FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■きす☆みい (しなま)

★まんがデーター [11/15]
・絵   :■■■■□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・ラブコメ
・おまけ: あとがき、描き下ろし「ショートエピソード」、
      カバー裏に別絵、加筆あり。
・その他: カラー(8P)、短編×7
      (うち「キモチイイ~シリーズ」×3)。
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「しなま」センセの「きす☆みい」です。

本日発売された漫画では、やっぱりメインというべき単行本はこちらでしょう
名前が平仮名3文字という漫画家さんは多く、ひでるが良く見間違う筆頭の「しなま」センセ。
初単行本から約1年、2冊目の単行本が「きす☆みい」なのです。

椎名七海、荻野秋葉.jpg
※左:「椎名七海さん」、右:「荻野秋葉さん」です。
 生殺し言われてますが…秋葉さん、えろい身体してますねー。

早速お話から。
シリーズになってきているような、前後編「キモチイイの大好き!!」
ポニーテールで眼鏡の「荻野秋葉(おぎの・あきば)」さん。
一見ぼんやりとした女性ながら、気さくで人気者。そんな彼女は、「時田」くんの”憧れの人”なのでした。
しかし、ふとした切っ掛けで深く打ち解けてからというもの、明確に”恋人同士”ではありませんが、校内でも頻繁にえっちする、快楽を求め合う間柄となっておりました。
一方、真面目で硬く、ストレートな喋り方が特徴的な「椎名七海」さん。
「七海さん」は過去に「時田くん」に告白して振られていたものの、「一緒に行動したい」という自分の素直な気持ちのまま、修学旅行にて彼を誘うのでした…。
だいたいそんな内容。

実は、前単行本「はつカノ」に収録されていた、「キモチイイの好き?」からの続き漫画なのです。
お話中にて、しっかりソレをアピールしておりました。
センセ、商売上手ですね。
(※なくても問題ないですが、持っていた方が絶対に楽しめると思います)

時田くんなら、気付いてくれると信じてたから

なんだ、結構イイ関係ではないですかー、という「秋葉さん」と「時田くん」
眼鏡を外すとえっちモードへ突入する、そっと見せる大人っぽい表情がイイ「秋葉さん」
前巻ではえっちに関して断然上手で終始彼をリードしておりましたが、本作品では「時田くん」の頑張りが伺えました(笑)
特に”エレベーター内でのわずかな時間のえっち”は実際に1ページ程度なのですが、緊張感と焦りが伝わってくるエロス・スピリットが感じられました。
プールでのえっち描写もいいですね。

よく似た性質ながら、対極な性格の「七海さん」
ひでるさん的には簡単に打ち解けてしまうのがやや残念だったんですが、「秋葉さん」のキャラでは衝突しないでしょうからねー。
Wヒロインらしく、きっちり3名でのえっちにて終わっておりました。
この感じだとまだ続くのかな?

なお、本単行本の↓表紙・裏表紙を飾っているのが「荻野秋葉さん」です。
考えてみると、「はつカノ」にて表紙を飾っていたのも彼女でした。
クラス内というシチュエーションは同じらしく、下着など色が違っているものの体勢からそちらからの続きっぽくも見えました。
いやー、シマパンとニーソックスの組み合わせというのはいいもんですねぇー。

続く「キモチイイ保健医」ですが、こちらは先の作品「キモチイイの大好き!!」に登場していた保健医「関口涼子」先生のお話。
スポット登場のわりになかなかインパクトある容姿で目に付いたんですが、なるほどシリーズにしてきましたか。
保健委員の「渚」くんは放課後の保健室にて、えっちをする生徒を見掛けてしまいます。
さらに、「涼子先生」がひとりでいたしている場面を目撃するのです。
毎日続くそんな状態を断ち切るため、現場証拠を押さえようとするんですが…。

楠夏奈、関口涼子.jpg
※左:ツンデレ「楠夏奈さん」、右:保健医「関口涼子さん」です。
 男女どちらも、実は眼鏡比率が高いという特徴もあったりします。

目撃されたカップルとして登場するのが、「秋葉さん」「時田くん」の二人。
「今度は3名で」という時系列に沿った流れで、「キモチイイの大好き!!」の裏エピソードというべき内容でした。
同じ眼鏡キャラの「秋葉さん」はソレを外すことがスイッチのように描かれていましたが、こちらの「涼子先生」はずっとかけたままなのです。
…そんなんが好みの方は納得でしょう。
単行本に収録されたヒロイン中で最年長というだけあって最も色っぽく、影で「秋葉さん」らをサポートしている様も良かったんですが…なにより、背中側からくわえる(←わはは…なにを?)描写が素敵でした。
なんだか新鮮(笑)

もうひとつ、「でれP!」にて登場する特徴的な男キャラ「宗像」くんも見覚えあると思ったら…やはり前単行本収録の「生徒会長の愛し方」に登場してました。
(※もっとも、こうした眼鏡の男性キャラは「告白ハイキック」にもおり、センセお得意であるみたいですが)
今回は二人のキューピットという、結構格好良い役どころですね。
漫画は、ツインテールな「楠夏奈」さんと「中島」くんのラブコメ

何で私こんなヤツに…
…と、「夏奈さん」本人が言っておりましたが、まさしくその通り。

パンチラポイントを探す「中島くん」はやっぱり一種の変態。
(※変態って、この程度は誰にもあると思うんだけれど…まぁ、ひでるさんも頭おかしいですからねぇ…)
他人に迷惑をかけていないところがいいですね。
実は、眼鏡外した顔が逆少女漫画パターンだったりしました。うわー。
そしてヒロイン、いわゆるツンデレな「夏奈さん」
意識するようになった切っ掛けは傍から見ればつまらんことですが、あんな些細なことは当人には最も嬉しいことなのかもしれませんねー。
直接スカート捲って見せて失敗してましたが、彼の趣味を見る限りそれは違うでしょう(笑)
結局は何事もうまくいって、読後感の爽やか(?)な漫画でした。
えっち後の台詞もお約束でしたよ。
私がしたくてしたことなんだからねッ

ほか、双子の姉妹が登場する「恋する♂♀」
ふたなりのお約束、昔「唯登詩樹」センセがやっていたような三重連結が見事でした。
そんなこんなで、”ヘンタイ”という単語が頻繁に出る本単行本。
それがため、お話の基本ファーマットはラブコメちっくな漫画ながら、それぞれえっち描写がなかなか凝っておりました

強い線の濃い絵柄。
全体的にごっちゃり描かれる方で、特に局部描写には力が入っておりました。
…えろえろです
横長の目と瞳の描き方、口に特徴があり、癖は強い方だと思います。
だいたい↓表紙の雰囲気にて判断されて問題ないでしょう。
あるいは裏表紙の漫画カットを参考にして下さい。(※年齢が微妙に塗りつぶされているところが可笑しいのですよ)
また、こちらには前単行本よりも時期の古い漫画が収録されております。
発表時期にして、2005年6月,12月、2006年12月、そして残りの「キモチイイ~シリーズ」は全て今年。
現在のものと比べるとばっさりと雑で、バランスも悪いですね。
決して下手ではないんですが。

最後に…各話のヒロインがずらりと並んだ、カバー裏絵は見栄え良く、なかなかえっちでした。
白黒なのがやや残念なんですけどねー。

きす☆みい.jpg

きす☆みい / しなま

★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

theme : マンガ
genre : アニメ・コミック

tag : ラブコメ ツインテール 少女漫画 ポニーテール ニーソックス パンチラ

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。