FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■イン・ザ・スカート (桐原小鳥)

★まんがデーター [8/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■□□□
・属性 : 恋愛・ファンタジー
・おまけ: あとがき、カバー裏に4コマ。
・その他: カラー(4P)、短編×10(うち「塔の魔女×3」)
          
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「桐原小鳥(きりはら・ことり)」センセの「IN THE SKIRT ~イン・ザ・スカート~」です。

こちらは必殺「作者名買い」なんですが…。
あれれ、全然漫画の記憶がありませんでした。
どっかで見かけた程度なのかなぁ…。
あるいは「桐原いづみ」センセとの勘違いか??

さて、そんなひでるさんの衰えた記憶は置いといて、「桐原小鳥」センセ3冊目の単行本は「IN THE SKIRT ~イン・ザ・スカート~」です。
初単行本が「少女病」、2冊目が「清純病」とシリーズみたいに続いていたので、こちらも「~病」というタイトルであれば綺麗にまとまったんですが…まぁいいか。
とかく、↓表紙の”微妙な表情でスカートを持ち上げている女の子”の姿はなんだか色々想像・妄想させられる、なんだか妙にいいものでした(笑)
こちらはファンタジーな中編「塔の魔女」、ちょっと不可思議な世界の「森の棲処」、ほか短編が収録された単行本ですね。
ちょっぴり切なく、暖かく、そしてえっちという、系統としては実に微妙な線だと思います。

フォルテ・エクルラ・レファ.jpg
※上:魔女「フォルテ」、魔道書「エクルラ」・「レファ」です。
 この話は良かったですねー、ぜひ続きを描いてほしいところですが。

収録漫画の中で、ファンタジーな世界観から異質な中編「塔の魔女」
魔女「コーデリア・フォルテ」が長い間外に一歩もでることなく暮らしてきた塔は魔道の力の結集地で、生活にも困らないところでした。
しかし、「フォルテさん」はそんな塔から逃れるため、最上級の闇魔道書を召喚。
脱出を試みるのです
こちらの塔、そして彼女の出生には、ある重大な秘密があったのでした…。

もう1話くらい追加して、ゆっくり描きこんでもよかったですかねぇ。
限られたページ数の中、世界観から状況説明まで実に盛りだくさんな内容であるため、自然と文字が多めになっていました。
もしかして、えっちシーンも必ず入れる必要があったのかな?
駆け足です。
闇魔道書は召喚しただけで立ち上がれなくなるほどの絶大な力を有する、”最上級”という称号が相応しいもの。
その割に、闇魔道書から実体化した「レファ」はそれと感じさせない軽い調子ながら、召喚した「フォルテさん」にそっと気を使う、いかにも女性受けしそうな良いキャラでした。

嬉しいぞ。初めて護りたいと思える主だ

短いながらもジーンとくる、ホロリと泣けるお話でした。
それだけに、エピローグの3話目が良かったです。
気難しいという光の最上位「エクルラ」を召喚しながら契約をしない、「フォルテさん」が可愛らしいですね。
こちらに登場のキャラ、魔女「フォルテさん」、冷静で堅物っぽい光の魔道書「エクルラ」、そして闇の魔道書「レファ」の三人組はなかなかおさまりよく、この3名での道中、続きが読みたくなる漫画でした。
なお、カラーイラストにありましたが、「フォルテさん」の服装はえっちだったんですねぇ。

いとこの姉「ひろかさん」、実は…の女性.jpg
※左:いとこの姉「ひろかさん」、右:禁じられた森に住む女性、です。
 この2作品の落差は大きいですよー。

ほか、収録では最も異質な漫画「森の棲処」
ありがちな系統ではありますが、「桐原小鳥」センセの優しい絵柄とは逆である衝撃的なラストまでずぅーんと重く、ミステリアスな雰囲気漂う傑作。
最終ページの黒い和服姿な女の子が切ないです。
コロッケ屋「成里子」さんの登場する「カンバンムスメ」
こちらは王道展開なラブコメですね。
本編もいいんですが、カバー裏の4コマを合わせて読むとより楽しめるでしょう。

以上、ちょっぴりえっちなシーンがあったりするラブコメ…というほど楽しいものばかりでなかったから、恋愛話ですかねー。
正直なところ、中編「塔の魔女」以外はコレという目立つものありませんでしたが、どちらもつくりの良いお話ばかりでした。
ただ、収録された短編内容のバラつきが大きく、やや一貫性に欠けるのはマイナス点。
ミステリー、あるいはファンタジーだけで統一してもいいかな、とか思いました。

やや強めながらも、柔らかな細線のあっさり絵。
ふんわり優しげな空気と、白が多いスッキリ感は少女漫画のよう。
作画に味のある強い個性がため、コマによっては乱れ気味だったりと、安定感はありません。
ひでるさんこうした系統は好みなので問題ないんですが、一般的には支持がはっきり分かれるもの。
合わない方には、雑という判断をされてしまうでしょう。
↓表紙のカラーイラストが抜群に良いため、それに釣られぬよう気をつけて下さい。
また、成年系でもありませんので、そちらについても注意。

イン・ザ・スカート.jpg

イン・ザ・スカート (ワールドコミックススペシャル)

★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

theme : マンガ
genre : アニメ・コミック

tag : ラブコメ ファンタジー ミステリアス ミステリー 少女漫画

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。