FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■大正ヲトメ花壇 (陸乃家鴨)

★まんがデーター [14/15]
・絵   :■■■■■
・話   :■■■■□
・独創性:■■■■■
・属性 : 大正時代・学生
・おまけ: あとがき、作品紹介・解説、
      リバーシブルカバー(初版のみ)
・その他: カラー(4P)、短編×7
      (うち「大正ヲトメ花壇」×4)
          
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「陸乃家鴨(おかの・あひる)」センセの「大正ヲトメ花壇」です。

つい先日、久しぶりな成年系「彼女の残り香」を紹介しました「陸乃家鴨」センセ。
絵柄もいいんですが、特筆すべきはやっぱりそのお話の巧さ
えっち抜きにしても十分楽しめる漫画の数々を残されていますが、どうせなら…あった方がいいもんですよね(笑)
なにしろ、この「陸乃家鴨」センセはそのあたりの比率とかなんとかのバランス感覚が絶妙な方ですから…。

そんなこんなで「大正ヲトメ花壇」です。
ちらっと見た感じから、似た雰囲気を感じ取っておりましたが…こちら、以前当ブログでも紹介しました「花咲け!おとめ塾」の外伝的な単行本なの。
それを持って(読んで)いなくとも問題ないですが、関連するキャラや事柄も登場するので、いっそのことこの際全巻揃えてしまうのをオススメします。
なお、↓表紙から裏表紙までだとやや分かりづらいですが、収録された他の短編は現代が舞台です。
裏表紙にいる3名がそれぞれのヒロインね。

西村加寿美.jpg
※主人公「西村加寿美さん」
 使用前・使用後、という感じですね。さすがに女性、3年もあれば大きく変化します。
 
さて、やっぱりメインである「大正ヲトメ花壇」から。
大正時代となったのこと。
作家であり、歌人であり、教育者でもある才媛「橋本荘子」
しかし、彼女には幾人もの男性と情を交わしているという、怪しげな噂もちらほらあったのです。
そんな彼女に憧れる「西村加寿美」はとあるパーティーで「荘子先生」と出会い、招かれるままその私塾「おとめ塾」へと赴くのでした…。
だいたいそんな内容。

先の「花咲け!おとめ塾」の過去話ですね。
そちらの物語を体現するようなキャラ「杉原先生」として登場しておりました「西村加寿美」さんが今回の主人公。
(※結婚により苗字変わる)
いやぁ、↓表紙の段階では気付きませんでしたねー。
みつあみが可愛らしい彼女の学生時代頃が描かれ、”なにゆえあんなんになってしまったのか”を伺い知ることができます。
はー、昔は普通の方だったんですねー。当たり前か。

佐野雪奈、橋本荘子.jpg
※左:「佐野雪奈」、右:「橋本荘子」
 「雪奈さん」のようなキャラはセンセの十八番です。いいなぁ…付き合いたくないけれど。

私を尊敬する畏怖すると言いながら、その体は征服されるべき女だと思ってる

そんなことを言っている、全ての発端ともいうべき「橋本荘子」先生は、まんま「花咲け!おとめ塾 上巻」における「杉原先生」的位置づけな妖しくも妖艶なキャラクター。
あるいはその上を行ってますか。
実はこちらでもさわり程度な登場なんですが、強烈な印象を残しておられました。
いいなぁ(笑)
こちらから上下巻の漫画まで通して見ると、「加寿美さん」はさすがにその教え子というべき存在。
冒頭の台詞にて”いつか私もあんな風になりたい”というシーンがありましたが、その通りになったと思います。
(※最初が「おとめ塾~」で赴任した「八雲」先生の反応と似てるのね。やっぱりそれぞれを”才媛”だと思って見ていましたし…)

今回ヒロインに格上げ・抜擢されただけあって、あるいは単に年齢が相応に若いためか、学生時代から教師なりたて頃の「加寿美さん」は可愛らしく描かれておりました。
また、共にどちらも登場している「紅子」さんの子供時代も良かったです。
ちゃんとえっちシーンもありましたし。

紅子さん.jpg
※おまけ:紅子さんです。お嬢様っぽいですね。

4話の中編でしたが、なにげにボリュームある内容でして、ちゃんと各話にえっちを織り交ぜつつも結構シリアスな展開
(※ある程度そんなんが確立されてる設定の「おとめ塾~」とは違って、派手で華やかな乱交っぽいシーンはありませんし、ラブコメちっくな要素もありませんでした)
やっぱり、上下巻と揃えて読む方が何倍も楽しめるでしょう。

なんと2002年に描いたという「恋と生殖」
昔の原稿なんですが、全然それと感じないほど高い絵のクオリティです。
頭が良く、色々不可思議な噂まである「佐野雪奈」さん。
そんな彼女に日常からもてあそばれている「宮原善」くんはある日、不意に「雪奈さん」から誘われて…。
ごく簡単ではありますが、だいたいそんなん。
表情変わらぬこういうキャラは隣にいるとおっかないですが、漫画で見る分にはいいですね。
前半部からある程度の素が見えるえっちシーンの差をお楽しみ下さい。
神秘的な美少女ではありますが、ラストなどやや手に負えない感じなので、今後付き合っていくには難しい娘でしょうね。

ほか、プールサイド、そしてプール内にて競泳水着でえっちする「夏の逝くプールサイド」
こりゃーいいシチュエーションですね。
ラブコメちっくな「コンプレックスシスター」はありがちな王道展開でした。

メリハリのある柔らかな線のスッキリとした絵柄。
高い技術と抜群の安定感のある方です。
ここで文句は一切ありません。
多少の癖はありますが、さすがに一般でも活躍されているだけあって嫌味のない雰囲気でした。
背景など細部もしっかり描かれる方で、時代モノを表現できる説得力を持ち合わせております。

なお、初版本はおまけで”リバーシブルカバー仕様”となっており、ひっくり返すと「花咲け!おとめ塾 序巻」とタイトルが変わり、3冊そろえた見栄えが良くなる筈なんですが…なーんで背表紙に文字が入ってないかなー。
デザインの関係上仕方ないんでしょうけれど、そのあたりがやや残念。

大正ヲトメ花壇.jpg

大正ヲトメ花壇 (ヤングコミックコミックス)

★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】


theme : マンガ
genre : アニメ・コミック

tag : 大正時代 競泳水着 ラブコメ

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。