FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■思春期絶対領域 (草野紅壱)

★まんがデーター [10/15]
・絵   :■■■□□
・話   :■■■□□
・独創性:■■■■□
・属性 : 成年・貧乳
・おまけ: あとがき、作品解説、ゲストページ、
      カバー裏に「僕と義妹の秘密」のおまけ漫画。
・その他: カラー(5P)、短編×8
      (うち「僕と義妹の秘密」×3、「彼女と僕の秘密」×2)、
      表紙と中扉はリンク絵。
            
本との出会いは一期一会、漫画もまたしかり。
本日紹介は「草野紅壱(くさの・こういち)」センセの「思春期絶対領域」です。

やほやほー。
アルコール入って、へろへろなひでるです。
毎度大した文章ではありませんが、今回はいつも以上にわちゃくちゃになっているかもしれません。
あらかじめ、ごめんなさいね。

「次は6月以降になるのかな、どうかな」
…とか、前に紹介した「妄想恋愛装置」の時に書いていましたが、結果は8月でした。
ニアピン逃しました。
今回より出版社が変わったそうですが、裏表紙に漫画カットがあるのはいつも通りで安心。
ただ、カバー裏に漫画があったり、おまけ面ではいつもより充実しておりました。
うん、いいんじゃないでしょうか。

こちら「思春期絶対領域」は「草野紅壱」センセ9冊目の単行本です。
次はメモリアルですねー。
こちらは中編と短編が収録された構成で、あとがきによると”前の出版社は同キャラ・同カップリングの続き物は基本禁止だったが、今回は許してくれる”らしく、収録の中編2本はそんなんでした。

華歩ちゃん.jpg
※義妹の「華歩ちゃん」です。
 どーですか、この左右の違いっぷりは!…でも、そんなん好きな方(笑)はオススメ。

3話ほど続く中編「僕と義妹の秘密」
父の再婚により、突然義母・義妹のできた兄「健司」くん。
よく懐いてくれた義理の妹「竹内華歩」ちゃんの可愛らしさに、よろしくない感情を抱いてしまうのです。
だんだん歯止めのきかなくなる「健司くん」でしたが、ある日自分の部屋にて驚きの光景を見てしまうのでした。

1話のえっちまでの流れが非常にいいですね。
…お、おにいちゃん、わたしにそんなHなことしてたんだ………変態っ……
だって。
自分に懐いていた、義妹の厳しい一言でした。
これで「最低っ!」とかなんとか、罵倒されたり無視されたりすることなく、えっちに展開していくのはいかにも成年漫画ちっく。
まぁ、こちらのケースでは「華歩ちゃん」のがより過激なことしてましたからねぇ。
えろい妹さんです。
それ以後も、常にお兄さんの上をいくエロ妄想・行動を見せてる「華歩ちゃん」なのでした。
人に「変態」とか言う資格ないですね(笑)
当初のイメージが完全崩壊してしまう、ちょっとズレたラブラブ具合が素敵でした。
この「華歩ちゃん」のような、”えっちに突き進む女の子”というのは、いかにも「草野紅壱」センセちっくでしょう。
ちなみに、ひでるさんは「華歩ちゃん」のお母さんが気になりました。
…残念ながら、えっちどころが出番2コマだけでしたけれど。

理智香さん.jpg
※優等生「大隈理智香さん」です。
 この娘は日常とのギャップがいいですね。2話目ではリモコンとか使っていましたが。

なんと、タイトルだけでなくキャラの髪までやや被っていた、「彼女と僕の秘密」
さして取り得のない、主人公「沢渡」くん。
ある日、多くのえっち本を買ったところを、頭脳明晰・スポーツ万能、おまけに容姿端麗というスーパー優等生、ついでに学級委員でもある「大隈理智香(おおすみ・りちか)」さんに目撃されてしまうのでした。
その後、屋上へと呼び出された「沢渡くん」は…。
と、だいたいそんなお話。

センセ自身で驚いていたようですが、こんなことってあるんですねー。
タイトルから、↑上と繋がる何らかのシリーズものに見えますが、相互関係なく。
また、「理智香さん」は2話目で両側の結びをリボンとしており、「華歩ちゃん」そっくりになっていましたが、それも偶然の一致だそうです。
(※髪型は全然違いますけれど)
そんな事情はともかく、こちらの「理智香さん」も先の「華歩ちゃん」に負けないほどのえろい方。
頭脳明晰そのまま、見事な駆け引きで「沢渡くん」を自分ペースに巻き込んでおりました。
さらに、バラされないよう、念のためしっかり保険をかける描写も抜け目なく、いかにも優等生ちっく。
先の話は義理兄妹という関係で、近しいものの近親ではないという気軽さからコメディー寄りであったのに対し、こちらはまったくの他人で同級生でもあるので、微妙な緊張感がありました。
時間とともに感情的なものが芽生えてしまうところは、なんだかリアルですね。
主人公「沢渡くん」の気持ちはよく分かりますよ。
ああいう場合、女性のが割り切って接するものでしょうから…。

しなやかながら、直線的な線。
濃淡バランスは良く、ページ全体にごっちゃりと描かれる方です。
縦に長い、スマートな人物絵が特徴で、それがため各キャラは貧乳。
ロリ寄りではありますが、完全にそちらではありませんので好きな方は残念。苦手な方はご安心を(笑)
なお、↓表紙と中扉はリンク絵になっており、お約束的に過激さが増しておりました。
なかなかえっちですよー。

思春期絶対領域 (TENMAコミックス) (TENMAコミックス)思春期絶対領域 (TENMAコミックス) (TENMAコミックス)
(2007/08/17)
草野 紅壱

商品詳細を見る



★よかったな、と思ったらクリックして下さい:【人気blogランキング】

tag : アルコール コメディー

comment

Secret

QRコード
QR
検索フォーム
作者名検索カテゴリー
【 お名前で分類 】
カウンター
プロフィール

 あおぶひでる

Author: あおぶひでる
 まんがとの出会いは一期一会。そんな、漫画の魅力についてのんびり書きたいと思います。
 いいよね、まんがって。
<現在は更新しておりません>

 はじめての方は↑カテゴリの(※サイトについて)をご覧下さい。

↓メールフォームを用意しました。なにかありましたらそちらに。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
他にどんな記事あるの?

全ての記事を表示する

最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
フリーエリア
【趣味のCMエリアです】 

FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。