンのある「黒百合」の両名よりも魅力に欠けておりました。
成年漫画の主要登場人物だと言うのに…。

うーん、ここはセオリー通りに、「寒椿」とのえっちをラストとするのが良かったように思いますけれど。
なかなか刺激的だった裏表紙にて期待しただけ、ひでるさんは残念な結果でした。
つまんないとまでは言いませんが、まぁ無難な出来栄えというところ。

ただ、収録の短編「Blood Rhapsody ●ブラッド・ラプソディー●」は秀逸
いわゆる近親漫画なんですが…ここで詳細に書いてしまうと読んだ時の楽しみが減ってしまうので秘密です(笑)
他の成年漫画でも滅多に見られないトンデモ家族なんですが、父「観音崎元治」、姉「観音崎恵美実」などの登場人物らが実にのびのびと魅力的に描かれ、親子とかなんとかをまるで気にしていないのがモノ凄かったです。
先の「大凶女神」と違い、思い切りの良いはっちゃけ短編でしたよぅー。

はっきりとした細線のすっきり絵柄。
トーンがやや多めで、ページは灰色気味になっておりました。
普段はすっきりなんですが、えっちシーンではごっちゃりとしてますね。
癖はありますが、目立つほどのものでなく、無難な人物絵だと思います。
「錦ヶ浦鯉三郎」センセのHPには親切にも漫画サンプルが置いてありましたんで、気になった方は見てみるのが良いでしょう。

以上、短編の完成度が高かっただけ、王道展開なのにラストで肩透かしを食ったような長編が残念でした。
タイトル・↓表紙などから”女神たちとのえろえろ話”を想像する方がいるかもしれませんが、そうではないのでご注意下さい。
そうですね、昔懐かしい「きゃんきゃんバニー」シリーズの「スワティ」みたいなもんですよ。ええ。

大凶女神.jpg

大凶女神 (セラフィンコミックス)

★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

theme : マンガ
genre : アニメ・コミック

tag : 貧乏神 厄病神 恋愛成就

comment

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。