FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■進め!怪人くらぶ (鈴木典孝)

★まんがデーター [12/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■□□□
・独創性:■■■■■
・属性 : コメディー・怪人
・おまけ: あとがき、4コマ「まかせて!ようこちゃん」、
      これがサイクロンようこだ!!、怪人図鑑、
      カバー裏に怪人図鑑・番外編。
・その他: 現在1巻まで発売中。
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「鈴木典孝(すずき・のりたか)」センセの「進め!怪人くらぶ 1巻」です。

毎度お馴染み~。
こちらのブログではもう何度か取り上げております、新創刊された「ヴァルキリーコミックス」の単行本。
以前紹介させて頂きました「御剣ハルカ危機一髪!」と同じ、第二陣として発売されました「進め!怪人くらぶ 1巻」なのです。なお、そちらのラインナップで、「Dual Soul One Body/梶山浩」、「GUNNER QUEEN―復讐の女王陛下/R-Ex」の2冊は見送りました。
実は、4冊の中で絵的にもっとも刺さっていたのがこの「鈴木典孝」センセだったのです。
読む前からあやしげな雰囲気を感じていた(→過去記事参照)「「御剣ハルカ~」とは違い、こちらには期待したんですが……ああっ。

潮香さん、ようこさん.jpg
※左:学級委員長「大鷲潮香」、右:ロボット「サイクロンようこ」
 変身前はこんな感じの「潮香さん」です。「ようこさん」変身しても良かったかなー。

主人公、眼鏡の学級委員長「大鷲潮香(おおわし・しおか)」さん。
その”いかにも委員長”という容貌がため、様々な雑務を押し付けられてしまうのです。
イライラが募った「潮香さん」はそうした日々の鬱憤を晴らすべく、橘中「闇タイツ部(非公認)」の娘怪人として、他の部に嫌がらせをしていたのでした。
しかし、クラスに日本を支える町工場技術の結晶、サイクロン式エネルギー炉のロボット「サイクロンようこ」が転校。
日常の世話を押し付けられた「潮香さん」の心配のタネは増え、また娘怪人としての活動も「ようこさん」によってなにかと邪魔されてしまうのでした…。
だいたい、そんなお話ですか。

主人公が悪役、「闇タイツ部(非公認)」の娘怪人であるところが最大のポイント。
”大人しく、お人よしな性格で雑務を押し付けられてしまう”という日常、その反動が闇活動のエネルギーである設定もなかなか独特で面白く、ここまでは非常に良いのです。
…でも、「他の部に嫌がらせする」というのが弱い。
おまぬけ写真を撮って喜ぶだけ、というのが、ひでる的には刺さりませんでした。
変身後の「潮香さん」が誰かしらを直接傷つけるようでは、なかなかコメディーになり得ないというのも理解できるんですけどね。
なんというか、そこがぬるいのですよ。ううむ。

クモ娘・コウモリ娘.jpg
※左:クモ娘、右:コウモリ娘、です。
 「闇タイツ部(非公認)」の娘怪人ですね。恥ずかしい格好ですよ。

また、怪人がそんな調子であるため、「サイクロンようこ」もやや中途半端。
明確に娘怪人と対立しているのではないので、その場に居合わせ、結果として娘怪人を巻き込んでいるだけのこと。
「ようこさん」の”緊急エスケープモード”にて、どっかん爆発するような結末も、オチを誤魔化されているような気がしました。
こちらもズレているような。うーん…。

お話の核部分がそんなんなので、どうにも漫画が楽しめませんでした。
眼鏡で巨乳な「潮香さん」、キワどく・素敵なデザインの娘怪人、なぜか関西弁で、独特なテンションのまま好き勝手にしている「ようこさん」など登場人物、先に上げましたが怪人側が主人公である設定など、非常に独創的でいい駒が揃っているだけに残念な結果でした
もう少し軌道修正されれば、お気に入りの1冊になりそうなんですけどねぇ…。

また、「ヴァルキリー~」の売りの1つでありますサービスシーンですが、やっぱり少ないです。
全般的に言えることですが、もっと色々と頻度上げてもいいように思うのだけれども。
(※あるいは、なにかしらの大人な事情があるのかしら)
ただ、娘怪人のコスチュームはどちらもセクシー全開で、多少ですがそれを補っておりました

セクシー・娘怪人.jpg
※おまけ:セクシー・娘怪人です。

しっかりとした強めな曲線による、丸々とした作画。
ぽよよんとした横幅あるスタイルと、太めな足が特徴のロリっぽい人物絵です。
やや癖のある絵柄ではあるものの、キャラの細かい表情から各アクションコメディー時の崩しまで、あちこち巧い方でした。
安定感もあり、絵的な面では特に気になるところはありません。
判断としては、↓表紙よりも裏表紙「ようこさん」の方が実際の白黒絵に近いと思います。

そんなこんなで…絵柄とか周辺設定は良かったんですが、モノ足りない出来栄えでした
うーん、この微妙さは残念ですよっ!

とりあえず、10月下旬に発売されるという、ひでる待望の「夢幻戦士ヴァリス」が…もうすぐですか。
待ちどうしい!
そちらは漫画「ZOL」センセなんで安心しておりますが。

進め!怪人くらぶ 1 (1) (ヴァルキリーコミックス)進め!怪人くらぶ 1 (1) (ヴァルキリーコミックス)
(2007/10)
鈴木 典孝

商品詳細を見る


★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

theme : マンガ
genre : アニメ・コミック

tag : コメディー ヴァルキリーコミックス アクション

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。