FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■オモチャたちの吐息 (のら猫長屋)

★まんがデーター [15/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■■
・独創性:■■■■■
・属性 : 成年・ロリ
・おまけ: あとがき、
      カバー裏にショート・別絵。
・その他: カラー(6P)、短編×12
      (うち「オモチャシリーズ」×8)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「のら猫長屋(のらねこながや)」センセの「オモチャたちの吐息」です。

うわー。
慣れていないとなかなか手にしづらい↓表紙ですね(笑)
…なに入れてるんだ、と
さて、あちこち詳しい方なら、「瞳裸」などゲーム原画でもお馴染みな「のら猫長屋」センセの単行本。

タイトルそのまま、「耶社(やしろ)」ちゃんの登場する連続話「オモチャシリーズ」がメインで収録されておりました。
上のくくりでシリーズというカウントはしておりませんが、他短編「そっと見守って…」「内緒の宿題」にはゲスト出演していた「世諸子(よおこ)」ちゃんの母「相川実依(あいかわ・みい)」さん、眼鏡の「逸穂」ちゃんが登場する、同じ世界観なお話です。
そのため、収録されたほぼ全編が「オモチャシリーズ」みたいな構成となっておりました。

実依さん・此代先生.jpg
※左:母「実依さん」、右:「此代先生」です。
 大人画像サンプルです。ロリだけではありませんよ!

さて、そんな訳でカラーページもある表題作、↓表紙を飾る「耶社ちゃん」の「オモチャシリーズ」です。
私は、お兄ちゃんの道具[オモチャ]だから…
お兄ちゃんのため、日々の雑用から性欲処理まで従順に従う妹「稲葉耶社(いなば・やしろ)」ちゃん。
今日も道具として、身体を張ってその要望に応えるのでした。
だいたいそんなお話。

稲葉耶社ちゃん.jpg
※ヒロイン「稲葉耶社ちゃん」です。
 やや怒った顔から泣き顔まで、可愛らしい娘さんですよ。…衛生兵って(笑)

お互いそれぞれの認識が”道具[オモチャ]”という微妙で不思議な関係の兄妹。
いわゆる、成年漫画にありがちな近親えっち話なんですが、こちらが独特なところは…。
好き
というような単語が、ほぼ出てこないのですよ。
(※エピソード「オモチャの生活」にて明確にありましたが、そちらだけ)
二人を見る限りではラブラブなことに違いないようなんですが、道具だの猫だのと本来はタブーである近親関係を誤魔化しているのかなー、ってな感じもありました。
それゆえ、ラブコメ近親えっち漫画にある、「好き好きー」ってな表現をお互い”暗黙の了解”で使わないのかな。
…とかなんとか、考えたひでるさんなのでした。
成年漫画に、なーにややこしい読みかたをしているんでしょうかね。

スクール水着姿が堪能できる「オモチャの夏物語」
こちらは扉絵がヤバイ。
できれば表紙にしてほしいような、いい絵でした。
カラーで見たかったですね。
こちらではスクール水着姿が堪能できるエピソードですが、「耶社ちゃん」似合いすぎ(…って、当たり前なのか)です。
名前が刺繍された描写も懐かしい雰囲気。
ちなみに、お兄ちゃんはこちらのお話にて「巨乳派」とか言っておりました。
へー、あれだけえっちしておいてロリ属性ではないんですねぇ。
やっぱり「耶社ちゃん」だからなのかな。うふふ。

コスプレ・耶社ちゃん.jpg
※もう1つ、コスプレ・耶社ちゃんの図。
 どちらもヤバすぎです。メイドさんのオチがカバー裏に…。

冒頭の独りプレイ目撃のシーンが良い「オモチャのおもちゃ」
あんなんは誰しも経験あるでしょう。(あるよね?ない??)
なにゆえ、ああいった場面というのは起こりやすいのでしょうか?
また、日々あれだけえっちなことをしていながら、「やっぱりソレは恥ずかしい」ですよね。
可笑しくも納得できるものでした。
ううん、えっちねぇ。
また、続く「オモチャの生活」での”トイレにいた「耶社ちゃん」とうっかり鉢合わせし、そのまま始まってしまう”のがえろかったです。

各話のオチは可愛らしいもの多く、人気連載という文句が納得できる中編漫画でした。
メイドさんから黒ネコなど、コスプレちっくな要素もあります。
どうにもロリ系統は苦手、という方でなければ気に入ると思います。
うん、なかなかいいんじゃないでしょうか。

稲葉家の図.jpg
※おまけ:稲葉家の図。このお母さまも可愛らしいんですよ。

また、ちょっとだけ登場している二人のお母さま。
残念ながらえっちシーンとかないんですが、「オモチャの黒猫」での反応など、非常に可愛らしい女性でした。
あんなんもいいですねぇ(笑)

柔らかで繊細な細線。
全体ごっちゃりとした傾向が強いですが、線が綺麗なためスッキリとしておりました。
特に液体表現は↓表紙そのまま激しく、ぬるぬる・ドロドロになっております。
このあたりが好み分かれところですかね。
また、本単行本はロリ比率高めですが、母「相川実依さん」、「教育者学習者」の教師「此代(このよ)」先生など、実は大人な女性も色っぽく、問題なく描かれておりました。
さすがにゲーム原画をされているだけのことはあります。
また、イラストメインの方によく見られる”作画の強弱の差が大きい”ということもなく、安定感ありました。
濃淡から人物バランスなども適度で、非常に巧い方と言えるでしょう。
オススメです。

オモチャたちの吐息オモチャたちの吐息
(2007/10/29)
のら猫長屋

商品詳細を見る


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


tag : ゲーム原画 ラブコメ コスプレ

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。