FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■蜜色の刻印 (智沢渚優)

★まんがデーター [13/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■■
・属性 : 成年・ロリ
・おまけ: あとがき、加筆あり。
・その他: カラー(8P)、短編×11
      (うち「刹那るネガ」×2、「覚醒罪」×4)
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「智沢渚優(ともさわ・しょう)」センセの「蜜色の刻印」です。

きました。
もう↓表紙の段階からヤバスギですよ、「智沢渚優」センセ。
いやぁ、またどっかからくだらん言いがかりが来なければいいんですけれど…。
また、どーでもいいですが、ひでるさん的には背表紙の「有那」ちゃんの後姿がなにげに良かったです。
いままでと違って、表紙と同じ絵を使ってないところも好印象。
(※折り返しとは同じだったのだけれど)

富貴重さま、玲・知子さん.jpg
※左から、富貴重さま、玲さん、知子さん。
 あーんな容姿の「知子さん」、しっかりされてます。まぁ、実際に何歳なのか不明ですが。

そんなこんなで、ロリ系成年漫画の大ベテラン、「智沢渚優」センセの最新刊は「蜜色の刻印」です。
昔は”魅少女シリーズ”でしたが、途中から”蜜色”なんちゃらとなってはや13年くらい?
今回も”蜜色シリーズ”でありました。
わはは、いつまで続くんでしょう(笑)
中編「覚醒罪」をメインとした構成で、ほか短編がちょろちょろと。
まぁ、明暗色々ありましたが、単行本ラストに位置していたメイン「覚醒罪」のインパクトが凄く、全ての記憶がブッ飛んでしまいました。
伊達に”県によっては有害図書指定だけのことはあります。
いやー、スゴかったです。

タイプの違う3名が登場する、「よってたかってくぐられ荘」
主人公「宇留羽秀(うるは・しゅう)」は不動産屋よりやや古く交通の便もイマイチながらも安い物件を紹介されました。
”なかなか住人が長続きしない”という言葉に不安を覚えるものの、出迎えた管理人「久々利屋玲(くくりや・れい)」「知子」親子、そして妹「雨世(うよ)」さんなど、綺麗で可愛らしい娘揃いだったのでした。

収録では最も優しい漫画ですね。安心して見られます。
各年齢が揃っており、ビジュアル的にも楽しい漫画でした。
もう少し膨らませれば、下手すると(←ヘタって…)長編にもできそうな設定なんですが…基本的にロリ色を強くしているためか、「玲さん」の出番がちょっとだけなのが残念。
しかし、3人を想像したらしい「秀くん」は真面目そうな顔してえろいねぇ。

陽愛ちゃん.jpg
※一気に奈落の底への「陽愛ちゃん」です。
 どうですか、左右の変わりっぷりは。でも、このあたりはまだ序の口だったりして……。
 
さて、問題の中編「覚醒罪」
中学生になった「陽愛(ひめ)」ちゃんは入学式の帰り道で見知らぬ男に襲われてしまいます。
そちらはなんとか助けが入り事なきを得たんですが、帰った自宅の玄関にはなんと、先ほどの男がいたのでした。
実は彼女の出生には、母「庄堂真利亜」さんから続く大きな秘密があったのです。
だいたいこんなん。

「お父さん好き好き」、ってな雰囲気の冒頭から、一気に奈落の底へと叩き落される、ものスゴイお話
経緯とか過去はともかく、とりあえず全編に渡って「陽愛ちゃん」がいろんな事をされてしまいます。
1話目「黄昏」でのラスト付近もなかなか衝撃的でしたが、続く「宵闇(よいやみ)」での流れ、「深更(しんこう)」での攻め、そして「暁」でのラストなど、「智沢渚優」センセの単行本に見慣れた(?)ひでるさんもびっくなり展開でした。
あとがきでセンセ自身も言っておられましたが、えろいというよりは痛い。
とにかく、アイテムが貫通する描写には目が点になりましたよ。
こんなん考えるセンセがスゴイ。えろい。

時名詩保理.jpg
※おまけ:撮影される「時名詩保理」さん。
 まるでどこぞのAVみたいですね。

ほか、センセお得意の旧家モノ「プチ・ライ Petie-Lie」、なんだか暖かなラストとなっていた「清-純」
この二つは流れる空気がまったく異なるものの、どちらもふたなりな漫画。
漫画バトルが楽しいコメディー「宮里館学院漫研戦記(?)」
これは元ネタ覚えていればより面白かったかもしれませんが…今手元にないので確認できず不明。
逆襲する「イタイケな獣唄」、撮影会で色々してしまう「刹那るネガ」シリーズなど、明暗どちらも取り揃えられたセンセらしい漫画の数々でした。
前にも書きましたが、ひでるさんは「蜜色おとぎ話」収録の「決まってんじゃない!!」が好きなのでもう少しラブコメちっくなのがほしかったですけれど。

太めで強く、濃い絵柄。
ページ全体にごっちゃり描かれる方で、黒が深くこってりめです。
目が大きく、ふわんとした人物はロリですが極端なものでなく、どちらかというと美少女絵でしょう。
(※特に今回は極端な娘は少なかったです)
お話もそうですが、絵にも癖がある方なので、判断は慎重に。
チェックは↓表紙で問題ありません。…ただ、白黒のが味あるので、いくらかプラス判定でいいでしょう。
あるいは、「智沢渚優」センセのコミックスについては「コアマガジン」さんの紹介ページにサンプル絵もあるので、そちらを参考にするのが良いと思います。

蜜色の刻印 (ホットミルクコミックス 248)蜜色の刻印 (ホットミルクコミックス 248)
(2007/10/10)
智沢渚優

商品詳細を見る



蜜色おとぎ話 蜜色おとぎ話
智沢 渚優 (1996/01)
コアマガジン
この商品の詳細を見る

※おまけ:お気に入り「決まってんじゃない!!」収録のこちら。
 もう店頭にはないかなー。

★「智沢渚優」センセの漫画紹介記事
 [蜜色幼辱館] 
 [蜜色幼夢淫] 

★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : ラブコメ 大ベテラン 有害図書指定 コメディー コアマガジン

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。